プレスリリース

プレスリリースの閲覧及び引用・転載利用には会員登録が必要です。(登録は無料です。) 登録者様には弊社発刊資料のご案内がされることがございます。 既にご登録済みの方は、下記記事名をクリックしてお進み下さい。 (記事名をクリックすると、ログインウィンドーが現れます。) 個人情報の取り扱いについては、こちらのページでご確認下さい。 同業者様、個人様のメールアドレスでのご登録につきましては、お断りする場合がございますので 予めご了承ください。
(なお、下記の日付は弊社HPにアップ致しました日付となります。)

※プレスリリースの 引用・転載方法については別途【当社プレスリリースの図表及びコメントの引用・転載について】(PDF)をご参照下さい。

●2021年

7/26
ワークスタイル多様化で拡大する基幹業務パッケージソフト(ERP)の市場展望【2021年度版】

■ERP市場全体の2020年度の出荷金額は、2,000.8億円、前年比107.8%。2021年度は前年比114.7%の2,295.0億円に。
■テレワークや電子化をキーワードに、多様なワークスタイルに対応する機能強化やシステム連携拡大が貢献。
■2025年問題に係るERP刷新でクラウドシフトが継続的に拡大。同市場は2019~25年度まで年平均10.4%増で成長し、2025年度には3,266.0億円市場に。

7/6
予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2021年度版

■AIを利用した予兆検知ソリューション市場は2020年度で前年比10.2%増の125.6憶円規模。
■2022年度から本格的な成長期に入り、2025年度で422億円規模(年率24.4%増)に達すると予測。

6/29
ワンストップソリューション化で加速するロボットマネジメントソリューション市場展望 2021年度版

■ロボットマネジメントソリューション市場全体は2020度実績121億円で対前年比113.7%。 2021年度はAI画像解析の用途拡大や、航空法改正を視野に目視外飛行が活発化することで、対前年比126.3%の153億円と大きく成長する見込み。

6/28
アジャイル開発で加速するローコー ドプラットフォーム市場動向 2021年度版

■ローコードプラットフォームソリューション市場は、2020年度1,530.9億円、対前年⽐112.6%。2021年度1,750.2億円、対前年⽐114.3%と全体的には堅調に推移している。
■2020年度の対前年⽐はaPaaS126.4%、設計・コード⽣成型100.7%、業務アプリ実⾏エンジン型105.9%とaPaaSの成⻑性が⾼い。

6/15
マーテック市場の現状と展望2021年度<クラウド型CRM市場編>

■クラウド型CRM市場の総市場規模は、2020年度約3200億円、オンプレミスを含めたCRM市場全体に占めるシェアは4割超
■2020年度以降、年平均19.3%で市場は成長し、2025年度には7485億円に拡大、シェアは、昨年予測より1年遅れて2022年度にオンプレミス市場を逆転、2025年度には67%超を占めるまでに

6/14
ConTech(建設テック)クラウドソリューション市場の実態と展望 2021年度版

■ConTech(建設テック)クラウドソリューション市場は、建設DXの潮流を受け、業務の自動化/効率化による現場の生産性向上ニーズの急拡大で、2020年度前年比128.0%、183.0億円、2021年度は前年比132.8%へ
■成長率では「マッチングサービス」「施工管理」「写真・図面管理」の順で市場を牽引。構成比では「写真・図面管理」「文書作成・管理」が6割強を占有。次いで関西・地方が下支えの「建設業向けERP」が続く。

5/26
位置情報ソリューション市場の現状と展望2021年度版

■屋外・屋内位置情報測位ソリューション市場は2021年度、YonY30%増の277億円、ロケーションインテリジェンス市場は2021年度、YonY11.6%増の183億円に達する見込み
■主要ベンダー35社の事業実態を徹底調査、各社の強みや特徴を詳述

4/9
ニューノーマル時代にAI OCRで拡大するOCRソリューション市場動向 2021年度版

■OCRソリューション市場は、2019年度実績432.1億円。2020年度⾒込509.1億円、対前年⽐120.3%と堅調に推移。2021年度も、同121.0%と安定成⻑が続く。
■市場構成⽐は、2019年度で、ソフトウェアライセンス:24.8%、コンサルティング・SI:52.3%、BPOサービス:18.9%、保守サポート:3.9%である。

4/8
DX&ニューノーマル対応で拡大するERPフロントソリューション市場の実態と展望 2021年度版

■ERPフロントソリューション市場の2020年度の総市場規模は、前年比123.3%の614.5億円。ペーパーレス需要拡大やニューノーマル時代の多様なワークスタイル対応が後押し。
■2021年度は、令和3年度税制改正で電子帳簿保存法が更に拡大し、前年比122.6%の753.6億円に。
■ニューノーマル対応とDXの進行で、2025年度には1,444.9億円に成長。

3/18
withコロナ時代で普及が加速する法人向けサービスロボット市場展望 2021年版

■法人向けサービスロボット市場は、2019年度、5,990百万円。2020年度は対前年比158.6%の9,500百万円の見込み。2021年度は対前年比154.1%の14,639百万円の予測と絶好調。
■消毒殺菌、配膳、移動型テレプレゼンスロボットが好調である。院内殺菌需要や非接触・非対面需要が市場成長を強く後押ししている。

3/16
スマートロジスティクス・ソリューション市場の実態と将来展望 2020年度版

■スマートロジスティクス・ソリューション市場は、コロナ禍により2019年度で前年比7.4%増の182憶円規模。
■2025年度は、年平均成長率11.4%増で347億円強に達すると予測。

2/10
BPO総市場の現状と展望2021<コンタクトセンター&フルフィルメントサービス版>

■コンタクトセンターBPO(業務委託)にコンタクトセンターへの派遣売上を加えた市場の合計は、2019年度前年比107.9%の9065億円、2020年度は102.7%の9310億円となる見込み
■2019年度以降、年平均成長率5.5%で推移し、2022年度には1兆円を突破、2024年度には業務委託と派遣を含めて1兆1560億円となると推定される

2/5
HRTechクラウド市場の実態と展望 2020年度版

■HRTechクラウド市場は、テレワーク/ニューノーマルを反映し、人材の採用、活用・定着、業務可視化の重要性が一層高まり、2020年度前年比124.6%、426.0億円へ
■Web面接急増と好調業種フォーカスで成長続く「採用管理」、人材可視化と業務評価ニーズ好調の「人事・配置」、テレワークで業務自動化の認知度向上と大手導入加速で躍進の「労務管理」、SNSとサーベイでエンゲージメント向上の「育成・定着」

2/4
ニューノーマル時代に拡大続くRPAソリューションの市場動向2021年度版

■RPAソリューション市場は、2019年度実績558.2億円。2020年度見込785.2億円、対前年比140.6%。2021年度見込1,259.3億円、同160.4%と高伸長が続く。伸長率は2019年度以前と比べて一段と高く、その背景にあるのがニューノーマルである。
■市場構成比は、2019年度でソフトウェアライセンス:コンサルティング・SI=55:45である。ソフトウェアライセンスのうちクラウドの年平均成長率CAGR(2019年度~2025年度迄)は91.3%と驚異的な成長率を予測。

1/15
法人向け動画自動生成・配信ソフト市場の現状と展望 2020年度版

■法人向け動画自動生成・配信ソフトの市場規模は、2019年度150.5億円。2020年度前年比130.9%の197.0億円になる見込み
■5Gへの期待やニューノーマル対応、広告効果などの要因で企業の動画コンテンツの活用が進行。それを支援する法人向け動画自動生成・配信ソフトは2019~2024年度まで年平均46.9%増で成長を続け、2024年度には1,028億円市場に

1/13
ビジネス向けxRソリューション市場の現状と 展望2020年度版

■ビジネス向けxRソリューション市場は2020年度、YonY37.1%増の192億円、2023年度まで年平均成長率45.8%で推移すると予測
■「VR」「AR/MR」の現状を業種別・用途別に集計分析

▲ページトップへ