2020 | ミック経済研究所

プレスリリース

プレスリリースの閲覧及び引用・転載利用には会員登録が必要です。(登録は無料です。) 登録者様には弊社発刊資料のご案内がされることがございます。 既にご登録済みの方は、下記記事名をクリックしてお進み下さい。 (記事名をクリックすると、ログインウィンドーが現れます。) 個人情報の取り扱いについては、こちらのページでご確認下さい。 同業者様、個人様のメールアドレスでのご登録につきましては、お断りする場合がございますので 予めご了承ください。
(なお、下記の日付は弊社HPにアップ致しました日付となります。)

※プレスリリースの 引用・転載方法については別途【当社プレスリリースの図表及びコメントの引用・転載について】(PDF)をご参照下さい。

●2020年

9/29
ネット広告&Webソリューシ ョン市場の現状と展望2020年度版

■ネット広告代理市場の総市場規模は、2019年度前年比108.3%の1兆4800億円。2020年度は新型コロナ禍の影響を色濃く受け、前年比98.0%の1兆4500億円と、2007年調査開始以来初のマイナスとなる見込み
■2021年度以降、新型コロナ禍の影響が払拭されれば市場はV字回復の可能性大

9/10
リモートワークソリューション市場の現状と展望 2020年度版

■リモートワークソリューション市場は2020年度は前年度比21.8%増の3188億円。2023年度まで年平均成長率18.8%で推移
■主要ベンダー50社の事業実態を徹底調査、各事業カテゴリにおいてもリモートワーク用途は拡大する見込み

8/31
省電力・広域通信で広がる0G・LPWA「Sigfox」サービス の市場動向 2020年度版

■Sigfox市場は2020年度で64憶円となる見込み。
■2020年度から本格的に立ち上がり、年率222.4%増の伸びで2023年度には520億円規模。

8/13
DX実現に向けたマイグレーション市場動向 2020年度版~レガシー&オープンレガシーマイグレーションの現状と方向性~

■マイグレーション市場は2018年度実績275億円。2019年度実績350億円、対前年比127%と堅調に推移。2020年度見込は776億円、対前年比221%と急拡大。日本電気が、マイグレーションサービスを整備、本格化したことによる。
■市場構成比は、2019年度でレガシーマイグレーション:オープンレガシーマイグレーション=60:40である。レガシーマイグレーションは、DXへの取り組みからリライトが38%増と伸長している。オープンレガシーマイグレーションは、①SAP&Salesforceと②Javaに関連したマイグレーションのウエイトが①②各30%以上と高い。

7/16
リモート対応&リソース拡充で差別化はかる基幹業務パッケージソフトの市場展望 2020年度版

■大手企業向け市場は、2025年問題を背景に、国内の経営基盤見直しでクラウドシフトが2018年度26.8%、2019年度31.6%と加速。
■中堅企業向け市場は、業種にフォーカスしたテンプレート展開と案件大型化で伸長。
■中規模企業向け市場は、前年特需の反動あるもDX化推進で堅調推移。
■小規模企業向け市場は、クラウドERPベンダーを中心に、広告・宣伝への積極投資が奏功し大幅成長。

7/6
ローカル5Gソリューション市場の現状と将来展望2020年度版~年平均成長率219.8%増の有望市場と有力各社の戦略~

■ローカル5Gソリューション市場は2020年度で50憶円弱規模の見込み。
■2021年度から本格的に立ち上がり、年率219.8%増の伸びで2025年度には2,246億円弱規模。

6/19
ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望 2020年度版

■2019年度、ネット決済代行サービス全体の市場規模は、前年度比116.7%の2,947億円。2020年度は新型コロナの影響が若干あり112.4% 3,312億円と予測。 2021年度以降は、再び高い伸び率に戻り高成長が続くと予測される。

6/16
エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望2020年度版

■CASEがモビリティ領域を引き続き牽引し、2019年度は5.2%増の1兆859億円に
■2020年度以降は新型コロナウイルスの影響で一時的に伸び率は鈍化し、2023年度まで年平均5.8%で推移し、1兆3660億円に

5/28
BPO総市場の現状と展望2020年<間接業務BPO&業種固有業務 BPO版>

■2019年度、間接業務BPO市場規模は、前年度比111.7%の1兆1544億円、2020年度は一部業務のBPOが新型コロナ感染症の影響を受け、前年比103.0%と伸びにブレーキがかかり、1兆1895億円となる見込み
■2021年度以降回復基調となることから、2019年度以降、年平均成長率7.5%で推移し、2023年度の市場規模は1兆4850億円にまで拡大すると予測

5/7
DX実現に向けたローコードプラットフォームソリューション市場の現状と展望 2020年度版

■ローコードプラットフォームソリューション市場は、2018年度実績2,143億円。2019年度見込2,458.7億円、対前年比114.7%。2020年度予測2,886億円、対前年比117.4%。
■PaaS(aPaaS/iPaaS)ソリューションは、2018年度実績990億円、2019年度見込1,236億円、対前年比124.9%と引き続き伸び率が高い。設計・コード生成型ソリューションは、2018年度実績720.1億円、2019年度見込757.5億円、対前年比105.2%。業務アプリ実行エンジン型ソリューションは、2018年度実績432.8億円、2019年度見込464.7億円、対前年比107.4%と堅調。

4/21
情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2020年度版

■情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は、2019年度前年対比115.0%、の1,398.2億円、2020年度前年対比113.7%の1,589.3億円と二桁伸びが続く見込み。人材不足やシステムの複雑化によって、セキュリティ対策を自社運用からマネージドサービスやクラウドサービスに切り替える企業が増え、市場の拡大が続いている。

3/5
AI OCRで拡大するOCRソリューションの市場動向 2020年度版

■OCRソリューション市場は、2018年度実績392億円。2019年度見込422億円、対前年比107%。2020年度予測560億円、対前年比133%。
■汎用OCRは、2018年度実績377億円、2019度見込380億円、対前年比100.8%、2020年度予測393億円、対前年比103%と伸びが鈍化。AI OCRは、2018年度実績15億円、2019度見込42億円、対前年比276%、2020年度予測167億円、対前年比395%と急成長。

3/2
マーテック市場の現状と展望2020<クラウド 型CRM市場編>

■クラウド型CRM市場の総市場規模は、2018年度約2084億円、オンプレミスを含めたCRM市場全体に占めるシェアは30%を超える
■同市場は2018年度以降、年平均22.2%増で成長し、2023年度には5581億円に拡大、シェアも2021年度にオンプレミス市場を逆転、2023年度には64%超を占めるまでに

1/24
HRTechクラウド市場の実態と展望 2019年度版

■HRTechクラウド市場は、創造的な人材活用に向け、新サービスの投入と大手企業の導入加速で2019年度前年比136.1%、349.0億円へ
■旺盛な情報一元化ニーズと動画面接が押し上げの「採用管理」、人材可視化とタレントマネジメントが主導の「人事・配置」、業務自動化の認知度向上と電子申請義務化で躍進の「労務管理」、SNSとサーベイでエンゲージメント向上の「育成・定着」

1/21
大きく活用用 途広がるブロックチェーン市場の現状と展望 2019年度版

■ブロックチェーン(プラットフォーム・構築サービス・活用アプリケーション)の市場規模は、2018年度53.3億円。2019年度は前年比179.9%の95.9億円になる見込み
啓蒙活動から実証実験の移行期に入りつつあり、活用用途の広がりにより順調に拡大。2018~2024年度まで年平均成長率は66.4%となり、2024年度には1130.0億円市場に

▲ページトップへ