受託調査 | ミック経済研究所


受託調査のパターン

*依頼調査・コンサルティングのタイトル名は、長期継続案件や個別企業名が想定できる案件があるため、公表を控えさせて頂いております。

*受注件数は年間20~30タイトルになります。

●ベンダー・チャネル調査のパターン

1.製品・サービスの市場動向・予測とベンダーシェア

2.製品・サービス及び企業の競争力分析とベンチマーク

3.新製品・サービスの需要動向とポテンシャル




●法人エンドユーザー調査のパターン

1.製品・サービスの普及・導入率とベンダーシェア(業種別/規模別/地域別)

2.製品・サービスの満足度・評価・要望

3.新製品・サービスのニーズと需要可能

※当社の法人エンドユーザー・パネラー 6,952法人をベースにした調査が多い。
→ミック・ユーザー調査・システム(MUS)

▲ページトップへ