• TOP

  • Warning: Use of undefined constant is_single - assumed 'is_single' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mic-r/www/mic-r.co.jp/wp/wp-content/themes/mic/content.php on line 15
  • ITソ

~サイバネティック・アバター基盤としての~ビジネス向けxRソリューション市場の現状と展望2020年度版

~サイバネティック・アバター基盤としての~
ビジネス向けxRソリューション市場の現状と展望2020年度版

【発 刊】
2020年12月16日
【資料体裁・価格】

  • ● 特別価格は2020年12月22日の17時で終了しています。

  • ※ リモートワーク対応でPDF版強化。経過措置としてコピー製本版現状のまま。また、複数ユーザー(U)利用価格を追加。


  • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
  • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷・製本可。
  • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷・製本実施。(No.1とNo.3のハードコピー版は弊社で印刷・製本)。
  • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本しても可です。


■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

【問い合わせ先】担当: 上村(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)

● INTENTION(発刊の目的)

 xRの技術は今後の次世代コミュニケーションの基盤になると言われており、PC、スマートフォンに次ぐ第4のコンピューティングプラットフォームと考えられています。内閣府のムーンショット目標においても「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」とされており、実現のためのサイバネティック・アバター基盤としてxR技術の活用が期待されています。

 また直近のCOVID-19感染拡大時においても、人の移動が制限される中で、xRは最もFace to Faceに近いコミュニケーションとして大きく注目を集めており、バーチャル会議やバーチャル店舗、遠隔からの作業支援などその活用の幅を広げています。

 そこで今回は今急速に注目を集めつつあるVR/AR/MRを総称したxRの市場動向推移、利用業種・用途を明らかにし、xR市場参入ベンダー、参入検討ベンダー様事業化戦略、差別化戦略に資する情報の提供を果たせれば幸甚に存じます。

● POINT(資料のポイント)

●ビジネス向けxRソリューション市場は2020年度、YonY37.1%増の192億円、2023年度まで年平均成長率45.8%で推移すると予測

●xRソリューションを「VR」「AR/MR」別に集計分析

●主要ベンダー40社の事業実態を徹底調査、各社の強みや特徴を記述

●COVID-19の影響による各事業の最新動向を掲載

● CONTENTS(資料内容)

○調査要領

第Ⅰ章 ビジネス向けxRソリューションの定義と調査範囲

  •  第1節 調査の背景

  •  第2節 ビジネス向けxRソリューションの定義

  •  第3節 調査対象ベンダー一覧と参入業界・業種

第Ⅱ章 市場トレンド

  •  第1節 ビジネス向けxRソリューション市場の全体トレンド

  •  第2節 VRソリューション市場のトレンド

  •  第3節 AR/MRソリューション市場のトレンド

第Ⅲ章 ビジネス向けxRソリューションの内訳別売上構成

  •  第1節 ビジネス向けxRソリューションの内訳

  •  第2節 VRソリューションの内訳

  •  第3節 AR/MRソリューションの内訳

第Ⅳ章 ビジネス向けxRソリューションの顧客業種別動向

  •  第1節 ビジネス向けxRソリューションの顧客業種動向

  •  第2節 VRソリューションの顧客業種動向

  •  第3節 AR/MRソリューションの顧客業種動向

第Ⅴ章 ビジネス向けxRソリューションの用途別動向

  •  第1節 ビジネス向けxRソリューションの用途別動向

  •  第2節 VRソリューションの用途別動向

  •  第3節 AR/MRソリューションの用途別動向

  •  *1手術や運転などの専門技術のシミュレーションや研修の一環としてのXRコンテンツ
  •  *2開発中のプロトタイプを仮想空間上で再現したり、製造現場における装置のレイアウトシミュレーションなど
  •  *3開発検証以外の各種業務における業務支援
  •  *4モデルルームやショールームの再現
  •  *5娯楽施設等での体感アトラクションやイベントでの使用

第Ⅵ章 ビジネス向けxRソリューションの販売チャネル動向

  •  第1節 ビジネス向けxRソリューションの販売チャネル動向

  •  第2節 VRソリューション市場の販売チャネル動向

  •  第3節 AR/MRソリューションの販売チャネル動向

● 個票企業実態・掲載企業

第Ⅶ章 個別企業実態編(40社)

  • 1.AVRジャパン
  • 2.Facebook(Oculus)(簡易個票)
  • 3.HTC NIPPON
  • 4.NECソリューションイノベータ
  • 5.NTTドコモ
  • 6.OMOTO
  • 7.One Technology Japan
  • 8.Real Wear
  • 9.Symmetry Dimensions Inc.
  • 10.TIS
  • 11.VRジャパン
  • 12.Vuzix(簡易個票)
  • 13.アップフロンティア
  • 14.アルファコード
  • 15.インターピア
  • 16.NTTコミュニケーションズ
  • 17.NTTラーニング・システムズ
  • 18.ウエストユニティス(簡易個票)
  • 19.エプソン販売
  • 20.加藤文明社
  • 21.カディンチェ
  • 22.キヤノンITソリューションズ
  • 23.クリーク・アンド・リバー社
  • 24.コミュニケーション・プランニング
  • 25.サン電子
  • 26.写真化学
  • 27.シュナイダーエレクトリックホールディングス
  • 28.ジョリーグッド(簡易個票)
  • 29.スペースラボ
  • 30.スペースリー
  • 31.大日本印刷
  • 32.積木製作
  • 33.デジタルナレッジ
  • 34.ISID
  • 35.凸版印刷(簡易個票)
  • 36.ナーブ
  • 37.南国アールスタジオ
  • 38.日本HP
  • 39.NSW
  • 40.日本マイクロソフト
  • (ABC、五十音順)

●個票項目

  • ※調査年度は2019年度・2020年度・2021年度の3ヵ年
  • 1.会社概要
  • 2.ビジネス向けxRソリューションの業績推移
  • 3.ソリューション内訳(ハードウェア/ソフトウェア/サービス)
  • 4.業種別売上高(製造/金融/流通小売/サービス/公共公益)
  • 5.用途別売上高(教育研修/検証/作業支援/プロモーション支援/レジャー)
  • 6.販売チャネル動向(直接/代理店/OEM)
  • 7.人材リソース
  • 8.定性情報(現状と展望、販売戦略、強み・優位性、その他先端技術への取り組み)

▲ページトップへ