音声・言語系コグニティブAIサービスの市場動向2018年度版

音声・言語系コグニティブAIサービスの市場動向2018年度版

【発 刊】
2018年7月18日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版209頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 増坂(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 資料のポイント

  • ■音声・言語系コグニティブAIサービスの概要:
    ①は音声認識API、②は自然言語分類・テキスト分析APIなどを適用するもの。

    • ①音声系サービス
    • コールセンター向け
    • 顧客とオペレータの通話を音声認識した上でテキスト情報に変換、内容の記録や分析の簡易化を行い、コールセンターのオペレータ応対品質向上や業務を効率化。
    • ビジネス向け(業務支援)
    • 議会や⼀般会議の議事録作成、講義や講演、インタビュー記録の作成など議事録書き起こし。ハンズフリー等によるビジネスデータや営業日報等の入力など。
    • ②言語系サービス
    • ヘルプデスク、FAQシステム向け
    • メール、チャットなど問合せ内容を解析、キーワード抽出を行い回答候補提示、また自動回答。チャットbotでは、「人工無能型」を除く「人工知能型」製品サービスを対象とする。

  • ■音声・言語系コグニティブAIサービスの市場動向
    • ▸全体市場は、2017年度実績で104.8億円。2018度見込は187.6億円、対前年比179.0%。
    • ▸全体市場の事業区別では2017年度実績で、
    • ①ライセンス:72.4億円(市場構成比69.0%)、うちオンプレミス:48.1億円、クラウド:24.3億円。
    • ②SI(導入支援、開発等):32.4億円(同31.0%)。
    • ▸音声系コグニティブAIサービス市場は、100.8億円(市場構成比96.2%)。言語系は4億円(同3.8%)。
    • ▸適用業務別市場動向:オペレータ支援など照会応答、データ分析など情報探索・知識拡張支援、議事録など業務支援。
    • ▸システム連携別市場動向:コールセンター、業種・業務システム、ヘルプデスク、チャットシステム、CRM等。 

● 資料内容

1.コグニティブ・コンピューティング、並びに音声・言語系コグニティブAIサービスの概要

  • ▹コグニティブ・コンピューティングの概要:機械学習/ディープラーニングとコグニティブ・コンピューティングの位置づけ
    ▹音声・言語系コグニティブAIサービスの概要:言語系、音声系(コールセンター向け、ビジネス向け)
    ▹主な音声系コグニティブAIサービスの製品・サービス概要

    • ▸音声系API:音声認識、音声合成
    • ▸言語テキスト系API:自然言語分類、テキスト分析等
    • ▸システム連携:コールセンター、チャット、FAQヘルプデスク
    • ▸価格・費用:初期費用、ライセンス

2.音声・言語系コグニティブAIサービス市場動向

  • ▹事業区分別動向(2017年度実績~2019年度予測):ライセンス(オンプレミス、クラウド)、SI
  • ▹音声・言語系市場動向(2017年度実績~2019年度予測)と、中期予測(2022年度予測まで)
  • ▹音声・言語系ベンダー別市場動向:ライセンス(オンプレミス、クラウド)、SI

3.ベンダーシェア動向(ライセンス/SI)

4.適用業務別市場動向

  • ▹照会応答:コールセンターオペレータ支援、社内ヘルプデスク、FAQ対応、B to B対応
  • ▹情報探索・知識拡張支援:コールセンターデータ分析
  • ▹業務支援:議事録・会議支援、医療、マーケティング

5.システム連携別市場動向

  • ▹業種・業務システム、コールセンター、ヘルプデスク、チャットシステム、CRM、メールシステム

6.ユーザー市場動向

  • ▹ユーザー業種別市場動向
  • ▹ユーザー規模(従業員数)別市場動向

7.ベンダーの事業展開における重点戦略 

8.個票編 : 21社(50音順)

● 個票企業実態・掲載企業

  • 音声系ベンダー
  • 1. 株式会社アドバンスト・メディア
  • 2. エス・アンド・アイ株式会社
  • 3. SCSK株式会社
  • 4. NTTテクノクロス株式会社
  • 5. Automagi株式会社
  • 6. 沖電気工業株式会社
  • 7. 株式会社システム情報
  • 8. 東芝デジタルソリューションズ 株式会社
  • 9. 株式会社チャモ
  • 10. 株式会社ネクストジェン
  • 11. 株式会社Nextremer
  • 12. 株式会社日立情報通信エンジニアリング
  • 13. 丸紅情報システムズ株式会社
  • 14. モビルス株式会社
  • 15. 株式会社レトリバ
  • 言語系ベンダー
  • 16. 株式会社インターワーク
  • 17. 株式会社エーアイスクエア
  • 18. エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
  • 19. エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
  • 20. 株式会社オウケイウェイヴ
  • 21. 株式会社ジェナ
個票調査項目 
  • 1.企業概要、事業推進組織体制
  • 2.業績推移(2017年度実績~2019年度予測)
  •  2-1.当該事業推移:ライセンス(オンプレミス、クラウド)、コンサルティング、SI(導入支援、開発等)
  •  2-2.適用業務別事業推移:照会応答(コールセンターオペレータ支援等)、情報探索・知識拡張支援(コールセンターデータ分析)、意思決定支援、その他(議事録・対面記録、他)
  •  2-3.システム連携別事業推移:業務系/情報系システム(業種・業務アプリケーション、コールセンター、ヘルプデスク、他)
  • 3.当該事業概要
  •  3-1.製品/サービス概要(音声系:音声認識・音声合成、言語系:自然言語分類、知識探索系:テキスト分析、データ連携、価格)
  •  3-2.開発パートナーとの技術提携・アライアンス動向
  •  3-3.販売チャネル/パートナーの概要
  • 4.ユーザー動向 
  •  4-1.ユーザー業種別推移 
  •  4-2.ユーザー規模(従業員数)別推移 
  •  4-3.ユーザー事例:累合計導入社数、主要顧客企業名
  • 5.事業展開における重点戦略 
  •  5-1.販売展開:ターゲット・販売体制等の施策
  •  5-2.製品/サービス展開:製品/サービス開発の方向性等
  •  5-3.当該市場に対する展望:当該事業を取り巻く市場環境、市場拡大要因と今後の展望

● 図表目次

  • 〚図表1-1〛
  • コグニティブ・コンピューティングの概要

  • 〚図表1-2〛
  • 音声・言語系コグニティブAIサービスの概要(簡略図)
  • 〚図表1-3〛
  • 主な音声系コグニティブAIサービスの製品・サービス概要
  • 〚図表1-4〛
  • 主な言語系コグニティブAIサービスの製品・サービス概要
  • 〚図表2-1〛
  • 音声・言語系コグニティブAIサービス市場動向
  • 〚図表2-2〛
  • 音声系ベンダー別市場動向
  • 〚図表2-3〛
  • 言語系ベンダー別市場動向
  • 〚図表3-1-1〛
  • 音声系サービス適用業務別市場動向 ※ライセンスベース(以下、同様)
  • 〚図表3-1-2〛
  • 音声系ベンダー別適用業務別市場動向:「照会応答」
  • 〚図表3-1-3〛
  • 音声系ベンダー別適用業務別市場動向:「情報探索・知識拡張」
  • 〚図表3-1-4〛
  • 音声系ベンダー別適用業務別市場動向:「業務支援」
  • 〚図表3-2-1〛
  • 言語系サービス適用業務別市場動向 
  • 〚図表3-2-2〛
  • 言語系ベンダー別適用業務別市場動向:「照会応答」
  • 〚図表4-1〛
  • システム連携別市場動向 
  • 〚図表4-2〛
  • ベンダー別システム連携別市場動向
  • 〚図表5-1-1〛
  • ユーザー業種別市場動向 
  • 〚図表5-1-2〛
  • ベンダー別ユーザー業種別市場動向 
  • 〚図表5-2-1〛
  • ユーザー規模別市場動向
  •  

  • 〚図表5-2-2〛
  • ベンダー別ユーザー規模別市場動向 
  • 〚図表6-1〛
  • 音声系ベンダーの事業展開における重点戦略 
  •  

  • 〚図表6-2〛
  • 言語系ベンダーの事業展開における重点戦略 
  • (以下、省略)

▲ページトップへ