AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望【2018年度版】

AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望【2018年度版】

~検品・検査、マーケティング、測定・観察・探索、物品管理・セキュリティの市場展望~

【発 刊】
2018年7月20日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版400頁(ハードコピー版) 価格158,000円
  • [2]PDF版+ハードコピー版 価格191,000円
  • [3]CD-ROM版 価格316,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格449,260円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格475,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 井辺(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の意図

AIをビジネスに活用する試みが活発化しています。AIのビジネス展開への研究は、古くは1950年代から開始されましたが、人間が前提とした特定のルール内、データベース内での判断しかできず、ビジネス用途への活用は一部のエキスパートシステムに限られていました。

しかし、近年ではコンピューターの情報処理能力が向上したことで、機械学習の精度が増し、さらにディープラーニン技術によって、特徴量そのものを大量のデータから自動に学習できるようになり、ビジネスで実用化されるようになりました。特に特徴量を自動で判別するディープラーニングの技術は、画像や映像の解析・分析との相性が良く、さまざまな新しいサービスやソリューリョンが創出されており、今後もその傾向が続くことが予想されます。

そこで、今後特に成長が見込まれる主要5製品分野(検品・検査、マーケティング、測定・観察・探索、物品管理、セキュリティ)を中心に各ベンダーの動向や展開などを踏まえ、市場の現状を明らかにし、今後の方向性を分析した資料を発刊いたしました。

● 資料のポイント

●AIソリューションの業種別、企業規模別、導入フェース別ごとに区分けし、それぞれの売上げを集計。

●検品・検査、マーケティング、測定・観察・探索、など主要製品5分野別の市場動向。

●AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション全体で2017年度は約20億円。2018年度は約40億と200%超の成長。2021年度まで年平均成長率は229.2%で推移し、525億円市場に拡大。

● 資料内容

第Ⅰ章 本資料の定義と調査範囲

  • 第1節 AI(ディープラーニング)を活用した画像認識ソリューション市場の定義
  • 第2節 AI(ディープラーニング)を活用した画像認識ソリューション市場の分類項目別定義
  • 第3節 AI(ディープラーニング)を活用した画像認識ソリューション市場の市場算出方法

第Ⅱ章 ディープラーニング活用の画像認識ソリューション全市場動向

  • 第1節 AI(ディープラーニング)の概要
  • 第2節 AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の中期予測(2017~2021年度)
  • 第3節 AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューションベンダーの動向・シェア

第Ⅲ章 導入フェーズ別売上高動向

  • 第1節 導入フェーズ概要
  • 第2節 開発環境・フレームワークの売上動向
  • 第3節 アプリケーションの売上動向
  • 第4節 コンサルテイングの売上動向
  • 第5節 SI(システムインテグレーション)の売上動向
  • 第6節 保守・サポートの売上動向

第Ⅳ章 業種別売上高動向

  • 第1節 業種別売上高動向
  • 第2節 製造業のベンダーシェア
  • 第3節 卸売・小売業のベンダーシェア
  • 第4節 運輸業のベンダーシェア
  • 第5節 農林水産業のベンダーシェア
  • 第6節 建設業のベンダーシェア
  • 第7節 サービス業のベンダーシェア
  • 第8節 公共・公益のベンダーシェア
  • 第9節 医療のベンダーシェア
  • 第10節 情報通信のベンダーシェア
  • 第11節 金融のベンダーシェア

第Ⅴ章 ユーザー従業員規模別売上高動向

  • 第1節 従業員規模別売上高動向
    • ■ 画像認識AIソリューションの導入経路

第Ⅵ章 製品分野別売上高動向

  • 第1節 製品分野別の概要

  • 第2節 検品・検査の売上高動向
    • 1 導入フェーズ別売上高
    • 2 業種別売上高動向
    • 3 ユーザー従業員規模別売上高

  • 第3節 マーケティングの売上高動向
    • 1 導入フェーズ別売上高
    • 2 業種別売上高動向
    • 3 ユーザー従業員規模別売上高

  • 第4節 測定・観察・探索の売上高動向
    • 1 導入フェーズ別売上高
    • 2 業種別売上高動向
    • 3 ユーザー従業員規模別売上高

  • 第5節 物品管理の売上高動向
    • 1 導入フェーズ別売上高
    • 2 業種別売上高動向
    • 3 ユーザー従業員規模別売上高

  • 第6節 セキュリティの売上高動向
    • 1 導入フェーズ別売上高
    • 2 業種別売上高動向
    • 3 ユーザー従業員規模別売上高

  • 第7節 その他の市場動向

●調査企業(24社)

  •  ABEJA
  •  Automagi
  •  CEC
  •  GAUSS
  •  NTTコミュニケーション
  •  NTTコムウェア
  •  NTTデータ
  •  NTTドコモ
  •  SOINN
  •  アプロリンク
  •  アルベルト
  •  エクスウェア
  •  オプティム
  •  サイバーリンクス
  •  システムインテグレーター
  •  システム計画研究所
  •  ジャパン・カレント
  •  新日鉄住金ソリューションズ
  •  データテクノロジー
  •  東芝デジタルソリューションズ
  •  日立ソリューションズ・クリエイト
  •  富士通
  •  モルフォ
  •  ランドログ
  •  (ABC、五十音順)

<調査項目> ※調査対象期間は2017年度~2019年度

  • 1.企業概要
  • 2.主な事業内容
  • 3.ソリューション概要(製品名、価格など)
  • 4.導入フェーズ別売上高
  •  フレームワーク・開発環境
  •  アプリケーション
  •  コンサルティング
  •  SI
  •  保守・サポート
  • 5.業種別売上高
  •  製造業
  •  卸売り・小売り
  •  運輸業
  •  農林水産業
  •  サービス業
  •  公共・公益
  •  建設業
  •  医療
  •  情報通信
  •  金融
  • 6.製品分野別売上高
  •  検査・検品(品質管理、異常検知)
  •  セキュリティ
  •  マーケティング
  •  物品管理
  •  測定・観察・探索
  •  その他
  • 7.従業員規模別売上高

▲ページトップへ