AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望【2021年度版】

AI(ディープラーニング)活用の
画像認識ソリューション市場の現状と展望【2021年度版】

【発 刊】
2021年9月29日
【資料体裁・価格】● 特別価格は2021年9月29日(水)の17時までのお申し込みに限ります。


  • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
  • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷・製本可。
  • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷・製本実施。(No.1とNo.3のハードコピー版は弊社で印刷・製本)。
  • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本しても可です。
  • 注5)コンサルティングファーム、シンクタンク及びライブラリー(図書室)様は複数U(ユーザー)利用のみ購入可とさせていただきます。1U(ユーザー)利用の購入は不可です。詳細はこちら


■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

【問い合わせ先】担当: 大西(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)

● 発刊の意図

 ビジネス用途におけるAI活用は、特徴量そのものを大量のデータから自動で抽出し、ディープラーニングする技術の発展によって、活用の場が加速度的に拡大している。特に画像認識AIは、従来人間が目視で行ってきた作業の自動化を可能とし、熟練技術者の後継者不足対応、働き方改革実現のための生産性向上、老朽化が進むインフラの対策など、現在我が国が喫緊に抱えている課題の解決策として期待されている。

 AI市場は日進月歩で変化しており、想定される活用シーンも多岐に渡っている。本資料では、業種や従業員規模、用途など様々な観点からベンダーの動向・今後の展開を調査し、市場の現状と将来展望を分析している。

● 資料のポイント

● 画像AIソリューションベンダー44社76製品を徹底調査。2019年度~2021年度の出荷金額・ベンダシェア、需要分野別・ユーザー規模別出荷金額・ベンダーシェアを分析。

● 各ベンダーごとのヒアリング推定値を、提供形態別、顧客業種別、顧客従業員規模別にブレイク。それぞれを集計し、その動向とベンダーシェアを明らかに。

● 従来の5分野(検品・検査、セキュリティ、マーケティング、物品管理、測定・観察・探索)を、更に具体的な用途に細分化。セグメントの詳細は次頁を参照。

● 2020年度の総市場規模はCOVID-19の影響を受けつつも197.8億円(前年比148.7%)。2021年度は前年比162.8%の322億円と更に高い伸び率となる見込み。

● 資料内容

第Ⅰ章 本資料の定義と調査範囲

  • 第1節 AI(ディープラーニング)を活用した画像認識ソリューション市場の定義
  • 第2節 AI(ディープラーニング)を活用した画像認識ソリューション市場の分類項目別定義
  • 第3節 AI(ディープラーニング)を活用した画像認識ソリューション市場の市場算出方法

第Ⅱ章 ディープラーニング活用の画像認識ソリューション全市場動向

  • 第1節 AI(ディープラーニング)の概要
  • 第2節 AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の中期予測(2019~2025年度)
  • 第3節 AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューションベンダーの動向・シェア
  • 第4節 ソリューション別市場動向(ソフトウェア/サービス)

第Ⅲ章 提供形態/導入フェーズ別売上高動向

  • 第1節 SDK/開発プラットフォーム(ライセンス/利用料/ユーサーサポート/その他)
  • 第2節 オンプレミスパッケージ(ソフトウェア/コンサルティング/SI/保守・サポート/その他)
  • 第3節 SaaS(利用料/関連サービス/その他)
  • 第4節 その他(WebAPI等)

第Ⅳ章 ユーザー業種別売上高動向

  • 第1節 農林水産業
  • 第2節 建設業
  • 第3節 製造業
  • 第4節 運輸業
  • 第5節 情報通信業
  • 第6節 卸売・小売業
  • 第7節 金融
  • 第8節 医療
  • 第9節 公共・公益
  • 第10節 サービス業
  • 第11節 その他

第Ⅴ章 ユーザー従業員規模別売上高動向

  • 第1節 2,000名+
  • 第2節 1,000~1,999名
  • 第3節 500~999名
  • 第4節 300~499名
  • 第5節 300名未満

第Ⅵ章 用途売上高動向

  • 第1節 人物判定
    • 1- ① 顧客分析/人流解析
    • 1- ② 防犯・セキュリティ
    • 1- ③ 密回避/感染症対策
    • 1- ④ 従業員管理
    • 1- ⑤ その他

    • 第2節 物体判定
      • 2- ① 不良品検知
      • 2- ② 保守・点検
      • 2- ③ 類似検索・特徴抽出
      • 2- ④ 医療診断補助
      • 2- ⑤ 障害物検知
      • 2- ⑥ 品種・個数管理
      • 2- ⑦ その他

      ● 個票企業実態・掲載企業

      第Ⅶ章 個別企業実態編(44社)

        • 1.ABEJA
        • 2.ALBERT(※1)
        • 3.Automagi
        • 4.GAUSS
        • 5.LeapMind
        • 6.NECネッツエスアイ
        • 7.SOINN
        • 8.TIS
        • 9.YE DIGITAL
        • 10.アイシーソフト
        • 11.アジラ
        • 12.アプロリンク
        • 13.アラヤ
        • 14.エーディエステック
        • 15.エクスウェア
        • 16.エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(※2)
        • 17.エヌ・ティ・ティ・コムウェア
        • 18.エヌ・ティ・ティ・データ
        • 19.エヌ・ティ・ティ・ドコモ
        • 20.オプティム
        • 21.カタリナ
        • 22.コベルコシステム(※2)
        • 23.サイバーリンクス
        • 24.シーイーシー
        • 25.システムインテグレータ
        • 26.システム計画研究所
        • 27.ジャパン・カレント
        • 28.チームラボ(※1)
        • 29.データテクノロジー
        • 30.東芝デジタルソリューションズ
        • 31.トリプルアイズ
        • 32.日鉄ソリューションズ
        • 33.日本アイ・ビー・エム(※1)
        • 34.日本システムウエア
        • 35.日本電気
        • 36.パナソニックソリューションテクノロジー
        • 37.日立産業制御ソリューションズ
        • 38.日立ソリューションズ
        • 39.日立ソリューションズ・クリエイト
        • 40.富士通
        • 41.ブレインズテクノロジー
        • 42.モノゴコロ
        • 43.モルフォ
        • 44.ランドログ
        •  ABC・50音順
        • (※1)ALBERT、チームラボ、日本アイ・ビー・エムは2020年度版と同様、3社合計として集計表に記載。
        • (※2)は定性情報のみの掲載

      ● 調査項目

      • ※売上高は2019年度、2020年度、2021年度見込の3ヵ年を調査。
      • 1.企業概要
      •  -企業名/代表者/所在地/資本金/決算月/従業員数他
      • 2.主な事業内容
      • 3.売上高構成(※)
      •  -総売上高
      •  -AI画像認識ソリューション売上高
      •  -ディープラーニング活用AI画像認識売上高
      • 4.対象ソリューション別売上高(※)
      • 5.画像AI関連の人員構成(※)
      •  -自社/他社(外注、派遣など)
      • 6.対象ソリューション概要
      •  -製品名/概要/価格
      • 7.対象ソリューション各種売上高・構成比(※)
      •  -提供形態別売上高・比率
      •  -オンプレミス/クラウド別売上高・比率
      •  -販売チャネル別売上高・比率(直販/間販/OEM)
      •  -ユーザー従業員規模別売上高・比率
      •  -ユーザー業種別売上高・比率
      •  -用途別売上高・比率
      • それぞれの製品ごとの数値を集計。
      • 8.各種取り組み
      •  -2020年度の評価及び2021年度の展望
      •  -販売戦略、製品戦略
      •  -他社優位性、差別化点
      •  -需要分野別動向
      •  -従業員規模別動向
      •  -協業・アライアンス動向
      •  -PoCの動向

▲ページトップへ