• TOP

  • Warning: Use of undefined constant is_single - assumed 'is_single' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mic-r/www/mic-r.co.jp/wp/wp-content/themes/mic/content.php on line 15
  • ITソ

予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2020年度版

予兆検知ソリューション市場の実態と将来展望 2020年度版

~広がりを見せるAI活用の予兆検知市場の実態と有望用途市場の予測~

【発 刊】
2020年3月16日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版210頁(ハードコピー版)  価格190,000円
  • [2]PDF版+ハードコピー版     価格230,000円
  • [3]CD-ROM版         価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円


  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※すべて現物での配送です。(PDF版をメールでお受け取りご希望のお客様は申し込みフォームの備考欄にその旨ご記載ください)
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。PDF版はコピー・編集厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封して配送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。



■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 齋藤(ミック経済研究所 電話番号:03-6821-3250)

● 発刊趣旨

予兆検知は、機械学習やディープラーニング技術の進展によって、予測精度が向上し、IoTの有力なアプリケーションとして注目されている。

2018年度までは予兆検知の多くの案件はPoCレベルにとどまっていたが、2019年度からは実稼働の件数が増えている。しかもユーザーのニーズが顕在化し、PoCの案件も急増している。その結果、市場が拡大し、参入ベンダも拡大している。予兆検知はIoT導入が進む製造業だけなく、橋梁やトンネルなどの公共インフラの劣化予測、さらに鉄道や発電所などの設備故障予知への取り組みが進んでいる。

本レポートは、広がりを見せる予兆検知ソリューション市場の各分野別の市場構造や市場規模を明らかにする。さらに、有力な応用分野、業種について市場分析すると共に、各分野のキープレヤーを明らかにする。

● 資料のポイント

☑ 予兆検知の先進ベンダ30社を徹底取材し、市場動向・予測や課題分析のヒントを提供

☑ ベンダ各社の業績、業種・用途・ソリューション別市場におけるポジショニングと方向性を分析

☑ PoCから実稼働の急成長期、そして安定成長期に向かう市場を中期展望

予兆検知ソリューション市場は、AI技術やIoTの発展によって、新たな段階に突入している。2019年度は工場などでの導入気運が高まり、市場は過熱気味の状態だ。

2018年度の「AIによる予兆検知ソリューション」の市場規模は80憶円弱であったが、2019年度には対前年比45.4%増の116億円弱の見込である。

2020年度にはPOCから実稼働への移行がさらに進み、2021年度から本格的な成長期に入り、2024年度には年平均成長率33.8%で456億円規模に達すると予測した。

現状は、設備系故障予知が予兆検知市場の用途の半分以上を占めるが、いわゆるスマートファクトリーの方向性と重なる不良品予知・最適化といった用途が急速に伸びている。また、橋梁や道路などのインフラ構造物の老朽化が加速しており、建造物劣化予知の用途も2021年度頃から本格的に立ち上がると予想される。

● 調査内容と調査収録企業

■分析編

  • 第1章 市場動向
    • 1.予兆検知全体市場の動向
    • 2.用途別市場の動向
    • 3.構成要素別市場の動向
    • 4.業種別市場の動向
    • 5.ベンダ動向

    • 第2章 用途別の市場動向(2018~2024年度)とベンダシェア
      • 1.設備系故障予知市場
      • 2.不良品予知・最適化市場
      • 3.システム運用障害予知市場
      • 4.ネットワーク運用障害予知市場
      • 5.建造物劣化予知市場

    • 第3章 構成要素別の市場動向(2018~2024年度)とベンダシェア
      • 1.センサー市場
      • 2.IoTゲートウェイ市場
      • 3.予兆検知エンジン市場
      • 4.解析サービス市場
      • 5.コンサルティング市場
      • 6.SIサービス市場

    • 第4章 業種別市場動向 (2018~2024年度)とベンダシェア
      • 1.製造業(素材)
      • 2.製造業(加工組立)
      • 3.製造業(生活関連)
      • 4.鉄道・航空・物流
      • 5.情報通信業
      • 6.電気・ガス・水道
      • 7.国・地方公共団体
      • 8.その他

● 調査収録企業

予兆検知ソリューションベンダ(30社)

  • 1.IIM
  • 2.IMV
  • 3.アクロクエストテクノロジー
  • 4.アニモ
  • 5.イーアイソル
  • 6. NTTアドバンステクノロジー
  • 7. NTC
  • 8.SCSK
  • 9. 沖電気工業
  • 10.クオリカ
  • 11..NTTコミュニケーションズ
  • 12.コア
  • 13.ジェイテクト
  • 14.日鉄ソリューションズ
  • 15.東京エレクトロンデバイス
  • 16.東芝デジタルソリューションズ
  • 17.日本システムウエア
  • 18.日本ナショナルインスツルメンツ
  • 19.日本ユニシス
  • 20.三菱電機システムサービス
  • 21.日立ハイテクソリューションズ
  • 22.日立製作所
  • 23.日立情報通信エンジニアリング
  • 24.日立ソリューションズ東日本
  • 25.富士通
  • 26.ブレインズテクノロジー
  • 27.明治機械
  • 28.YE DIGITAL
  • 29.ユニアデックス
  • 30.ワイ・ディ・シー

●図表目次

  • 図表1-1 予兆検知の市場規模予測
  • 図表1-2 用途別市場予測
  • 図表1-3 用途別市場の対前年伸長率
  • 図表1-4 用途別市場の構成比推移
  • 図表1-5 構成要素別市場予測
  • 図表1-6 構成要素別市場の前年比伸長率
  • 図表1-7 構成要素別市場の構成比推移
  • 図表1-8 業種別市場予測
  • 図表1-9 業種別市場の前年比伸長率
  • 図表1-10 業種別市場の構成比推移
  • 図表1-11 業種別用途別市場規模
  • 図表1-12 業種別用途別構成比(2018年度)
  • 図表1-13 業種別用途別構成比(2019年度)
  • 図表1-14 業種別用途別構成比(2020年度)
  • 図表1-15 ベンダ各社の売上推移
  • 図表1-16 ベンダ各社の売上伸長率
  • 図表1-17 ベンダ各社の売上シェア推移
  • 図表2-1 設備系故障予知の市場規模推移
  • 図表2-2 設備系故障予知のベンダシェア
  • 図表2-3 不良品予知・最適化の市場規模推移
  • 図表2-4 不良品予知・最適化のベンダシェア
  • 図表2-3 システム運用障害予知の市場規模推移
  • 図表2-4 システム運用障害予知のベンダシェア
  • 図表2-5 ネットワーク運用障害予知の市場規模推移
  • 図表2-6 ネットワーク運用障害予知のベンダシェア
  • 図表2-7 建造物劣化予知の市場規模推移
  • 図表2-8 建造物劣化予知のベンダシェア
  • 図表2-9 システム運用障害予知の市場規模推移
  • 図表2-10 システム運用障害予知のベンダシェア
  • 図表3-1 センサーの市場規模推移
  • 図表3-2 センサー市場のベンダシェア
  • 図表3-3 IoTゲートウェイの市場規模推移
  • 図表3-4 IoTゲートウェイ市場のベンダシェア
  • 図表3-3 予兆検知エンジンの市場規模推移
  • 図表3-4 予兆検知エンジン市場のベンダシェア
  • 図表3-5 解析サービスの市場規模推移
  • 図表3-6 解析サービス市場のベンダシェア
  • 図表3-7 コンサルティングの市場規模推移
  • 図表3-8 コンサルティン市場のベンダシェア
  • 図表3-9 SIサービスの市場規模推移
  • 図表3-10 SIサービス市場のベンダシェア
  • その他

●調査項目

各社の個票内容

  • 1.企業プロファイル

  • 2.構成要素別製品の取扱状況
    • (1)分類(センサー、IoTゲートウェイ、計測器、予兆検知エンジン、解析サービス、SIサービス、コンサルティング)
    • (2)取扱状況(自社開発/調達・調達先)

  • 3.用途別製品一覧
    • (1)設備系故障予知
    • (2)不良品予知・最適化
    • (3)システム運用障害予知
    • (4)ネットワーク運用障害予知
    • (5)構造物劣化予知
    • (6)その他

    • 4.用途別センサーの種類と販売実績(2018、2019年度)

    • 5.予兆検知エンジンの用途別アルゴリズムとモデル手法
      • (1)アルゴリズム(外れ値検知/変化点検知/異常状態検知)
      • (2)モデル手法(教師データあり/教師データなし/深層学習)

    • 6.開発体制と販売体制
      • (1)開発体制(組織名、開発人員数、提携先)
      • (2)販売体制(組織名、営業人員数、代理店名)

    • 7.ルート別販売動向(2018~2020年度)
      •  直販、代理店、OEM

    • 8.販売実績・見込(2018~2020年度)
      • (1)ハードウェア、ソフトウェア・サービス別の販売実績・見込み
      • (2)用途別の販売実績・見込み

    • 9.業種別、用途別の販売実績(2018~2020年度)
      •  業種区分
      • (1)製造業(素材、加工組立、生活関連)
      • (2)鉄道・航空・物流
      • (3)情報通信業
      • (4)電気・ガス・水道
      • (5)国・地方公共団体
      • (6)その他

    • 10.業種別・用途別の代表的なユーザー企業名

▲ページトップへ