予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2024年度版【第7版】

予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2024年度版【第7版】

~工場から社会インフラへ波及する予兆検知市場~

【発 刊】
2024年6月3日
【資料体裁・価格】● 特別価格は2024年6月3日の17時で終了しています。


  • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
  • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷+製本が可能です。
  • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷+製本が可能です。
  • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本が可能です。
  • 注5)コンサルティングファーム、アドバイザリー、シンクタンク及びライブラリー(図書室)様とVC/CVC/事業会社の投資部門様は、
    複数U(ユーザー)利用のみ購入可とさせていただきます。1U(ユーザー)利用の購入は不可です。詳細はこちら


■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

【問い合わせ先】担当: 江口(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)


● 発刊趣旨

予兆検知は、機械学習やディープラーニング技術の進展によって予測精度が向上し、IoTの有力なソリューションとなっている。製造業を中心に熟練作業員の技能伝承や人手不足による省人化及び、停止が許されないクリティカルな設備の点検効率化ニーズを原動力として成長を続けているが、電力設備や鉄道設備など、社会インフラへ新たに広がりを見せている。導入効果測定の難しさやPoCの長期化などの課題が残るものの、予兆検知に対するニーズは非常に高い。同市場はビジネスプロセス全体を俯瞰したコンサルティングや伴走型サポートといったサービス領域の拡充により、更なる成長の可能性を秘めている。

本レポートは、AIを活用した予兆検知ソリューション市場の各分野別の市場構造や市場規模を明らかにする。さらに、有力な用途、業種について市場分析するとともに、各分野のキープレイヤーを明らかにする。

● 資料のポイント

☑ AIを活用した予兆検知ソリューションベンダ33社を徹底調査。

☑ 当該市場を用途別、構成要素別、業種別といった多角的な視点で分析。さらに業種×用途のクロス分析も実施。

☑ 主力ベンダの販売実績、シェア、ポジショニング及び戦略を調査・分析。

〇 2023年度の市場規模は対前年比7.5%の187億円。中心となる製造業の成長は一段落しつつあるものの、エネルギーインフラや鉄道といった社会インフラが新たな市場成長の原動力となっている。これにより、2028年度まで年率10.5%の成長を続け、308億円の市場に成長すると予測する。

〇 予兆検知ソリューションの導入効果を最大化できるのは、停止が許されないクリティカルな設備と、検査において熟練作業員への依存度が高い設備や生産工程。注力すべきターゲットが徐々に明らかになっている。

● 調査内容と調査収録企業

■分析編

  • 序章 調査対象とその定義
    • 1. 調査対象範囲と定義
    • 2. 予兆検知の用途分類と検知対象

    • 第1章 市場動向(2022~2028年度)
      • 1. 予兆検知全体市場の動向
      • 2. 用途別市場の動向
      • 3. 構成要素別市場の動向
      • 4. 業種別市場の動向
      • 5. 用途別・業種別市場の動向
      • 6. ベンダ動向
      • 7. 製造業における予兆検知の提供形態

    • 第2章 用途別市場動向(2022~2028年度)とベンダシェア
      • 1. 設備系故障予知市場
      • 2. 不良品予知・最適化市場
      • 3. システム運用障害検知市場
      • 4. ネットワーク運用障害予知市場
      • 5. 建造物劣化予知市場

    • 第3章 構成要素別市場動向(2022~2028年度)とベンダシェア
      • 1. センサー市場
      • 2. IoTゲートウェイ市場
      • 3. 解析ソフトウェア市場
      • 4. 解析サービス市場
      • 5. SIサービス市場
      • 6. コンサルティング市場

    • 第4章 業種別市場動向(2022~2028年度)とベンダシェア
      • 1. 製造業(素材)
      • 2. 製造業(組立加工)
      • 3. 製造業(生活関連)
      • 4. 鉄道・航空・物流業
      • 5. 情報通信業
      • 6. 電気・ガス・水道
      • 7. 国・地方公共団体

● 調査収録企業

予兆検知ソリューションベンダ(33社)

  • 1. 株式会社 アイ・アイ・エム
  • 2. IMV株式会社
  • 3. 株式会社アニモ
  • 4. アラクサラネットワークス株式会社
  • 5. 株式会社イー・アイ・ソル
  • 6. 株式会社宇部情報システム
  • 7. Hmcomm株式会社
  • 8. 日本電気株式会社
  • 9. 株式会社エヌ・ティ・ティ・データCCS
  • 10. ​株式会社クロスコンパス
  • 11. 株式会社コア
  • 12. 株式会社構造計画研究所
  • 13. コネクシオ株式会社
  • 14. SAS Institute Japan株式会社
  • 15. サン電子株式会社
  • 16. 株式会社ジェイテクト
  • 17. セイコーエプソン株式会社
  • 18. 株式会社データビークル
  • 19. 株式会社電通総研
  • 20. 東芝デジタルソリューションズ株式会社
  • 21. ニュートラル株式会社
  • 22. 株式会社日立ハイテクソリューションズ
  • 23. 福田道路株式会社
  • 24. 富士通株式会社
  • 25. 富士電機株式会社
  • 26. 株式会社フュートレック
  • 27. 株式会社 VRAIN Solution
  • 28. 株式会社マクニカ
  • 29. 三菱電機株式会社
  • 30. 三菱電機システムサービス株式会社
  • 31. 横河電機株式会社
  • 32. 株式会社YE DIGITAL
  • 33. 株式会社ワイ・ディ・シー

●各社の個票

  • 1.企業プロファイル
    • ・構成要素別製品の取扱状況
    • (1)分類(センサー、IoTゲートウェイ、解析ソフトウェア、解析サービス、SIサービス、コンサルティング)
    • (2)取扱状況(自社開発/調達・調達先)
    • ・用途別製品一覧
    • (1)設備系故障予知
    • (2)不良品予知・最適化
    • (3)システム運用障害予知
    • (4)ネットワーク運用障害予知
    • (5)構造物劣化予知
    • (6)その他

    • 2.製品・技術の特徴
      • ・用途別センサーの種類と販売実績(2022年度 、2023年度)
      • ・AIエンジンの用途別アルゴリズムとモデル手法
      • (1)アルゴリズム(外れ値検知/変化点検知/異常状態検知)
      • (2)モデル手法(教師データあり/教師データなし/深層学習)

    • 3.開発体制と販売体制
      • (1)開発体制
      • (2)販売体制

      • 4.ルート別販売動向(2022~2024年度)
        • 直販、代理店、OEM

        • 5.販売実績・見込(2022~2024年度)
          • (1)ハードウェア、ソフトウェア・サービス別の販売実績・見込み
          •  ハードウェア(センサー/IoTゲートウェイ・エッジコンピュータ)
          •  ソフトウェア(解析ソフトウェア/解析サービス/SIサービス/コンサルティング)
          • (2)用途別の販売実績・見込み

        • 6.業種別、用途別の販売実績(2022~2024年度)
          • 業種区分
          • (1)製造業(素材、加工組立、生活関連)
          • (2)鉄道・航空・物流
          • (3)情報通信業
          • (4)電気・ガス・水道
          • (5)国・地方公共団体
          • (6)その他

        • 7.業種別・用途別の事例と代表的なユーザー企業名

● 各社の個票フォーマット(1社6頁)

●図表目次

  • 図表1-1 予兆検知の市場規模予測
  • 図表1-2 用途別市場予測(単位:百万円)
  • 図表1-3 用途別市場の対前年伸長率
  • 図表1-4 用途別市場の構成比推移
  • 図表1-5 構成要素別市場予測(単位:百万円)
  • 図表1-6 構成要素別市場の前年比伸長率
  • 図表1-7 構成要素別市場の構成比推移
  • 図表1-8 業種別市場予測(単位:百万円)
  • 図表1-9 業種別市場の前年比伸長率
  • 図表1-10 業種別市場の構成比推移
  • 図表1-11 用途別業種別市場規模(2022年度 単位:百万円)
  • 図表1-12 用途別業種別構成比(2022年度)
  • 図表1-13 用途別業種別構成比(2022年度)
  • 図表1-14 用途別業種別市場規模(2023年度 単位:百万円)
  • 図表1-15 用途別業種別構成比(2023年度)
  • 図表1-16 用途別業種別構成比(2023年度)
  • 図表1-17 用途別業種別場規模(2023年 単位:百万円)
  • 図表1-18 予兆予知ソリューション市場への各ベンダのアプローチ
  • 図表1-19 ベンダ各社の売上推移
  • 図表1-20 ベンダ各社の売上伸長率
  • 図表1-21 ベンダ各社の売上シェア推移
  • 図表1-22 ベンダ各社の用途別売上(2023年度)
  • 図表1-23 ベンダ各社の用途別構成比(2023年度)
  • 図表1-24 ベンダ各社の構成要素別売上(2023年度)
  • 図表1-25 ベンダ各社の構成要素別構成比(2023年度)
  • 図表2-1-1 設備系故障予知の市場規模推移
  • 図表2-1-2 設備系故障予知のベンダシェア
  • 図表2-2-1 不良品予知・最適化の市場規模推移
  • 図表2-2-2 不良品予知・最適化のベンダシェア
  • 図表2-3-1 システム運用障害予知の市場規模推移
  • 図表2-3-2 システム運用障害検知のベンダシェア
  • 図表2-4-1 ネットワーク運用障害予知の市場規模推移
  • 図表2-4-2 ネットワーク運用障害検知のベンダシェア
  • 図表2-5-1 建造物劣化予知の市場規模推移
  • 図表2-5-2 建造物劣化検知のベンダシェア
  • 図表3-1-1 センサーの市場規模推移
  • 図表3-1-2 センサーのベンダシェア
  • 図表3-2-1 IoTゲートウェイの市場規模推移
  • 図表3-2-2 IoTゲートウェイのベンダシェア
  • 図表3-3-1 解析ソフトウェアの市場規模推移
  • 図表3-3-2 解析ソフトウェアのベンダシェア
  • 図表3-5-1 SIサービスの市場規模推移
  • (以下、省略)


▲ページトップへ