治験(CRO)&営業支援(CSO)アウトソーシング市場の現状と展望 2015年度版

治験(CRO)&営業支援(CSO)アウトソーシング市場の現状と展望 2015年度版
~CRO、CSOともに2極化と事業構造の変革が進展~

【発 刊】
2015年12月7日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版238頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 小林(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

弊社ではCRO(Contract Research Organization)、およびCSO(Contract Sales Organization)の両市場の現状と今後の展望を調査したマーケティング資料、『治験(CRO)&営業支援(CSO)アウトソーシング市場の現状と展望2015年度版』を2015年12月に発刊いたしました。

おかげ様でこの資料は、主要なCRO、CSOの事業者様を取材し市場規模や中期予測および各種観点からの 市場集計・分析を行い関係企業様から高いご評価を頂くことができました。

さて、近年医薬品を中心とする創薬、育薬分野におけるアウトソーシング市場は、事業構造の変革やグループ再編、更には外資の参入や活発なM&Aによる業界再編などの大きな地殻変動が続いております。

当該資料も前回の発刊から2年が経過し、関係企業様からもデータのアップデートと新たなる視点に基づく分析を要望される声が多く寄せられており、このたび資料のアップデート版の発刊をすることといたしました。

● 資料のポイント

●CRO主要16社の調査を基に2014年度実績のCRO総市場規模と2020年度までの中期予測を集計・分析

●さらに提携、統合など業界再編の動きが加速化するなかで、各社の事業戦略、人材戦略の詳細を徹底分析

●規模拡大による効率化を推進する大手CROと専門領域を強化・推進する特化型CROの二極化が進展

●CSO主要9社の調査を基に2014年度実績のCSO総市場規模と2020年度までの中期予測を集計・分析

●SoV(シェア・オブ・ボイス)モデルを代表とする伝統的営業アプローチからの変革に対応し始めた製薬企業に呼応して、統合・再編の動きが加速化するなか、CSO各社の事業戦略、サービス戦略、人材戦略の詳細を徹底分析

● 資料内容

第Ⅰ章 本資料の定義と調査範囲

  • 【CROの定義と調査範囲】 【CSOの定義と調査範囲】

第Ⅱ章 CRO(医薬品開発業務受託機関)市場

  • 第1節 市場トレンド(CRO市場)
    • 2013年度~2020年度までの現状分析と中期予測
  • 第2節 取扱領域別トレンド(CRO市場)
    • ローカルスタディ分 / グローバルスタディ分
  • 第3節 グローバルスタディ分/ローカルスタディ分構成比(医薬品領域CRO市場)
    • ローカルスタディ分 / グローバルスタディ分
  • 第4節 業務別トレンド(医薬品領域CRO市場)
    • ①モニタリング(CRA) / ②データマネジメント(DM) / ③統計・解析 / ④メディカルライティング / ⑤安全性情報管理業務 / ⑥症例登録業務 / ⑦その他(システム開発等)
  • 第5節 フェーズ別トレンド(医薬品領域CRO市場)
    • ①第Ⅰ相試験 / ②第Ⅱ相試験 / ③第Ⅲ相試験 / ④製造販売後(PMS) / ⑤臨床研究 / ⑥医師主導治験
  • 第6節 フェーズ別稼動プロトコール数(医薬品領域CRO市場)
  • 第7節 疾患領域別トレンド(医薬品領域CRO市場)
    • ①循環器系-高血圧・高脂血症 / ②循環器系-その他 / ③内分泌・代謝-糖尿病 / ④内分泌・代謝-その他 / ⑤呼吸器系 / ⑥消化器系 / ⑦皮膚科領域 / ⑧耳鼻咽喉科・眼科 / ⑨整形外科・リウマチ性 / ⑩中枢神経-精神科 / ⑪中枢神経-神経科 / ⑫中枢神経-疼痛など / ⑬腫瘍・癌・血液系 / ⑭免疫系 / ⑮感染症 / ⑯その他
  • 第8節 国内/海外売上高構成(医薬品領域CRO市場)
  • 第9節 調査企業の人員体制および生産性(医薬品領域CRO市場)
    • ※今回から安全性情報管理業務(PV)の要員数を追加しました。

第Ⅲ章 CSO(営業・マーケティング業務の受託機関)市場

  • 第1節 市場トレンド(CSO市場)
    • 2013年度~2020年度までの現状分析と中期予測
  • 第2節 取扱領域別トレンド(CSO市場)
    • 医薬品領域 / 医療機器領域 / 食品領域
  • 第3節 業務別トレンド(医薬品領域CSO市場)
    • MR業務(委託・派遣) / MR教育研修事業 / その他
  • 第4節 PMSモニタリング比率(医薬品領域CSO市場)
    • PMSモニタリング業務 / その他MR業務
  • 第5節 契約形態別トレンド(医薬品領域MR業務市場)
    • 委託契約 / 派遣契約
  • 第6節 顧客別トレンド(医薬品領域MR業務市場)
    • 内資系医薬品企業 / 外資系医薬品企業
  • 第7節 調査企業の顧客数推移(医薬品領域CSO市場)
  • 第8節 調査企業の人員構成(医薬品領域CSO市場)

● 個票企業実態・掲載企業

第Ⅳ章 個別企業実態編(CRO編16社、50音順)

(CRO編16社、50音順)
  • アスクレップ
  • イーピーエス
  • インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン
  • ACメディカル
  • エイツーヘルスケア
  • クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン
  • CACエクシケア
  • シミック
  • シミックPMS
  • 綜合臨床メデフィ
  • DOTインターナショナル
  • パレクセル・インターナショナル
  • ブラケット・グローバル
  • ベル・メディカルソリューションズ
  • マイクロン
  • リニカル
【調査項目】 ※調査対象期間は2013度~2015年度
  • 1.企業概要
  • 2.CRO/SMO/CSO売上高推移
  • 3.CRO取扱領域別売上高推移
  • 4.CRO売上高グローバルスタディ分構成比推移
  • 5.業務別売上高構成
  • 6.フェーズ別売上高構成比推移
  • 7.フェーズ別プロトコール数
  • 8.疾患領域別売上高構成比推移
  • 9.国内/海外売上高
  • 10.組織・人員体制
  • 11.その他

● 個票企業実態・掲載企業

第Ⅴ章 個別企業実態編(CSO編9社、50音順)

(CSO編9社、50音順)
  • IML
  • アプシェ
  • アポプラスステーション
  • EPファーマライン
  • インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン
  • クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン
  • グランツ
  • シミック・アッシュフィールド
  • リニカル
【調査項目】 ※調査対象期間は2013度~2015年度
    • 1.企業概要
    • 2.CRO/SMO/CSO売上高推移
    • 3.CSO取扱領域別売上高推移
    • 4.CSO売上高の業務別構成比推移
    • 5.MR業務の契約形態別構成
    • 6.MR業務の顧客別(内資系/外資系)売上構成
    • 7.顧客数(内資系/外資系)の推移
    • 8.MR業務の売上総利益率推移
    • 9.組織・人員体制
    • 10.人員のスキルおよび教育体制
    • 11.その他

▲ページトップへ