AIエンジン&AIソリューション市場の現状と将来展望

AIエンジン&AIソリューション市場の現状と将来展望

~AI先進ベンダの実態と戦略および有望適応市場の予測~

【発 刊】
2017年8月31日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版410頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • 価格は消費税を含みません。
  • 本レポートの提供形態はCD-ROMのみです。(エクセルデータ(100シート)またはアクセス)
  • お申し込みいただいた際、CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • 送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 齋藤(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)まで

● 発刊趣旨

本レポートは、AI市場をAIエンジンとAIソリューションという両面からとらえている。それぞれの市場規模を明らかにするとともに、業種別の適応分野について2021年までの市場規模を予測している。

また、調査対象先としては、IBM、NEC、富士通といった大手企業だけではなく、多数の有力なAIベンチャー企業も含め48社を調査・収録している。業界の競合ベンダの状況を把握し、自社の製品の開発・販売政策の役に立つレポートとしている。

■ AI先進ベンダ48社を徹底取材

■ 各社の分野別市場におけるポジショニングと方向性を明らかにする

■ AI技術別の応用分野とその市場規模を予測

● 資料のポイント

・AIエンジン市場は今回の調査対象企業とその他の参入ベンダを含めて2016年で500億円を超える規模に達している。現状はIBMのWatsonが圧倒的なシェアを誇っているが、成長率ではベンチャーが勝っている。

・それに対して、AIソリューション市場は、IBM、NECなど大手SIerが中心の市場だ。今回の調査の集計では2016年で2,600億円超である。要素技術としてすでにAIがあらゆる分野に浸透している状況を反映している。

・市場の成長率は、AIエンジンがハードやSI等を含むAIソリューションよりも高い。今後も同様と予想される。

● 調査対象・調査内容

■ 1.分析編

  • 第1章 AIエンジン・AIソリューション市場規模と予測
    • (1)AIエンジン市場の規模と予測(2014~2021年)
    • (2)AIソリューション市場の規模と予測(2014~2021年)

  • 第2章 AIエンジン・AIソリューション別ベンダシェア
    • (1)AIエンジン市場のベンダシェア(2014~2021年)
    • (2)AIソリューション市場のベンダシェア(2014~2021年)

  • 第3章 各社AIエンジンとAIソリューションのAI応用技術マップ図
    • 自然言語処理、画像処理、音声認識、制御、最適化・推論
    • 機械学習、ディープラーニング

  • 第4章 各社の販売ルート別動向(直販、代理店、OEM)

  • 第5章 各社の注力分野と現状の位置づけおよび今後の展開
    • (1)AIエンジン市場の適応分野別のベンダシェア(2014~2021年)
    • (2)AIソリューション市場の適応分野別のベンダシェア(2014~2021年)

  • 第6章 AI技術別(ディープラーニング/機械学習)の応用分野とその市場規模

  • 第7章 業種別ソリューション別市場規模と今後の予想
    • (1)AIエンジン市場の業種別ソリューション別市場規模と今後の予想(2014~2021年)
    • (2)AIソリューション市場の業種別ソリューション別市場規模と今後の予想(2014~2021年)

  • 第8章 各社の業界でのポジショニングと今後の戦略(分野別市場でのシェアと今後の展開市場)

■ 今回調査の14業種と32適応分野(AIエンジンとAIソリューション共通のジャンル)

■ 2. 各社の個票目次

  • 1)プロファイル

  • 2)AI製品・技術の特徴
    • 応用分野、自社開発/調達、 競合製品との比較(短所、長所)

  • 3)開発体制
    • 組織名、開発人員数、提携先

  • 4)販売体制
    • 組織名、営業人員数、代理店名

  • 5)販売実績と計画(2015~2021)
    • ルート(直販/代理店/OEM)別の販売動向

  • 6)業種・適応分野別の販売実績と今後の注力分野

■ 分析編

  • 業種別適応分野の現状の市場規模と今後の予想(2014~2021年)

● 調査対象企業(48社)

  • 大手ソリューションベンダ(23社)
  • アドバンスト・メディア
  • アドビシステムズ
  • ALBERT
  • インタートレード
  • インテリジェント ウェイブ
  • エイジア
  • 新日鉄住金ソリューションズ
  • NEC
  • NTTコミュニケーションズ
  • NTTデータ
  • オウケイウェイヴ
  • ソネット・メディア・ネットワークス
  • セールスフォース・ドットコム
  • サイオステクノロジー
  • シーイーシー
  • ソフトバンク
  • 東芝
  • 日本IBM
  • 日本ユニシス
  • 野村総合研究所
  • 富士通
  • FRONTEO
  • メタップス
  • AIベンチャー(25社)
  • イナゴ
  • イクシーズラボ
  • アジラ.
  • 白ヤギコーポレーション
  • Emotion Intelligence
  • Automagi
  • xenodata lab
  • SOINN
  • カラフル・ボード
  • クロスコンパス・インテリジェンス
  • クロノス
  • グラッドキューブ
  • システム計画研究所
  • 情報医療
  • ティファナ・ドットコム
  • データアーティスト
  • データセクション
  • Nextremer
  • フィーチャ
  • ブレインズテクノロジー
  • メタデータ
  • Liaro
  • ロックオン
  • モルフォ
  • シルバーエッグ・テクノロジー

▲ページトップへ