EC・ネットショップ運営支援サービス市場の現状と展望 2021年度版

EC・ネットショップ運営支援サービス市場の現状と展望 2021年度版

運営支援ベンダー36社の実態を初めて集計・分析

【発 刊】
2021年11月19日
【資料体裁・価格】● 特別価格は2021年11月19日の17時で終了しています。


  • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
  • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷・製本可。
  • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷・製本実施。(No.1とNo.3のハードコピー版は弊社で印刷・製本)。
  • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本しても可です。
  • 注5)コンサルティングファーム、シンクタンク及びライブラリー(図書室)様は複数U(ユーザー)利用のみ購入可とさせていただきます。1U(ユーザー)利用の購入は不可です。詳細はこちら


■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

【問い合わせ先】担当: 竹田(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)

● INTENTION(発刊の目的)

 経済産業省が2021年7月に発表した「電子商取引に関する市場調査」によれば、2020年の国内B2C-EC市場規模は旅行、チケット、外食などコロナ禍の影響を受けたサービス系分野の大幅ダウンにより、YonY+0.43%のほぼ横ばいとなったものの、物販系分野とデジタル系分野は逆に巣ごもり需要の追い風を受け、それぞれ2桁増となっています。

 こうした市場動向を背景に、EC・ネットショップ市場は、それまでリアルな販売を中心としてきたメーカーや小売店を巻き込みながら、今後も市場は着実に拡大することが予測され、近い将来EC化率も欧米のそれに近づくことは間違いないと考えられます。

 更に、国内市場だけでなく、海外市場への浸透を見据えた越境ECも新たな市場として注目を浴び、従来の運営から一段上の運営が求められ始めている上、市場の拡大にリソースが追い付かず、各事業者はコアな部分を除く一切の業務運営を外部に任せる動きが加速されることが予測されます。

 今回の調査では、こうしたEC・ネットショップの運営代行サービス事業者にスポットを当て、運営代行ベンダー各社の取材等をベースに、市場の現状と将来展望を集計・分析することで購入企業様のマーケティング施策に資する情報提供を目的としております。

● POINT(資料のポイント)

● EC・ネットショップ運営支援・代行サービスを提供する主要ベンダー36社の調査をもとに市場を集計・分析

● 2020年度、EC・ネットショップ運営支援・代行サービスの市場規模は、YonY29.9%増の1664億円、更に2024年度までの中期予測を実施

● 市場をフロント業務(戦略・企画)、バックエンド業務(運営作業)、ECシステムソリューション(SaaS)の3市場に分け、それぞれ市場規模と中期予測を実施

● 主要ベンダー36社の売上動向、定性情報を記載する企業個票掲載。

● CONTENTS(資料内容)

○調査要領

第Ⅰ章 各市場の定義と調査範囲

  • 第1節 EC・ネットショップ運営支援サービス市場の定義とカテゴリ

  • 第2節 調査ベンダー名と対象サービス一覧

  • ■市場の定義

第Ⅱ章 EC・ネットショップ運営支援サービス市場の現状と中期予測

  • 第1節 国内電子商取引(EC)市場の概要

  • 第2節 EC・ネットショップ運営支援サービス市場の現状と中期予測

  •  (1)市場規模推移

  •  (2)フロント業務市場の現状と中期予測
  •   ①戦略立案
  •   ②商品企画
  •   ③ECサイト制作/サイト改善
  •   ④プロモーション

  •  (3)バックエンド業務市場の現状と中期予測
  •   ①受発注(含コンタクトセンター)
  •   ②決済業務
  •   ③商品登録・撮影
  •   ④発送・物流業務(含在庫管理)
  •   ⑤アフターフォローサービス

  •  (4)ECシステム支援市場の現状と中期予測

第Ⅲ章 調査企業36社にみる

  • 第1節  EC・ネットショップ運営支援のECモール/自社運営/マーケットプレイス別構成
  •  (1)ECモール活用事業者への支援
  •  (2)自社運営サイト事業者への支援

  • 第2節  EC・ネットショップ運営支援サービスの提供対象先別

  •  (1)EC・ネットショップ運営支援サービス全体
  •   ①B2C向け
  •   ②B2B向け

  •  (2)ECモール活用事業者
  •   ①B2C向け
  •   ②B2B向け

  •  (3)自社運営サイト事業者
  •   ①B2C向け
  •   ②B2B向け

  • 第3節 EC・ネットショップ運営支援サービス売上の顧客規模別構成

  •  (1)EC・ネットショップ運営支援サービス全体
  •   ①大規模
  •   ②中規模
  •   ③小規模

  • *注釈
  • 大規模:EC売上高年間120億円(月商10億円)以上の顧客企業
  • 中規模:EC売上高年間12億円(月商1億円)~120億円未満の顧客企業
  • 小規模:EC売上高年間12億円未満の顧客企業

  • 第4節 EC・ネットショップ運営支援サービスの越境EC売上構成

  • 第5節 EC・ネットショップ運営支援サービスの販売分野別構成
  •   ①物販系分野
  •   ②サービス系分野
  •   ③複合型

  • 第6節 EC・ネットショップ運営支援サービスの課金形態別売上構成
  •   ①成果報酬型/従量課金型
  •   ②月額固定型
  •   ③複合型

  • 第7節 EC・ネットショップ運営支援サービスの新規顧客/継続顧客別売上構成
  •   ①既存顧客売上
  •   ②新規顧客売上

  • 第8節 EC・ネットショップ運営支援サービスの利益率

● 個票企業実態・掲載企業

● 第Ⅶ章 個別企業実態編(36社)

  • 【フロント業務系ベンダー】
  • 1.Hameeコンサルティング
  • 2.unbot
  • 3.アクセンチュア
  • 4.いつも.
  • 5.クリーク・アンド・リバー社
  • 6.これから
  • 7.ゴンウェブコンサルティング
  • 8.サイバーテック
  • 9.ディーエムソリューションズ
  • 10.トランスコスモス
  • 11.ブランジスタソリューション
  • 12.メンバーズ
  • 13.電通デジタル
  • 14.日本ECサービス
  • 【バックエンド業務系ベンダー】
  • 15.Eストアー
  • 16.SGシステム
  • 17.TMJ
  • 18.アテナ
  • 19.イー・ロジット
  • 20.エスプール
  • 21.エヌ・ティ・ティマーケティングアクト
  • 22.スクロール
  • 23.ダイワコーポレーション
  • 24.ディーエムエス
  • 25.ベルシステム24ホールディングス
  • 26.メールカスタマーセンター
  • 27.りらいあコミュニケーションズ
  • 28.関通
  • 29.日本トータルテレマーケティング
  • 【ECシステム支援系ベンダー】
  • 30.ecbeing
  • 31.Hamee
  • 32.SAPジャパン
  • 33.Shopify Japan
  • 34.アドビ
  • 35.セールスフォース・ドットコム
  • 36.大日本印刷
  • 【調査項目】
  • 1. 企業概要
  • 2-1. EC・ネットショップ運営支援サービス売上高推移
  • 2-2. EC・ネットショップ運営支援(フロント業務、バックエンド業務、ECシステム支援)の詳細
  • 2-3. EC・ネットショップ運営支援のECモール/自社運営/マーケットプレイス別構成
  • 3. EC・ネットショップ運営支援サービスの提供対象先別売上
  • 4.EC・ネットショップ運営支援サービス売上の顧客規模別構成
  • 5.EC・ネットショップ運営支援サービスの越境EC売上構成
  • 6.EC・ネットショップ運営支援サービスの販売分野別構成
  • 7.EC・ネットショップ運営支援サービスの課金形態別売上構成
  • 8.EC・ネットショップ運営支援サービスの新規顧客/継続顧客別売上構成および顧客企業数
  • 9.EC・ネットショップ運営支援サービスの利益率
  • 10.EC・ネットショップ運営支援サービスの主要顧客
  • 11.EC・ネットショップ運営支援サービス関連の組織/人員
  • 12.戦略その他

▲ページトップへ