• TOP

  • Warning: Use of undefined constant is_single - assumed 'is_single' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mic-r/www/mic-r.co.jp/wp/wp-content/themes/mic/content.php on line 15
  • ITソ

仮想化技術を要件に進展するクラウドコンピューティング市場2010年版

仮想化技術を要件に進展するクラウドコンピューティング市場2010年版

【発 刊】
2010年2月25日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版413頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 阿部(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

クラウドコンピューティングは、ITリソースの所有から利用と効率化を進める上で欠かすことのできない技術である。本資料では、クラウドコンピューティング市場を調査し、市場規模とトレンドの集計・分析を行うことで、業界各位のマーケティング活動に資することを発刊の目的としている。

● 本資料の定義

本資料では、コンピュータ処理をネットワーク経由で提供するものの内、下記の要件を満たしているものをクラウドコンピューティングと定義づけている。なお、所有権の観点から、IT資産がユーザーの資産であるものを「プライベートクラウド」、サービス提供ベンダの資産であるものを「パブリッククラウド(SaaS、PaaS、IaaS)」としている。

①仮想化技術により、リソースを共有化

②インターネット技術を活用

③オープンアーキテクチャ

④BtoB

● 資料のポイント

<クラウドコンピューティング市場 中期予測>

■2009年度1,900億円市場→2012年4,500億円市場

・プライベートクラウドとパブリッククラウドを合わせたクラウドコンピューティング市場は、平均成長率32.4%で推移(2009~2012年度)。約3年で市場は倍以上になる見込。現状はプライベートクラウドが約7割の売上規模を占める。

■プライベート型、パブリック型別に詳細調査を実施

・プライベートクラウド、パブリッククラウド別にカテゴリ別、用途別、業種別、従業員規模別の詳細調査、集計を実施。

■市場参入企業41社の調査個票を収録

・ハードベンダから、SI企業、データセンター事業者まで、国内クラウド市場の主要プレーヤー41社を徹底調査。クラウド関連売上高から今後の戦略までを掲載。

● 資料内容

第1章 本資料の定義と調査範囲

第2章 クラウドコンピューティング市場動向(調査期間は2008年度~2014年度)

  • 第1節 クラウドコンピューティング総市場規模/中期予測

  • 第2節 プライベートクラウド市場規模/中期予測

  • 第3節 パブリッククラウド市場規模/中期予測

  • 第4節 ユーザー企業の購入タイミング・動機

  • 第5節 国内クラウド市場におけるベンダが捉える成長阻害要因

第3章 カテゴリ別クラウドコンピューティング市場動向(調査期間は2008年度~2014年度)

  • 第1節 カテゴリ別プライベートクラウド市場規模/中期予測
    • カテゴリ4区分: ①クラウド基盤ハードウェア、②クラウド基盤ミドルウェア
    • クラウド基盤サービス(③構築・移行、④保守・運用)

  • 第2節 カテゴリ別パブリッククラウド市場規模/中期予測
    • カテゴリ4区分: ⑤SaaS(クラウド型)、⑥PaaS、⑦IaaS、⑧パブリッククラウド付随サービス

  • <本調査におけるクラウドコンピューティング構成>

第4章 用途別クラウドコンピューティング市場動向(調査期間は2008年度~2010年度)

  • 用途7区分: ①基幹系、②業務特化系、③情報系、④Web系、⑤開発環境系、⑥バックアップ・DR系、⑦計算・その他

  • 第1節 用途別クラウドコンピューティング総市場推移

  • 第2節 用途別プライベートクラウド市場推移

  • 第3節 用途別パブリッククラウド市場推移

第5章 業種別クラウドコンピューティング市場動向(調査期間は2008年度~2010年度)

  • 業種6区分: ①製造業、②金融業、③流通業、④サービス業、⑤IT・ネット企業、⑥公共・公益・文教

  • 第1節 業種別クラウドコンピューティング総市場推移

  • 第2節 業種別プライベートクラウド市場推移

  • 第3節 業種別パブリッククラウド市場推移

第6章 従業員規模別クラウドコンピューティング市場動向(調査期間は2008年度~2010年度)

  • 従業員規模3区分: ①大企業(1000名以上)、②中堅企業(300名以上)、③中小企業(300名未満)

  • 第1節 従業員規模別クラウドコンピューティング総市場推移

  • 第2節 従業員規模別プライベートクラウド市場推移

  • 第3節 従業員規模別パブリッククラウド市場推移

第7章 個別企業実態編

● 調査項目・図表目次

  • 1.企業概要
  • ・企業名、代表者名、所在地、電話番号、資本金、設立年月、決算月、企業URL
  • 2.総売上高に占めるクラウド関連売上高構成
  • ・タイプ別クラウド関連売上高(プライベートクラウド売上高、パブリッククラウド売上高)、その他売上高
  • 3. クラウド関連売上高構成
  • ・プライベートクラウド売上高
  • ①クラウド基盤ハードウェア、②クラウド基盤ミドルウェア、クラウド基盤サービス(③構築・移行、④保守・運用)
  • ・パブリッククラウド売上高
  • ⑤SaaS(クラウド型)、⑥PaaS、⑦IaaS、⑧パブリッククラウド付随サービス
  • 4.用途別クラウド関連売上高構成 (用途別×タイプ別)
  • 5.業種別クラウド関連売上高構成 (業種別×タイプ別)
  • 6.従業員規模別クラウド関連売上高構成 (従業員規模別×タイプ別)
  • 7.事業戦略
  • ・主要システム構成(アプリケーション、ミドルウェア、OS、仮想化ソフト、サーバ、ストレージ)
  • ・営業戦略(直接販売、間接販売、他社クラウド活用サービス提供)
  • ・主要パブリッククラウドサービスの契約形態
  • ①導入リードタイム(~1週間、~2週間、~1ヶ月、1ヶ月~)
  • ②最低契約期間(日単位、月単位、年単位)
  • ③課金基準期間(時間単位、日単位、月単位、年単位)
  • ④従量課金採用の有無
  • ・ユーザー企業のクラウドシステム購入タイミング・動機
  • ・国内クラウド市場におけるベンダーが捉えるクラウドビジネスの成長阻害要因
  • ・クラウドビジネスにおける強み、今後の展望、その他

● 調査企業41社一覧

  • 1. ITコア
  • 2. JBCCホールディングス(JBグループ)
  • 3. KDDIウェブコミュニケーションズ
  • 4. NECソフト
  • 5. NECビッグローブ
  • 6. ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン
  • 7. エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ
  • 8. エヌ・ティ・ティ・データ
  • 9. カテナ
  • 10. サイオステクノロジー
  • 11. スカイアーチネットワークス
  • 12. セールスフォース・ドットコム
  • 13. ソフトバンク・テクノロジー
  • 14. 日本アイ・ビー・エム
  • 15. 日本オラクル
  • 16. 日本情報通信
  • 17. 日本電気
  • 18. 日本ユニシス
  • 19. ネットスイート
  • 20. ハートビーツ
  • 21. 日立システムアンドサービス
  • 22. 日立情報システムズ
  • 23. 日立製作所
  • 24. 日立ソフトウェアエンジニアリング
  • 25. ビットアイル
  • 26. 富士ソフト
  • 27. 富士通
  • 28. ブロードバンドタワー
  • 29. ベイテックシステムズ
  • 30. 学びing
  • 31. 三井情報
  • 32. リコー
  • 33. リッテル
  • 34. リンク
  • ※以下、簡易個票
  • 35. KDDI
  • 36. インターネットイニシアティブ
  • 37. インフォコム
  • 38. 京セラコミュニケーションシステム
  • 39. ソフトバンクテレコム
  • 40. 電通国際情報サービス
  • 41. 東芝ソリューション

▲ページトップへ