予兆検知ソリューション市場の現状と将来展望

予兆検知ソリューション市場の現状と将来展望

~AIを活用した予兆検知市場の実態と有望用途市場の予測~

【発 刊】
2018年3月20日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版200頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]PDF版+ハードコピー版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 齋藤(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊趣旨

予兆検知ソリューション市場は、AI技術やIoTの発展によって、新たな段階に突入しており、新規参入企業も増えている。

新たな段階とは、機械学習やディープラーニング技術の進展によって、予測精度が向上し、市場が拡大しようとしていることである。

本レポートは、予兆検知ソリューション市場の市場構造や市場規模を明らかにするとともに、有力な用途、業種について2021年までの市場規模を予測する。

☑ 予兆検知の先進ベンダを徹底取材し、市場実態や課題を解明

☑ ベンダ各社の業種、用途、ソリューション構成別市場におけるポジショニングと方向性を分析

☑ 予兆検知の業種別、用途別、ソリューション構成別の市場規模を予測

● 資料のポイント

予兆検知市場は、製造業を中心としたIoTやインダストリー4.0といった潮流の中で、注目されているが、現状はまだ揺籃期にあり、市場規模も2017年で50億円レベルと小さい。

製造業を中心としたユーザー企業ではPOCレベルの案件がほとんどであり、実稼働のケースはほんの一握りの状態だ。しかし、予兆検知に対するニーズは非常に高く、ベンダへの引き合いも急増している。

2018年は実稼働への移行を考え、倍の100億円近い市場に達し、2021年には300億円を超えると予想される。

● 調査内容

■ 1.分析編

  • 第1章 予兆検知システム市場の市場規模とその予測(CY2015年~2021年)

  • 第2章 予兆検知の業種別市場とその予測(CY2015年~2021年)
    • (1)AIエンジン市場のベンダシェア(2014~2021年)
    • (2)AIソリューション市場のベンダシェア(2014~2021年)
    • (3)電気・ガス・水道
    • (4)公共施設
    • (5)その他

  • 第3章 予兆検知の用途別の市場とその予測(CY2015年~2021年)
    • (1) 設備系故障検知
    • (2) 不良品検知 システム
    • (3)運用障害検知
    • (4)ネットワーク運用障害検知
    • (5)その他

  • 第4章 ソリューション構成別の市場とその予測(CY2015年~2021年)
    • (1)センサー
    • (2) PLC/DCS
    • (3)IoTゲートウェイ
    • (4)クラウドサービス
    • (5)AIエンジン/解析サービス
    • (6)SIサービス

  • 第5章 予兆検知のベンダシェア
    • (1)業種別ベンダシェア
    • (2)用途別ベンダシェア
    • (3)ソリューション構成別ベンダシェア

  • 第6章 予兆検知市場における各ベンダのポジショニングと戦略

  • 第7章 予兆検知市場の課題・問題点

● 調査項目と調査対象企業

■ 調査項目

2. 各社の個票内容

  • 1.企業プロファイル

  • 2.予兆検知システム・技術の特徴
    • (1)システム構成と特徴(自社開発/調達)
    • (2)予兆検知データの種類
    •   電気系/駆動系/温度系/環境系/音声系/画像系/トラフィック/ログ
    • (3)予兆検知のアルゴリズムとその特徴
    •   外れ値検知/変化点検知/異常状態検知
    •   教師データあり/教師データなし/深層学習

  • 3.開発体制(組織名、開発人員数、提携先)

  • 4.販売体制(組織名、営業人員数、代理店名)

  • 5.業種別の販売実績と今後の注力分野(CY2015~2021)
    • (1)製造業
    • (2)情報通信業
    • (3)電気・ガス・水道
    • (4)公共施設
    • (5)その他

  • 6.用途別販売実績と計画(CY2015~2021)
    • (1) 設備系故障検知
    • (2) 不良品検知 システム
    • (3)運用障害検知
    • (4)ネットワーク運用障害検知
    • (5)その他

  • 7.システム構成要素別の販売実績と計画(CY2015~2021)
    • (1)センサー
    • (2) PLC/DCS
    • (3)IoTゲートウェイ
    • (4)クラウドサービス
    • (5)AIエンジン/解析サービス
    • (6)SIサービス

●調査対象企業

予兆検知ソリューションベンダ(21社)

  • 1.アクロクエストテクノロジー
  • 2. NTTアドバンステクノロジー
  • 3. NTC
  • 4. 沖電気工業
  • 5.オプティム
  • 6.クロスコンパス
  • 7.ジェイテクト
  • 8.電通国際情報サービス
  • 9.日本システムウェア
  • 10.日本ナショナルインスツルメンツ
  • 11.日本ユニシス
  • 12.日立産業制御ソリューションズ
  • 13.日立ハイテクソリューションズ
  • 14.日立パワーソリューションズ
  • 15.富士通
  • 16.ブレインズテクノロジー
  • 17.マクニカ
  • 18.安川情報システム
  • 19.ユニアデックス
  • 20.横河ソリューションサービス
  • 21.リープマインド
  • ▲ページトップへ