• TOP

  • Warning: Use of undefined constant is_single - assumed 'is_single' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mic-r/www/mic-r.co.jp/wp/wp-content/themes/mic/content.php on line 15
  • HW

5G基地局市場の予測とモバイルキャリア各社の戦略 2020年度版

5G基地局市場の予測とモバイルキャリア各社の戦略 2020年度版

~キャリア各社の基地局設置状況と5G基地局の展開予想~

【発 刊】
2020年11月6日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版180頁(ハードコピー版)  価格190,000円
  • [2]PDF版+ハードコピー版     価格230,000円
  • [3]CD-ROM版         価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格570,000円


  • 価格は消費税を含みません。
  • すべて現物での配送です。(PDF版をメールでお受け取りご希望のお客様は申し込みフォームの備考欄にその旨ご記載ください)
  • コピー製本資料はコピー厳禁。PDF版はコピー・編集厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封して配送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • 送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。



■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 齋藤(ミック経済研究所 電話番号:03-6821-3250)

● 発刊趣旨

5Gサービスは、2020年4月から各社から提供されている。しかし、そのサービスエリアは非常に狭く、4社の総設置局数は2020年度上半期で3,000局を超えたレベルに留まっている。遅れている原因は、エリアカバー向けとして期待していた新たな3.7GHz帯が衛星通信との干渉問題で、思うような展開ができないことだ。しかし、電波法の改正により4Gの帯域を5Gに容易に移行できるDSS技術の採用が可能となった。

それによって一部のキャリアは一挙に5Gエリアの拡大を図るとしている。さらに、各設置計画の前倒しによって、5Gサービスは急展開も予想される。そのトリガーとなるのがSA方式の登場による、低遅延、多接続など5Gのフルスペックでの新たなサービス提供である。

本レポートでは、2021年度以降本格展開する5G基地局の市場を予測する。5Gは3.5GHz、4.5GHz、28Hz と言った新規の帯域だけではなく、4Gの帯域の5G化の状況も調査・分析している。こうした帯域別の基地局予測に加えて、マクロセル、スモールセル、屋内局の基地局種別やエリア別の展開も予測し、キャリア各社の5G設備投資戦略を明らかにする。

● 資料のポイント

☑ トラフィック予測をベースに基地局予測モデルを構築

☑ 市場予測モデルによる5G市場を予測

☑ 各モバイルキャリアの設備投資の分析と2025年度までの予測

2019年度の通信キャリア4社の設備投資額は1兆6,187億円。2020年度の投資額は横ばいの見通しだが、5G投資が本格化する2021年度は1兆8,000億円を超える予想だ。

ただ、2022年度以降は設備投資額の大きな伸びは期待できない。新規帯域での5G展開よりDSS技術での4Gから5Gへの移行が加速し、5G投資を抑制する形となるためだ。

その結果、2025年度で設備投資額は、1兆8,000億円弱となり、うち4Gから5Gへの移行投資を含まない5G投資額は8,000億円弱と予測した。

● 調査内容と調査収録企業

■分析編

Ⅰ.キャリア各社の基地局設置状況とネットワーク戦略

  •  1)キャリア各社の帯域別・基地局種別設置状況

  •  2)キャリア各社の基地局種別構成(マクロセル、スモールセル、屋内局)

  •  3)キャリア各社のエリア別・帯域別・基地局種別設置状況(エリア:23区、政令市、中核市、その他)

Ⅱ.5G基地局市場の分析とその予測

  •  1)トラフィック予想(2019~2025年度)
    • (1)加入者数予測
    • (2)加入者1人当たりの月間トラフィック量の予測向
    • (3)各社の総トラフィック予測

  •  2)キャリア各社の設備投資の動向と予測(同上)
    • (1)基地局
    • (2)伝送ネットワーク
    • (3)コアネットワーク

  •  3)キャリア各社の帯域別基地局設置数予測(2019~2025年度)

  •  4)キャリア各社の帯域別基地局種類別基地局展開予測(2019~2025年度)
    • マクロセル、スモールセル、屋内局

  •  5)キャリア各社の5Gへの移行シナリオ
    • (1)4G帯域の5Gへの移行予測(2020~2025年度)
    • (2)5Gへの移行形態(NSAからSAへの移行)
    • (3)5Gサービスの展開予想
    •  ・コンシューマ向けサービス
    •  ・法人向けサービス
    • (4)6Gに向けた戦略と取り組み

  •  6)キャリア各社の導入無線機ベンダとシェア(2019年度)

  •  7)キャリア各社の導入5G無線機のスペックと特徴

● 調査収録企業

  • 通信キャリア(4社)
    • 1.NTTドコモ
    • 2.KDD
    • 3.ソフトバンク
    • 4.楽天モバイル

●図表目次

  • 図表1-1 帯域別・基地局種別設置数予測
  • 図表1-2 ドコモの帯域別・基地局種別設置数予測
  • 図表1-3 KDDIの帯域別・基地局種別設置数予測
  • 図表1-4 ソフトバンクの帯域別・基地局種別設置数予測
  • 図表1-5 楽天の帯域別・基地局種別設置数予測
  • 図表1-6 キャリア各社の基地局種別設置数予測
  • 図表1-7 キャリア各社のエリア別・帯域別・基地局種別設置数
  • 図表2-1 キャリア各社の加入者数予測
  • 図表2-2 キャリア各社のトラフィック予測
  • 図表2-3 キャリア各社の4G/5G別トラフィック収容力の推移
  • 図表2-4 4G/5G別に総トラフィック量の予測
  • 図表2-5 1人当たりの月間トラフィック量の予測
  • 図表2-6 キャリア各社の設備投資の動向と予測
  • 図表2-7 キャリア各社の帯域別基地局設置数予測
  • 図表2-8 キャリア各社の帯域別基地局種類別基地局数予測
  • 図表2-9 4G帯域の5Gへの移行予測
  • 図表2-10 ドコモの5Gの展開戦略
  • 図表2-14 KDDIの5Gの展開戦略
  • 図表2-15ソフトバンクの5Gの展開戦略
  • 図表2-16 楽天モバイルの5Gの展開戦略
  • 図表2-17 帯域別無線機ベンダシェア
  • 図表2-18 ドコモの帯域別無線機ベンダシェア
  • 図表2-19 KDDIの帯域別無線機ベンダシェア
  • 図表2-20 ソフトバンクの帯域別無線機ベンダシェア
  • 図表2-21 楽天の帯域別無線機ベンダシェア

●調査項目

各社の個票内容

  • 1.企業プロファイル

  • 2.売上高推移
    • 1)全売上高
    • 2)設備投資額

  • 3.加入者数とトラフィック量の予測(2019年度~2025年度)
    • 1)全体(加入者数
    • 2)月間総トラフィック量
    • 3)加入者1人当たりの月間トラフィック量

    • 4.基地局の展開状況と5G設備投資戦略

    • 5.レイヤ(コアネットワーク/RAN/共通設備等)別設備投資額(2019年度~2025年度)
      • 1)設備投資額予測
      • (1) RAN・コアネットワーク
      • (2)共通設備等
      • (3)固定通信設備投資、他
      • 2)RAN・コアネットワーク投資予測
      • (1) コアネットワーク
      • (2)3G/4G無線設備
      • (3) 4G無線設備
      • (4)付帯設備
      • (5)工事費

    • 6.基地局の設置数(2019年度~2025年度)
      • 1)帯域別基地局設置数予測
      • (1)3G(800MHz/900MHz/2GHz
      •  (2)4G((700MHz/800MHz/900MHz/1.5GHz/2GHz/2.5GHz/3.4GHz/3.5GHz)
      •  (3)5G(3.7GHz/4.5GHz/28GHz)
      • 2)基地局種(マクロセル/スモールセル/屋内局)別設置数予測
      • 3) 帯域別4Gから5Gへの移行予測(基地局ベース)

    • 7.基地局のベンダ別設置状況
      • 1)ベンダ別設置台数状況(2019年度)
      • 2)ベンダシェア(2019年度)

    • 8.5Gサービスの展開予想
      • 1)コンシューマ向けサービス
      • 2)法人向けサービス

    • 9.6Gに向けた戦略と取り組み

▲ページトップへ