通信キャリア向けネットワーク機器市場の現状と将来展望 2021年度版

通信キャリア向けネットワーク機器市場の現状と将来展望
2021年度版

~仮想化と標準化によって大きく変貌する通信キャリアの設備投資とネットワーク~

【発 刊】
2021年9月21日
【資料体裁・価格】● 特別価格は2021年9月21日の17時で終了しています。


  • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
  • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷・製本可。
  • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷・製本実施。(No.1とNo.3のハードコピー版は弊社で印刷・製本)。
  • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本しても可です。
  • 注5)コンサルティングファーム、シンクタンク及びライブラリー(図書室)様は複数U(ユーザー)利用のみ購入可とさせていただきます。1U(ユーザー)利用の購入は不可です。詳細はこちら


■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

【問い合わせ先】担当: 齋藤(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)

● 発刊趣旨

通信キャリア向けのネットワーク機器市場は、5,000億円を越える規模(本レポート2019年度版)と推定されるが、長期的な微減傾向にある成熟市場であった。しかし、2019年度から始まった5Gサービスを機に基地局を含む無線設備はもちろん、増大するトラフィックを収容するためのバックホールやコアネットワークの増強が必須であり、その影響は移動体通信事業者だけでなく、そこにダークファイバや施設を提供しているNTT東西、地域系事業者など固定通信事業者の設備投資にも波及する。

同時に、vRANやO-RAN等のネットワーク機器の仮想化と標準化が急速に進み、これまで固定的だった通信キャリア向けネットワーク機器市場のメーカーシェアが流動化し、業界構図も変化する兆しが現れている。

本レポートは、通信キャリアとネットワーク機器メーカー双方の取材によって主要なネットワーク機器市場の実態を把握し、2025年度までの市場を予測する。

● 資料のポイント

☑ ネットワーク機器メーカー15社のネットワーク機器の販売実績を2025年度まで予測

☑ 通信キャリア15社の設備投資額とネットワーク機器の購入額を2025年度まで予測

☑ ネットワーク機器市場を通信キャリアと無線機メーカーの両面から調査

通信キャリア15社の2020年度の設備投資総額は2兆6,934億円規模。これが当社予想と異なり、5G投資が本格化する2021年度以降は微減の見通しだ。これは5G投資以上に4G投資が減額されているためだ

今回調査対象としたネットワーク機器12品目の市場規模は2020年度で5,620億円でキャリアの設備投資総額に占める割合は、20%強であり、ネットワーク機器の市場では、基地局の無線機が2,734億円と50 %弱を占めている。今後も無線機市場がネットワーク機器市場を牽引していくと予想される。

● 資料内容

■分析編

〈ネットワーク機器メーカー編〉

  • 1. ネットワーク機器市場の現状と今後の予想(2019~2025年度)
    • — 仮想化と標準化の進展と5G対応 —
    • 1.1.仮想化と標準化がネットワーク機器市場に及ぼす影響
    • 1.2.レイヤ別品目別ネットワーク機器市場の予測
    • 1.2.通信キャリア別の購入実績と今後の予想
    • 1.3.メーカー各社の販売実績と今後の予想

    • 2.ネットワーク機器別市場予測とメーカーシェア(2019~2025年度)
      • — 仮想化と標準化の進展と5G対応 —
      • 2.1.EPC/5GC市場の予測とメーカーシェア響
      • 2.2.ルータ市場の予測とメーカーシェア
      • 2.3.スイッチ市場の予測とメーカーシェア
      • 2.4.光伝送装置市場の予測とメーカーシェア
      • 2.5.基地局無線機市場の予測とメーカーシェア

      〈通信キャリア編〉

      • 3.通信サービス市場の現状と今後の予想((2019~2025年度)
        • 3.1通信サービス市場の現状と通信キャリア別(NTT系/NCC系/電力系)動向
        • 3.2. 通信サービス市場の予想

        • 4.設備投資とネットワーク機器の現状と今後の予想(2019~2025年度)
          • 4.1.通信キャリア別(NTT系/NCC系/電力系)売上高と設備投資額の相関関係
          • 4.2.通信キャリアの設備投資額とネットワーク機器の購入額の相関関係
          • 4.3.5G基地局数と関連設備投資額の予測

● 個別企業実態編

〈ネットワーク機器メーカーの調査項目〉

  • 1.企業プロファイル
    • 1.1.企業概要
    • 1.2.売上高推移(2019~2021年度)

    • 2.製品一覧

    • 3.レイヤ別のネットワーク機器の売上予測(2019~2025年度)

    • 4.ネットワーク機器の売上予測(2019~2025年度)

    • 5.通信事業者別ネットワーク機器売上(2020年度)

    • 6.関連事項

    〈通信キャリアの調査項目〉

    • 1.企業プロファイル
      • 1.1.企業概要
      • 1.2. 売上高推移(2019~2021年度)

      • 2. ネットワーク構成図と仮想化の進捗状況

      • 3.レイヤ別設備投資額予想(2019~2025年度)

      • 4.ネットワーク機器投資額予想(2019~2025年度)

      • 5.メーカー別ネットワーク機器別購入額(2020年度)

      • 6.関連事項

● 掲載企業

■ネットワーク機器

  • 対象レイヤ(4区分) 対象ネットワーク機器(12品目)

■ネットワーク機器メーカー

  • 対象企業(15社)
    • 1.NEC
    • 2.シスコシステムズ
    • 3.ノキアネットワークス
    • 4.富士通
    • 5.エリクソン・ジャパン
    • 6.サムスン電子ジャパン
    • 7.華為技術日本
    • 8.ジュニパーネットワークス
    • 9.エアースパン・ジャパン
    • 10.APRESIA Systems
    • 11.沖電気工業
    • 12.三菱電機
    • 13.住友電気工業
    • 14.日本シエナコミュニケーションズ
    • 15.アラクサラネットワークス

■通信キャリア

  • 対象企業(15社)
    • 1.NTT東日本
    • 2.NTT西日本
    • 3.NTTコミュニケーションズ
    • 4.NTTドコモ
    • 5.KDDI(UQコミュニケーションズを含む)
    • 6.ソフトバンク(Wireless City Planningを含む)
    • 7.北海道総合通信網
    • 8.東北インテリジェント通信
    • 9.中部テレコミュニケーション
    • 10.北陸通信ネットワーク
    • 11.オプテージ
    • 12.エネルギア・コミュニケーションズ
    • 13.STNet
    • 14.QTnet
    • 15.楽天モバイル

● 図表目次

  • 図表1-1 5Gとネットワークの仮想化の関係
  • 図表1-2 EPCにおける仮想化の効果
  • 図表1-2 ネットワーク機器販売額予測(単位:億円)
  • 図表1-3 ネットワーク機器販売額予測(伸長率)
  • 図表1-4 ネットワーク機器販売額予測(構成比)
  • 図表1-5 ネットワーク機器購入額予測(単位:億円)
  • 図表1-6 伸長率
  • 図表1-7 構成比
  • 図表1-8 ネットワーク機器のメーカー各社の販売額
  • 図表1-9 伸長率
  • 図表1-10 構成比
  • 図表2-1 EPC/5GC市場の予測
  • 図表2-2 EPC/5G市場のメーカーシェア推移
  • 図表2-3 ルータ市場の予測
  • 図表2-4 ルータ市場のメーカーシェア推移
  • 図表2-5 スイッチ市場の予測
  • 図表2-6 スイッチ市場のメーカーシェア推移
  • 図表2-7 光伝送装置市場の予測
  • 図表2-8 光伝送装置市場のメーカーシェア推移
  • 図表2-9 基地局無線機市場の予測
  • 図表2-10 基地局無線機市場のメーカーシェア推移
  • その他

▲ページトップへ