BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場 2013年度版

BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場 2013年版

~・ビッグデータの10用途、11業種の市場規模を算出・ ~

【発 刊】
2013年6月7日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版400頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • 価格は消費税を含みません。
  • コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • 送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 平山(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 資料のポイント

成長市場を徹底調査

■市場規模の正確な算出、トレンドの正確な把握

-2020年度までの中期予測を掲載

・主要企業38社を調査し、うち売上の大きい29社のビッグデータ売上高を積み上げて、国内のBI・BA・ビッグデータ ソリューション市場規模を算出。

・同様に各種調査項目(ハードウェア・ソフトウェア・サービス別、業種別、データ種別、BtoB/BtoC別)の市場金額を正確に推定。

・調査項目ごとに参入企業の2011~2013年度の売上にまでドリルダウンが可能。

■2013年度1137億

-期間平均成長11.2%

・2013年度のBI・BA・ビッグデータ ソリューション市場規模は1,137億円へ。2012年度から11.0%増で、ITベンダーが期待を寄せる成長市場である。ハード、ソフト、サービス比率は、14.9%、35.9%、49.2%。

■マーケティング部門予算獲得への取り組みが増加

-ユーザ企業のIT予算は横ばい。ベンダーは新たな予算源を模索。

・景気回復によるユーザ企業のIT予算の回復はまだ見られず、当面は横ばいトレンドが続く。外資系ITベンダーではすでに、ユーザ企業のマーケティング予算獲得の動きが本格化しており、日系ITベンダーもこれに追随。

■非構造化データ向けビジネスが拡大

-SNSデータ、WEBデータを取り扱うサービスが拡大

・構造化データ、非構造化データ、KVS型データ、複合型データの市場規模をそれぞれ算出。クチコミデータなどを扱う非構造化データ向けビジネスが急拡大。大手ITベンダーは、既存の構造化データと組み合わせての複合型データソリューションへの取り組みを強化。

● 資料内容

■■■■■ 集計・分析編 ■■■■■

第1章 定義と資料の構成

第2章 BI・BA&ビッグデータソリューションの市場規模と成長性(2011年度~2020年度)

  • 第1節 BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場規模

  • 第2節 BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場規模(ソフト、サービス、ハード)

  • 第3節 BI・BA&ビッグデータのソフトウェア市場

  • 第4節 BI・BA&ビッグデータのサービス市場

  • 第5節 調査対象企業のBI・BA&ビッグデータ売上高

第3章 BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場におけるハード/ソフト/サービス市場

  • 第1節  BI・BA・ビッグデータ関連ソフトウェア市場

  • 第2節  BI・BA・ビッグデータ関連サービス市場
    • 第1項 BI・BA導入コンサル
    • 第2項 システム導入コンサル
    • 第3項 システム導入SEサービス
    • 第4項 分析支援サービス
    • 第5項 分析受託サービス(BPO)
    • 第6項 データ提供サービス
    • 第7項 データ保存・管理

  • 第3節  BI・BA・ビッグデータ関連ハードウェア市場

第4章 BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場における用途別動向

  • ※ビッグデータ予算は、情報システム部門以外の予算から捻出されることが想定される。そのため、本調査では「予算の出どころ」を意識した「用途別」の調査項目としている。

  • 第1節  用途別市場動向

  • 第2節  R&D(文教含む)

  • 第3節  商品開発・サービス開発

  • 第4節  プロダクト販促・マーケティング

  • 第5節  経営分析

  • 第6節  顧客分析

  • 第7節  コスト削減

  • 第8節  産業機器・設備(予防保守、保全など)

  • 第9節  文教(研究除く)

  • 第10節  社会インフラ用途

  • 第11節  その他 

第5章 BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場における業種別動向

  • 第1節  業種別市場動向
    • 第1項  BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場の業種別市場規模
    • 第2項  ソフトウェア・サービス・ハードウェア別の業種別構成比

  • 第2節  各業種の動向
    • ・製造業
    • ・金融業(銀行、証券・保険)
    • ・流通業(小売、その他流通)
    • ・サービス業(サービス業、IT・ネット系、SNS・モバイルゲーム系)
    • ・公益 (通信キャリア、電気・ガス・水道)
    • ・公共

第6章 BI・BA&ビッグデータ ソリューション市場における顧客企業タイプ別の動向

  • 第1節  BtoB企業向け、BtoC企業向けの動向

第7章 BI・BA&ビッグデータ ソリューション データ種別

  • 第1節  データ種別の動向(構造化データ/非構造化データ/KVS型データ/複合型データ)

第8章 個別企業実態編(38社)

● 調査項目

  • 【調査項目①】 – 提供形態別 –
    • ・パッケージソフトウェア
    •        

    • ・分析支援サービス
    • ・クラウド型サービス
    •         

    • ・分析受託ービス(BPO)
    • ・BI・BA・ビッグデータ導入コンサル
    •  

    • ・データ提供サービス
    • ・システム導入コンサル  
    •       

    • ・データ保存・管理
    • ・システム導入SEサービス  
    •      

    • ・ハードウェア、統合システム

  • 【調査項目②】 – 用途別 –
    • ・R&D(文教含む)
    • ・コスト削減
    • ・商品開発・サービス開発 
    •     

    • ・産業機器用途(予防保守など)
    • ・プロダクト販促・マーケティング   
    •   

    • ・文教(研究除く)
    • ・経営分析     
    •         

    • ・社会インフラ用途
    • ・顧客管理    
    •           

    • ・その他

  • 【調査項目③】 – 業種別 –
    • 製造業、銀行、証券・保険、小売業、流通業、サービス、IT・ネット系、SNS・モバイルゲーム、通信キャリア、電力・ガス・水道、公共

  • 【調査項目④】 – 顧客企業ビジネスモデル別 –
    • BtoB企業向け、BtoC企業向け

  • 【調査項目⑤】 -データ種別 –
    • 構造化データ、非構造化データ、KVS型、複合型

  • 【調査項目⑥】 -定性情報 –
    • ・強み、今後の戦略、差別化要素など

● 調査収録企業

調査収録企業38社一覧(50音順)
  • 富士通
  • 日本電気
  • 日本アイ・ビー・エム
  • 日立製作所
  • NTTデータ
  • 野村総合研究所
  • 日本HP
  • アクセンチュア
  • 日立ソリューションズ
  • 日立システムズ
  • 三菱電機インフォメーション・テクノロジー
  • 東芝ソリューション
  • 日本情報通信
  • 日本サード・パーティ
  • インテック
  • インターネットイニシアティブ
  • シャープビジネスソリューション
  • CAC
  • ウイングアーク
  • プラスアルファ・コンサルティング
  • ブレインパッド
  • ナビプラス
  • シルバーエッグ・テクノロジー
  • ゼロスタート
  • チームラボ
  • ALBERT
  • システムズ・デザイン
  • アーテックスラボラトリー
  • ホットリンク
  • ※以下は、簡易個票で掲載
  • 三菱総合研究所
  • SOL
  • CTC
  • SCSK
  • JBCCホールディングス
  • 東京日産コンピュータシステム
  • トランス・コスモス
  • NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション
  • データセクション

▲ページトップへ