• TOP

  • Warning: Use of undefined constant is_single - assumed 'is_single' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mic-r/www/mic-r.co.jp/wp/wp-content/themes/mic/content.php on line 15
  • BPO

治験&営業支援(CSO)アウトソーシング市場の現状と展望 2013年度版 Ⅰ.CRO&CSO編

治験&営業支援(CSO)アウトソーシング市場の現状と展望 2013年度版 (Ⅰ.CRO&CSO編)

前回より2分冊となりました!

【発 刊】
2013年3月18日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版250頁(ハードコピー版) 価格160,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格 194,000円
  • [3]CD-ROM版 価格320,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格456,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 竹田(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

弊社ではCRO(Contract Research Organization)、SMO(Site Management Organization)、 およびCSO(Contract Sales Organization)の3市場の現状と今後の展望をを調査したマーケティング資料の 第3版となる『治験(CRO/SMO)&営業支援(CSO)アウトソーシング市場の現状と展望2012年度版』を昨年3月に発刊いたしました。

おかげ様でこの資料は、主要なCRO、SMO、CSOの事業者様を取材し市場規模や中期予測および各種観点からの 市場集計・分析を行い関係企業様から高いご評価を頂くことができました。

さて、昨今医薬品を中心とする創薬、育薬分野におけるアウトソーシング市場は、 活発なM&Aによる業界再編とグループ化、更にはグローバル化や外資の参入など大きな変化を見せ始めております。

当該資料も発刊から1年が経過し、関係企業様からもデータのアップデートと新たなる視点に基づく 分析を要望される声が多く寄せられており、このたび資料のアップデート版の発刊をすることといたしました。

また前回資料より、CROとSMOをそれぞれ別の資料として編集し、それぞれにCSO市場を加えたものを それぞれ『Ⅰ.CRO/CSO編』と『Ⅱ.SMO/CSO編』の分冊形式として発刊しており、必要な部分を適正な価格で ピンポイントに入手していただけるようになりました

● 資料のポイント

● 資料内容

第Ⅰ章 本資料の定義と調査範囲

  • 【CROの定義と調査範囲】
  • 【CSOの定義と調査範囲】

第Ⅱ章 CRO(医薬品開発業務受託機関)市場

  • 1節 市場トレンド(CRO市場)
    • 2011年度~2016年度までの現状分析と中期予測

  • 2節 取扱領域別トレンド(CRO市場)
    • ① 医薬品領域
    • ② 医療機器領域
    • ③ 食品領域

  • 3節 グローバルスタディ分/ローカルスタディ分構成比(医薬品領域CRO市場) ※今回はじめての調査です

  • 4節 業務別トレンド(医薬品領域CRO市場) ※症例登録業務の項目を追加しました。
    • ① モニタリング(CRA)
    • ② データマネジメント(DM)
    • ③ 統計・解析
    • ④ メディカルライティング
    • ⑤ 安全性情報管理業務
    • ⑥ 症例登録業務
    • ⑦ その他(システム開発等)

  • 5節 フェーズ別トレンド(医薬品領域CRO市場)
    • ① 第Ⅰ相試験
    • ② 第Ⅱ相試験
    • ③ 第Ⅲ相試験
    • ④ 製造販売後(PMS)
    • ⑤ 大規模臨床研究
    • ⑥ 医師主導治験

  • 6節 フェーズ別稼動プロトコール数(医薬品領域CRO市場)

  • 7節 取扱症例別トレンド(医薬品領域CRO市場)
    • ① 内科・小児科
    • ② 循環器官用薬
    • ③ 呼吸器官用薬
    • ④ 消化器官用薬
    • ⑤ 汾尿器生殖器・肛門用薬
    • ⑥ 耳鼻科・眼科・鎮暈剤
    • ⑦ 皮膚科用薬
    • ⑧ 精神科
    • ⑨ 脳神経・神経・神経内科
    • ⑩ 婦人科
    • ⑪ 人工透析用薬
    • ⑫ 内分泌/代謝-高血圧・高脂血症
    • ⑬ 内分泌/代謝-糖尿病
    • ⑭ 内分泌/代謝-その他
    • ⑮ 腫瘍/癌・抗癌剤
    • ⑯ アレルギー用薬
    • ⑰ 感染症
    • ⑱ その他

  • 8節 国内/海外売上高構成(医薬品領域CRO市場)

  • 9節 調査企業の営業利益率推移(医薬品領域CRO市場)

第Ⅲ章 CSO(営業・マーケティング業務の受託機関)市場

  • 1節 市場トレンド(CSO市場)
    • 2011年度~2016年度までの現状分析と中期予測

  • 2節 取扱領域別トレンド(CSO市場)
    • ① 医薬品領域
    • ② 医療機器領域
    • ③ 食品領域

  • 3節 業務別トレンド(医薬品領域CSO市場)
    • ① MR業務(委託・派遣)
    • ② MR教育研修事業
    • ③ その他

  • 4節 MR業務売上に占める製造販売後分野ウエイト(医薬品領域CSO市場)

  • 5節 契約形態別トレンド(医薬品領域MR業務市場)
    • ① 委託契約
    • ② 派遣契約

  • 5節 顧客別トレンド(医薬品領域MR業務市場)
    • ① 内資継医薬品企業
    • ② 外資系医薬品企業

  • 6節 調査企業の顧客数推移(医薬品領域CSO市場)

  • 7節 調査企業の人員構成(医薬品領域CSO市場)

● 個票企業実態・掲載企業・個票内容

第Ⅳ章 個別企業実態編(CRO編16社、50音順)

  • ACRONET
  • DOTインターナショナル
  • アスクレップ
  • イーピーエス
  • インテリム
  • クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン
  • クリオサイエンス
  • コグニザントジャパン
  • シーポック
  • シミック
  • データファルマ
  • パレクセル・インターナショナル
  • ベル・メディカルソリューションズ
  • マイクロン
  • メディサイエンスプラニング
  • リニカル

第Ⅴ章 個別企業実態編(CSO編9社、50音順)

  • IML
  • アプシェ
  • アポプラスステーション
  • インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン
  • クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン
  • シミックエムピーエスエス
  • ファーマネットワーク
  • メディサイエンスプランニング
  • リニカル

▲ページトップへ