データセンターの設備インフラ市場の現状と展望【2016年版】(第2版)

データセンターの設備インフラ市場の現状と展望【2016年版】 (第2版)

【発 刊】
2016年3月31日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版362頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • 価格は消費税を含みません。
  • コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 井辺(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

現在、システムのクラウド化やIoTなど社会における情報化の速度は加速し、今後も管理しなければならないデータ量は益々増加していきます。また、それに伴いこれら膨大なデータを扱うデータセンター(以下DC)の役割も、質・量ともに重要度を増してきています。DCを最適に運営するための機器・設備の観点からの市場調査を実施しました。対象機器・設備は以下の9項目です。

●対象機器・設備
1.建設・設計コンサルティングサービス、2.非常用自家発電設備、3.インテリジェントPDU、4.受変電設備、5.UPS、6.ラック設備、7.空調設備、8.DCIM(電力監視)、9.入退室管理システム
 以上の9項目の設備機器分野に対してそれぞれ新設・増設・設備更新による分析を行い、新設部分は横ばい、設備更新、増設部分の成長により全体では2019年度までの中期予測において年平均2.2%増の見込みとなりました。

● 資料のポイント

●DC設備インフラ市場は2014年度で2534億2700万円。2015年度見込で2606億2300万円。
2015年度以降、年平均成長率は2.2%で推移し2019年度で2828億8600万円

●電気設備は価格競争が激化。電気メーカーはトータルソリューションシステムで対応。

●電気設備は価格競争が激化。電気メーカーはトータルソリューションシステムで対応。

●他のデータセンターとの差別化要因となるDCIM(電力監視)、入退室管理ソリューションは順調に増加。特にDCIMは2015年度で20%超の伸び。

●外気取込式空調方式はDC事業者による新設DCの半分に完備。今後も増加予定。

● 資料内容

第Ⅰ章 DCの設備インフラ市場の定義事項

第Ⅱ章 DC設備インフラ市場動向の関連設備投資動向

  • 第1節 国内DCの市場動向
    • 国内データセンター市場の概要
  • 第2節 DCへのアウトソーシング需要動向内訳
    • DCの新設・増設を決める要因となるDCへのアウトソーシング動向
  • 第3節 DC事業者の新設DC数動向
    • DC事業者による新設DC数とその推移
  • 第4節 DCの延床面積の動向
    • DCの延床面積の動向について
  • 第5節 ラック数の推移
    • ラック数の推移について

第Ⅲ章 DCの設備インフラ市場まとめ

  • DCの設備インフラ市場の動向について

第Ⅳ章 DCの設備インフラ市場の実態

  • 第1節 建築設計・コンサルティング・その他(コンテナ型DC)
    • 1. 市場構造
    • 2. 企業と動向
    • 3. 市場成長性
    • 4.コンテナ型DC
  • 第2節 電気設備全体市場
    • 1.DCの電気設備インフラ機器の施工形態
    • 2.非常用発電装置の市場構造
    • 3.電気設備全体直接間接比
    • 4.DCの非常用自家発設備の市場推移
  • 第3節 非常用自家発電装置
    • 1.非常用自家発電装置概要
    • 2.非常用発電装置の市場構造
    • 3.非常用発電機の直接・間接費
    • 4.DCの非常用自家発設備の市場推移
  • 第4節 UPS設備
    • 1.UPS設備の市場構造
    • 2.参入企業とUPS設備市場推定方法
    • 3.UPS新設・増設・設備更新比率
    • 4.UPS市場直接・間接売上高
    • 5.UPSのDCと企業内DC利用比率
  • 第5節 インテリジェントPDU
    • 1.インテリジェントPDU市場の構造
    • 2.インテリジェントPDU参入企業と市場推定
    • 3.インテリジェンPDUの直接・間接比率
    • 4.インテリジェントPDUの新設・増設・設備更新比率
    • 5.インテリジェントPDUのDC事業者・企業内DC比率
  • 第6節 受変電設備
    • 1.受変電設備の市場
    • 2.受変電設備の市場の新設・増設・設備更新比率
    • 3.受変電設備の市場の直接・間接比率
  • 第7節 ラック設備
    • 1.ラック設備の市場
    • 2.ラック設備市場の参入企業と市場推定
    • 3.ラック設備の直接間接比
    • 4.ラック設備の新設・増設・設備更新比率
    • 5.ラック設備のDC事業者・企業内比率
  • 第8節.空調設備
    • 1.空調設備市場の業界構造
    • 2.空調方式パッケージエアコン方式と中央熱源方式、外気取込式
    • 3.空調設備市場の参入企業と推定市場
    • 4.空調設備市場の新設・増設・設備更新比率
    • 5.空調設備市場のDC事業者・企業内DC比率
  • 第9節.DCIM(電力監視システム)
    • 1.DCIM定義
    • 2.DCIMの市場構造
    • 3.電力監視システムの市場推定と動向
    • 4.直接・間接比率、新設・増設・設備更新比率
    • 5.DC事業者と企業内DC比率
  • 第10節.入退出管理システム
    • 1.入退出管理システムとその市場分析と推定市場
    • 2.参入企業と動向

● 調査企業一覧

第Ⅴ章 個別企業実態編

<データセンター事業者 29社> 順不同
  • 日立製作所
  • 三菱電機
  • 富士電機
  • シュナイダーエレクトリック
  • 大成建設
  • 川崎重工業
  • 清水建設
  • 三機工業
  • ダイキン工業
  • 高砂熱学工業
  • 日比谷総合設備
  • ダイダン
  • 富士古河E&C
  • 大気社
  • 日東工業
  • 日本エマソン
  • 河村電器産業
  • 摂津金属工業
  • オプティックス
  • ATENジャパン
  • 中央電子
  • 竹中エンジニアリング
  • ラリタン・ジャパン
  • 日本ノーベル
  • キング通信工業
  • 明電舎
  • ニスコム
  • NTTファシリティーズ
  • アーレスティ

● 個票掲載項目

【個票掲載項目】<調査項目 2014年度(実績)、2015年度(見込)、2016年度(予測)>

  • 1.企業概要
2.DC設備インフラ売上高
  • 建築設計・コンサルティング
  • コンテナ型DC、受変電設備
  • 非常用自家発電設備
  • UPS設備(10KVA未満)、UPS設備(10KVA以上)
  • ラック設備
  • 空調設備(パッケージエアコン、中央熱源、外気取込)
  • DCIM(電力監視システム)、入退場管理システム
3.受注形態別売上高
  • 直接受注、間接受注
4.導入形態別売上高
  • DCの新設時、増設時、設備更新時
5.納入先別売上高
  • 1.国内DC事業者、国内自社DC、海外DC別売上高
  • 2.国内DC事業者カテゴリ別売上高
  • 3.国内地域別売上高(対象:国内DC事業者)
  • 4.DC規模別売上高(対象:国内DC事業者)
  • 6.DC設備インフラ・納入DC数

▲ページトップへ