高齢者(65~75歳)雇用制度設置 | ミック経済研究所


高齢者(65~75歳)雇用制度設置

日本は、未曽有の少子高齢化に伴って勤労人口が減少し続け、IMFが指摘するように将来、GDPがマイナスとなる事態すら予測される。一方、働く意欲のある高齢者が増えているにも係わらず就労機会・分野が限られている。当社は小規模企業であるが、国連の唱える「SDGs8」を標榜しており、心身健全な65~75歳に対する就業機会を提供する雇用制度を設置し、75歳を第二定年とすることを発表する。 なお、当社は2013年1月より60歳を過ぎても1年更新採用ではない65歳完全定年制を敷いてきたが、同制度は今後とも継続する。60歳を過ぎると心身状態に個人差が現れ、指導・管理面で難しさもあるが、経営努力していきたい。

2019年1月8日
株式会社ミック経済研究所
代表取締役社長 有賀 章


■採用・更新条件
1.働く意欲のある、心身健全な65歳から75歳までの高齢者。(ただし、当社社員以外から新規雇用する場合は、65歳以上68歳までの人材を採用)。
2.入社時点から遡って15年以内に、法人調査を中心とした市場調査経験が7年以上あること。
3.社員区分は高齢者嘱託社員とする。
4.採用期間は半年或いは1年更新契約。通算5年雇用した後も半年或いは1年更新契約は変更なし。(当社は第二種計画認定登録済み)
5.雇用更新は、個人売上、年間500万円以上(半年で250万円以上)を条件とする。
6.勤務日数・時間が正社員と異なるが、嘱託社員も社員であり、当社就業規則を守ること。
7.企画・制作資料は新規企画(当社のドメインであるICT、デジタル、BPO分野以外も新規企画になる)を原則とする。


■労働条件
1.勤務日数は週4日、週休3日(祭日含む)。1日7時間勤務(始業9:30/終業17:30)。
2.売上責任基準は年間580万円以上。
3.月給は20万円(総額)+賞与2ヵ月(40万円)。通勤費別途支給。
4.賞与は年間売上責任基準を超えた場合に支給。また、売上580万円を超えて同20万円刻みで0.1カ月(2万円)、上限20万円になるまで賞与を加算する。
※雇用保険、住民税、所得税は引かれる(国民健康保険は個人負担)。


■施行
2019年1月からとする。

■問い合わせ
ご興味がある方は、弊社のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

▲ページトップへ