NB-IoTをめぐるキャリア各社の戦略とサービス・インフラ市場の動向

NB-IoTをめぐるキャリア各社の戦略とサービス・インフラ市場の動向

~NB-IoTによって大きく変わるキャリアの戦略とサービス・インフラ市場~

【発 刊】
2017年5月10日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版150頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • 価格は消費税を含みません。
  • 本レポートの提供形態はCD-ROMのみです。(エクセルデータ(100シート)またはアクセス)
  • お申し込みいただいた際、CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • 送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 齋藤(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)まで

● 発刊趣旨

通信キャリア各社は、現在IoTサービスに向けて一斉に動き出している。通信キャリアが提供するIoTサービスの本命というべきNB-IoT(Narrow Band IoT)を含めた新規格のIoTサービスがいよいよ2017年夏から順次開始される予定だ。

本レポートでは今後登場するNB-IoTサービスが既存のLPWAサービスとどのような競合関係にあり、どのように市場を形成するかを予測した。同時に通信キャリア各社のIoT戦略を明らかにするとともにキャリア各社のネットワーク構成や設備投資額がNB-IoTサービスの拡大によってどのように変化するかを調査した。

■ 通信キャリア3社のIoTビジネスの現状分析と2020年度までの将来予測

■ 各通信方式のIoTサービスの回線数と市場規模を2020年度まで予測

■ IoTサービスに向けた通信キャリア各社の設備投資とネットワーク上の課題を調査

● 資料のポイント

2020年度までのライセンスバンドのIoTサービスの市場では、NB-IoT(LTE Cat.NB1)の回線数が3,260万回線弱と最も高い成長が予想される。

ただNB-IoTと競合すると見なされるアンライセンスバンドのLoRaWANとSIGFOXは合わせて3,800万回線弱との予想だ。また、Wi-SUNも5,000万回線に達すると見られる。

IoTの本命と目されるNB-IoTだが、通信キャリアにとって本当に重要な通信方式はCat.M1やCat.4といったハンドオーバー機能やスピードを要求されるサービスと言える。

● 調査対象・調査内容

■ 分析編

1.IoTに移行したM2M市場

  • 1.1.M2MとNB-IoTとの関係、および相違点

  • 1.2.IoT市場で台頭するLPWA

  • 1.3.高い通信キャリアの通信コスト

  • 1.4.通信コストが格段に安いLPWA

2.通信キャリアにおけるM2M/IoTビジネスの実態とその変遷

  • 2.1.通信キャリアにおけるM2M/IoTビジネスの実態

  • 2.2.M2M/IoTサプライチェーンの構造とその変遷

  • 2.3.M2M/IoTサプライチェーンの構造

  • 2.4.M2M/IoTサプライチェーンの変遷

  • 2.5.NB-IoTの現状とその特徴

  • 2.6.NB-IoTによる通信キャリアのビジネスの変化

3.方式別/分野別IoTサービスの市場規模と今後の予想

  • 3.1.IoT向け方式別回線数予測(~2020年度)

  • 3.2.全体市場動向

  • 3.3.無免許帯域の市場動向

  • 3.4.免許帯域の市場動向

4.主なLPWAの市場動向

  • 4.1.SIGFOX

  • 4.2.LoRaWAN

  • 4.3.Wi-SUN

  • 4.4.LPWAのサービスプロバイダーおよびベンダ

  • 4.4.1.ソラコム

  • 4.4.2.LoRaWANの各プレイヤーと取り組み状況

  • 4.4.3.LoRa対応通信モジュール

  • 4.4.4.京セラコミュニケーションシステム

5.ネットワークにおけるIoT対応の現状と問題点

  • 5.1.基地局の無線機のIoT対応状況

  • 5.2.コアネットワークの対応状況

6.現状のネットワーク構成と設備投資額

  • 6.1.NB-IoTの市場拡大とネットワーク設備への影響

  • 6.2.ネットワーク構成別の設備投資額の予想(~2019年度)

■ 通信キャリア編

1.プロファイル

2.M2M/IoT関連事業の売上高推移

3.IoTビジネスへの取り組み状況、アライアンス戦略

4.IoT関連の製品一覧

5.通信料金の一覧

6.ネットワーク設備の構成

7.設備投資の現状と今後の予想

8.ネットワークにおけるIoT対応の現状と問題点

  • 1)基地局の無線機のIoT対応状況
  • 2)NFVの取り組み状況

通信キャリア(3社)

  • ■NTTドコモ
  • ■KDDI(UQコミュニケーションズ含む)
  • ■ソフトバンク(WCP含む)

IoTオペレーター(2社)

  • ■ソラコム
  • ■京セラコミュニケーションシステム

● 調査内容抄録

▲ページトップへ