CRM実現のためのITソリューションマーケットの現状と展望(CTI/eCTI/DWH)2000

CRM実現のためのITソリューションマーケットの現状と展望(CTI/eCTI/DWH)2000

【発 刊】
2000年10月16日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版359頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]CD-ROM版 価格380,000円
  • [3]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 竹田(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

「マーケットシェアから顧客シェアへの転換」、この発想はドン・ペパーズとマーサ・ロジャースの共著『One to Oneマーケティング』で展開され、今や従来のマーケティングを根本から変えるマーケティング理論となっています。新規顧客に手間をかけるのであれば、現在既に顧客でいる人々に集中し売り上げを増やす方が賢明であるというこの理論は、顧客との関係性を見直し再構築することを説くCRMへと発展しました。このCRMを実現し支える重要なファクターとしてITソリューションが不可欠であることは言うまでも有りません。

弊社では昨年、このCRMを実現させる重要なファクターであるCTI市場をフォーカスした資料『CTIマーケットの現状と将来展望』を上梓しました。今回はこのCTIを核としながらも単に電話とコンピュータとの統合だけでなく、コミュニケーションメディアの統合まで視野に入れ顧客情報を取り込む窓口となるFrontOffice市場の動向と取り込んだ情報を一元的に蓄え、解析ツールを用いて情報を分析するDWHを中心としたDB Management市場の双方とを視野に入れた資料を企画しました。

● ポイント

●FrontOffice市場、1999年度144,945百万円、2004年度に62,500百万円に

●1999年度CTIは2000億円市場に、eCTI市場も368億円に拡大

●オフィスCTI市場、2004年度815億円に成長

●CTI市場におけるun-PBXは2004年度には22.6%にまで拡大

● 資料内容

第I章FrontOffice市場

第II章コールセンター&eCTI市場第1節市場推移

  • 第2節コールセンター市場におけるハード/ソフト/サービス構成比
  • 第3節コールセンター市場における販売チャネル別構成比
  • 第4節コールセンター市場における需要分野別構成比
  • 第5節コールセンター市場におけるユーザー規模別構成比
  • 第6節コールセンター市場におけるプラットフォーム別構成比
  • 第7節eCTI市場におけるハード/ソフト/サービス
  • 第8節eCTI市場における販売チャネル別構成比
  • 第9節eCTI市場における需要分野別構成比
  • 第10節eCTI市場ソリューション別構成比
  • 第11節ユーザー調査にみるコールセンター

第III章オフィスCTI市場

  • 第1節市場推移
  • 第2節オフィスCTI市場におけるハード/ソフト/サービス構成比
  • 第3節オフィスCTI市場における販売チャネル別構成比
  • 第4節オフィスCTI市場における需要分野別構成比
  • 第5節オフィスCTI市場におけるプラットフォーム別構成比

第IV章SOHO/パーソナル市場第1節市場推移

第V章DBManagement(DWH)市場

  • 第1節市場推移
  • 第2節DBManagement(DWH)市場におけるハード/ソフト/サービス
  • 第3節DBManagement(DWH)市場における需要分野別構成比

第VI章製品別動向

  • 第1節PBX/ACD市場
  • 第2節ボード市場
  • 第3節CRMパッケージ市場
  • 第4節ミドルウェア/開発ツール市場

● 掲載病院一覧

  • 1富士通
  • 2日本電気
  • 3伊藤忠テクノサイエンス
  • 4日本アバイア
  • 5ダイアロジックシステムズ
  • 6日本電気ビジネスシステム
  • 7日本シーベル
  • 8都築電気
  • 9日本ヒューレット・パッカード
  • 10川鉄情報システム
  • 11日通工
  • 12日本アスペクト・コミュニケーションズ
  • 13クラリファイ
  • 14イーグレックシステム
  • 15CSK
  • 16三井物産
  • 17MITシステム研究所
  • 18CRC総合研究所
  • 19ニチメンデータシステム
  • 20バーンジャパン
  • 21蝶理情報システム
  • 22トーメン情報システムズ
  • 23極東貿易
  • 24ピーエフユー
  • 25ロックウエル・インターナショナルジャパン
  • 26インターコム
  • 27日本アイ・ビー・エム
  • 28日本NCR
  • 29沖電気工業
  • 30アダムネット
  • 31日本ユニシス
  • 32日立製作所
  • 33ノーテルネットワークス
  • 34三菱電機
  • 35岩崎通信機
  • 36オムロンアルファテック
  • 37ジェネシスジャパン
  • 38イースト
  • 39レメディー
  • 40インフォコム
  • 41NTT-IT
  • 42NCLコミュニケーション
  • 43ナチュラルマイクロシステムズ
  • 44ベルウッド
  • 45日興通信
  • 46ソフトボート
  • 47アバール長崎
  • 48KDDI
  • 49日本ビジネスコンピュータ
  • 50NTTアドバンステクノロジ
  • 51産能コンサルティング
  • 52アキュラコーポレーション

▲ページトップへ