通信キャリア向けネットワーク機器市場の現状と将来展望 2019年度版

通信キャリア向けネットワーク機器市場の現状と将来展望 2019年度版

~仮想化と5Gによって大きく変貌する通信キャリア向けネットワーク機器市場~

【発 刊】
2019年8月30日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版250頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]PDF版+ハードコピー版    価格230,000円
  • [3]CD-ROM版        価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 齋藤(ミック経済研究所 電話番号:03-6821-3250)

● 発刊趣旨

通信キャリア向けネットワーク機器市場は、2018年度5,000億円規模と推定されるが、長期的な微減傾向にある成熟市場であった。しかし、2019年度から始まる5Gサービスを機に基地局を含む無線設備はもちろん、増大するトラフィックを収容するためのバックホールやコアネットワークの増強は必須である。その影響は移動体通信事業者だけでなくNTT東西、地域系事業者など固定通信事業者の設備投資にも波及する。

他方、NFV等ネットワーク機器の仮想化が急速に進んでおり、これまで固定的だったネットワーク機器市場のメーカーシェアが流動化し、業界構図も変化している。

本レポートは、ネットワーク機器メーカーと通信キャリアと双方の取材によって主要なネットワーク機器市場の実態を把握し、2023年度までの市場を予測した。

☑ ネットワーク機器メーカー15社のネットワーク機器の販売実績を2023年度まで予測

☑ ネットワークの仮想化が及ぼす影響の分析=業界構図の変化の予測

☑ ネットワーク機器市場を通信キャリアと無線機メーカーの両面から調査

☑ 通信キャリア15社の設備投資額とネットワーク機器の購入額を2023年度まで予測

● 資料のポイント

・ 通信キャリア15社の2018年度の設備投資総額は2兆4,850億円規模。

・ 設備投資額は、2020年度までは横ばいで5G投資が本格化する2021年度から上昇し2023年度には、2兆9,000億円弱まで増加すると予測される。

・ 今回調査対象としたネットワーク機器13品目の市場規模は2018年度で5,000億円でキャリアの設備投資総額に占める割合は、20%強にとどまるが、2023年度には7,228億円、同25%弱に成長すると予測される。

・ ネットワーク機器の市場では、モバイルの基地局の無線機が2018年度2,460億円と半分を占めている。今後も無線機市場がネットワーク機器市場を牽引していくと予想される。

●調査対象

■〈ネットワーク機器メーカー編〉

  •  対象レイヤ(4区分) 対象ネットワーク機器(13品目)

    ■ネットワーク機器メーカー

    •  対象企業(15社)
      • 1.NEC
      • 2.シスコシステムズ
      • 3.ノキアネットワークス
      • 4.富士通
      • 5.エリクソン・ジャパン
      • 6.サムスン電子ジャパン
      • 7.ファーウェイ
      • 8.ジュニパーネットワークス
      • 9.ZTEジャパン
      • 10.APRESIA Systems
      • 11.沖電気工業
      • 12.三菱電機
      • 13.住友電気工業
      • 14.日本シエナコミュニケーションズ
      • 15.アラクサラネットワークス

      ■通信キャリア

      •  対象企業(15社)
        • 1.NTT東日本
        • 2.NTT西日本
        • 3.NTTコミュニケーションズ
        • 4.NTTドコモ
        • 5.KDDI(UQコミュニケーションズを含む)
        • 7.ソフトバンク(Wireless City Planningを含む)
        • 9.北海道総合通信網
        • 10.東北インテリジェント通信
        • 11.中部テレコミュニケーション
        • 12.北陸通信ネットワーク
        • 13.オプテージ
        • 14.エネルギア・コミュニケーションズ
        • 15.STNet
        • 16.QTnet
        • 17.楽天モバイル

●目次

■分析編

  • 〈ネットワーク機器メーカー編〉
  • 1. ネットワーク機器市場の現状と今後の予想(2017~2023年度)
  •   – 仮想化の進展と5G対応 —
  •  1.1.レイヤ別品目別ネットワーク機器市場の予測
  •  1.2.通信キャリア別の購入実績と今後の予想
  •  1.3.メーカー各社の販売実績と今後の予想
  • 2.ネットワーク機器別市場予測とベンダシェア(2017~2023年度)
  •  2.1.EPC/5GC市場の予測とベンダシェア
  •  2.2.ルータ市場の予測とベンダシェア
  •  2.3.スイッチ市場の予測とベンダシェア
  •  2.4.光伝送装置市場の予測とベンダシェア
  •  2.5.基地局無線機市場の予測とベンダシェア

  • 〈通信キャリア編〉
  • 3. 通信市場の現状と今後の予想(2017~2023年度)
  •  3.1. 通信サービス市場の現状の分析
  •   ・通信キャリアの収益構造の変化
  •   ・急増するトラフィックに対して低減する収益
  •  3.2. 通信サービス市場の予想
  •   ・5Gが通信市場に与える影響
  • 4. 設備投資のネットワーク機器の現状と今後の予想(2017~2023年度)
  •  4.1.通信サービス事業収益とネットワーク機器の相関関係
  •  4.2.レイヤ別設備投資額とネットワーク機器市場の予想 
  •   ・仮想化と5Gが通信市場やネットワーク機器市場に与える影響

■ネットワーク機器メーカー編(個票)

  • 1.企業プロファイル
  •   1.1.企業概要
  •   1.2.売上高推移
  • 2.製品一覧
  • 3.レイヤ別のネットワーク機器の売上予測
  • 4.ネットワーク機器の売上予測
  • 5.通信事業者別ネットワーク機器売上(2018年度)
  • 6.関連事項

■通信キャリア編(個票)

  • 1.企業プロファイル
  •   1.1.企業概要
  •   1.2.売上高推移
  • 2.ネットワーク構成図と仮想化の進捗状況
  • 3.レイヤ別設備投資額予想(2017~2023年度)
  • 4.ネットワーク機器投資額予想(2017~2023年度)
  • 5.メーカー別ネットワーク機器別購入額(2018年度)
  • 6.関連事項

●図表目次

    • 図表1.通信キャリアの通信サービスの割合の予測
    • 図表2.モバイルデータトラフィックの予測
    • 図表3.1Gバイトあたりのトラフィック価格
    • 図表4.韓国における5Gサービス料金体系
    • 図表5.通信キャリアの売上高に占める設備投資の割合
    • 図表6.通信キャリア各社の設備投資額の予想
    • 図表7.レイヤ別設備投資学の予想
    • 図表8.レイヤ別品目別ネットワーク機器市場の予測
    • 図表9.通信キャリア別の購入実績と今後の予想
    • 図表10.メーカー各社の販売実績と今後の予想
    • 図表11.EPC/5GC市場の予測
    • 図表12.EPC/5G市場のベンダシェア推移
    • 図表13..ルータ市場の予測
    • 図表14.ルータ市場のベンダシェア推移
    • 図表15.スイッチ市場の予測
    • 図表16..スイッチ市場のベンダシェア推移
    • 図表17.光伝送装置市場の予測
    • 図表18.光伝送装置市場のベンダシェア推移
    • 図表17.基地局無線機市場の予測
    • 図表18.基地局無線機市場のベンダシェア推移
    • その他

▲ページトップへ