プレスリリース

プレスリリースの閲覧には会員登録が必要です。(登録は無料です。) 登録者様には弊社発刊資料のご案内がされることがございます。 既にご登録済みの方は、下記記事名をクリックしてお進み下さい。 (記事名をクリックすると、ログインウィンドーが現れます。) 個人情報の取り扱いについては、こちらのページでご確認下さい。 同業者様、個人様のメールアドレスでのご登録につきましては、お断りする場合がございますので 予めご了承ください。
(なお、下記の日付は弊社HPにアップ致しました日付となります。)

※プレスリリースの 引用・転載方法については別途【当社プレスリリースの図表及びコメントの引用・転載について】(PDF)をご参照下さい。

●2018年

4/20
クラウドSI市場の実態と展望 2018年版

■国内クラウドSI(クラウド上でのSI)はSI全体の2017年度16.0%、2018年度19.7%
■2017年度の国内クラウドSI市場規模は前年度比15.7%増の6,492億円、2024年度には年率14.4%増の1兆6,451億円と予測

4/19
ネット広告プラットフォーム市場の現状と展望 2018 年版

■アドテク事業者を調査対象とした、ネット広告プラットフォームの総市場は、2017 年度前年比 112.3%の 2714 億円、2017 年度以降年平均成長率 12%で推移し、 2021 年度には 4265 億円に達すると予測

4/16
ECにおけるネット決済代行サービス市場の現状と展望 2018年度版

■2017年度、ネット決済代行サービス全体の市場規模は、2,432億円。2018年度も2割近い高成長で、2,800億円強と予測。 割販法改正に伴う、セキュリティ対策の強化によって取引の健全性を高めながら市場も更に拡大していくと予測される。

4/13
ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望 2018年版

■ネット広告代理市場の総市場規模は、2016年度1兆円超となり、2017年度前年比115.1%の1兆2100億円になる見込み
2017年度以降は、年平均成長率16.3%で推移し、2021年度には2兆2400億円と2兆円の大台に

4/6
予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望~AI先進ベンダの実態と戦略および有望用途市場の予測~

■AIを利用した予兆検知ソリューション市場は2017年では大半がPOCにとどまり、55憶円規模。
■2019年にはPOCから実稼働への移行が進み、2021年で337億円規模に達すると予想。

4/3
情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2018年度版

■情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場は、2017 年度は前年対比 119.9%の 1,156.1 億円、2018 年度も前年対比 120.5%の 1,392.8 億円と高成長が続くと予測。セキュリティ製品の高機能化により運用が複雑になっていることと、サイバー攻撃被害が後を絶たないことから需要が拡大している。

3/23
クラウドと見える化で改革支えるERPフロントソリューション市場の実態と展望 2018年度版

■ERPフロントソリューション市場は、2017年度は前年比123.3%の252.8億円となり、好調に推移。オンプレミスERPのフロント部分をクラウドで利用するハイブリッド型の急速な拡大が背景。
■『経費精算』は経費の可視化と業務効率化で躍進、『勤怠・就業』は残業抑制/ストレスチェックで
働き方改革進める、『出張管理』は危機管理ニーズとコスト削減で加速。

3/15
アジャイル開発で注目される超高速開発ツールの市場動向 2018年度版

■超高速開発ツール市場は、2017度487.9億円、対前年比108.8%。Non-programming PaaSが市場全体の57.6%を占めるまで拡大。セールスフォース・ドットコム/Lightning Platform(旧Force.com)が、引き続き好調であることが要因である。
■設計・コード生成型は2017年度118.3億円、対前年比98.3%と市場は縮小する見込み。大手ITベンダーにおいて、金融を中心とする大型案件の収束が原因である。
業務アプリ実行エンジン型は、2017度88.5億円、対前年比103.3%でほぼ横這い。
Non-programming PaaSは、2017度281億円、対前年比116.0%と堅調に推移している。

2/13
AI活⽤で転換期を迎えるOCRソフトウエア・サービスの市場動向 2017年度版

■OCRソフトウエア・サービス市場全体は、2016年度実績で440.5億円。2017度は464.5億円、対前年⽐105.4%。⼀時期縮⼩していたOCR市場は、RPAブームにより拡⼤傾向に⼊っている。
■OCRカテゴリー別では、為替OCRは、2016年度240億円、2017年度233億円、対前年⽐約97.1%と市場は縮⼩傾向。⼀⽅、汎⽤OCRは、2016年度197.5億円、2017度220.5億円、対前年⽐111.6%。2018年度で、為替OCRと汎⽤OCRの市場規模が逆転する⾒込み。AI OCRは、2016年度3億円、2017度11億円、対前年⽐366.7%と、揺籃期に位置する。

2/13
HRTech クラウド市場の実態と展望 2017年度版

■2016年度のHRTechクラウド市場は、109.7億円となり、2017年度には前年比142.8% 156.6億円と成長期を迎え、大きく飛躍している。
■人材可視化・分析とタレントマネジメントで「人事・配置」が牽引、採用情報一元化とコスパを評価の「採用管理」、バックオフィス業務の自動化認知度向上で急浮上の「労務管理」、帰属意識とモチベーション向上で注目の「育成・定着」

2/7
個人認証・アクセス管理型セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2017年度版

■個人認証・アクセス管理型セキュリティソリューション市場は、2016年度 前年対比106.8%の592億円強、2017年度も前年対比106.1%で629億円強と好調な伸びが続く見込み。
■特権ID管理パッケージ市場は、内部監査とサイバー攻撃対策需要で2016年度12.1%増と最も伸びている。

1/26
ITアウトソーシング市場展望2017年度版 (第12版)

■ITアウトソーシング市場は、2016年度前年度比105.8%の4兆2,987億円、2017年度前年度比106.7%の4兆5,862億円と堅調に推移。
■IaaS/PaaS及びSaaS/ASPなどのクラウドサービスの高成長が長期的にITアウトソーシング市場を牽引。2023年度までの年平均成長率はIaaS 29.7%増、PaaS 53.7%増、SaaS/ASP 19.6%増。伸長率トップのPaaSが牽引し、2023年度の市場規模は8兆9,615億円へ。

1/25
サイバーセキュリティシステム開発サービス市場の現状と展望 2017年度版

■サイバーセキュリティシステム開発サービス市場は、2016年度が前年対比111.3%の2,228億円、2017年度は前年対比110.1%2,453億円と予測される。
■標的型攻撃やランサムウェアなどの被害が拡大する中、エンドポイントセキュリティを強化する流れが加速しており、同システム開発サービスは2016年度、2017年度と20%を超える成長率となった。
■パブリッククラウドでのシステム構築が増えており、その際にセキュリティシステムも一緒に構築するケースが多く、クラウド環境でのセキュリティSIサービスの2017年度売上は前年対比130.2%の211億円と大きく成長している。

▲ページトップへ