~コロナ禍が追い風でクラウド進撃~ITアウトソーシング市場展望 2021年度版

~コロナ禍が追い風でクラウド進撃~
ITアウトソーシング市場展望 2021年度版

【発 刊】
2021年11月25日
【資料体裁・価格】● 特別価格は2021年10月29日(金)の17時で終了しています。


  • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
  • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷・製本可。
  • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷・製本実施。(No.1とNo.3のハードコピー版は弊社で印刷・製本)。
  • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本しても可です。
  • 注5)コンサルティングファーム、シンクタンク及びライブラリー(図書室)様は複数U(ユーザー)利用のみ購入可とさせていただきます。1U(ユーザー)利用の購入は不可です。詳細はこちら


■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

【問い合わせ先】担当: 三好(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)

● 発刊の目的

 国内ITアウトソーシング市場は、IaaSをはじめとするクラウドの急激な成長とデータセンタアウトソーシングの堅調な伸びによって2020年度は7.2%増の4兆6,300億円、2021年度は8.5%増の4兆9,924億円となる見込み。更に2027年度はCAGR7.7%の7兆7,890億円と予測。

 また、個別企業シェア分析を実施する。ユーザ企業は、ITアウトソーシングにおいて従来のハウジング・ホスティングからクラウド(IaaSやPaaS)に移行している。それらの動向に加え、前回の調査以降の大きな社会変化である『働き方改革』『世界的パンデミック COVID-19』の影響にも触れている。

 以上の各種定量/定性情報をまとめることで、顧客企業の戦略立案のための資料とした。

● 資料のポイント

● 国内ITアウトソーシング市場は、IaaSをはじめとするクラウドの急激な成長とデータセンタアウトソーシングの堅調な伸びによって2020年度は9.2%増の4兆8,830億円、2021年度は12.3%増の5兆4,820億円超となる見込み。更に2027年度はCAGR8.9%の8兆8,890億円と予測。

● ITアウトソーシングの主要ベンダ、関連企業42社を徹底調査。

● 2019~2021年度の3ヵ年のサービスカテゴリー別市場動向とメーカーシェア 及び ユーザー業種別/ユーザー企業規模別市場動向。

● IaaS/PaaSは、外資ベンダが日系ベンダの市場に食い込んでいる。一方、日系ベンダはパートナーシップによりアウトソーシングのサービスメニューに外資ベンダのIaaS/PaaSを組み込むなど競合から共存へ。

● 調査内容

Ⅰ.分析編(市場動向)

第1章 ITアウトソーシングサービス分野/定義

第2章 ITアウトソーシング市場規模の中期予測

第3章 ITアウトソーシング市場 サービス別市場動向

  •  ①ネットワーク&デスクトップサービス

  •  ②データセンタアウトソーシング(ハウジング・ホスティング)

  •  ③SaaS・ASP

  •  ④PaaS

  •  ⑤IaaS(エンタープライズ型・ベーシック型)

  •  ⑥DaaS(エンタープライズ型・ベーシック型)

  •  ⑦共同利用型

  •  ⑧アプリケーションアウトソーシング

第4章 ITアウトソーシング市場 ユーザ業種別動向

  •  第1節 ITアウトソーシング市場の業種別動向
  •  ①製造業/②金融業/③流通・サービス業/④IT・ネット企業/
  •  ⑤公益/⑥公共・その他

  •  第2節 データセンタアウトソーシング市場の業種別動向

  •  第3節 SaaS・ASP市場の業種別動向

  •  第4節 PaaS市場の業種別動向

  •  第5節 IaaS市場の業種別動向

第5章 ITアウトソーシング市場 顧客企業従業員規模別の動向

  •  ①大企業(1,000名以上)/②中堅企業(300~1,000名)/③中小企業(300名未満)
  • 第6章 データセンタアウトソーシング市場分析

    •  ①運用契約レベル別/②プラットフォーム別/③利用者別
    • 第7章 ハウジング・ホスティング・PaaS・IaaSのビジネス動向

      第8章 働き方改革、コロナの影響

      第9章 今後の方向性 提言(ターゲット、競合対策、パートナー戦略、提起)

● 個票企業実態・掲載企業

Ⅱ.個別企業実態編(37社)

  • 【総合ITベンダー】
  • 日本IBM
  • 富士通
  • 日立製作所
  • 日本電気
  • 日本ユニシス
  • 【SI企業】
  • NTTデータ
  • SCSK
  • キヤノンITソリューションズ
  • TIS
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 富士通エフサス
  • インテック
  • NECネクサソリューションズ
  • 丸紅情報システムズ
  • ISID-AO
  • 日立ソリューションズ
  • クオリカ
  • JSOL
  • 【保守ベンダ】
  • ユニアデックス
  • NECフィールディング
  • 日立システムズ
  • OKIクロステック
  • 【データセンタ事業者】
  • IDCフロンティア
  • さくらインターネット
  • ブロードバンドタワー
  • リンク
  • エクイニクス・ジャパン
  • 【SaaS・PaaS専業】
  • セールスフォース・ドットコム
  • amazon
  • サイボウズ
  • 日本マイクロソフト
  • 【通信キャリア、ISP】
  • NTTコミュニケーションズ
  • KDDI
  • 東日本電信電話
  • ソフトバンクテレコム
  • 西日本電信電話
  • ビッグローブ

● 個票調査項目

  • 1.企業概要
  • 2.業績推移(2019年度実績~2021年度見込)
  • ・ハードウェア、ソフトウェア、ITサービス関連売上高
  • 3.ITサービス売上高構成(コンサルティング、開発サービス、保守・運用サービス、ITアウトソーシングサービス)
  • 4.ITアウトソーシング・サービス売上高構成
  • (1)ネットワーク&デスクトップサービス
  • ①ヘルプデスク ②マネージドサービス
  • (2)データセンタアウトソーシング
  • ①メインフレーム系ハウジング ②オープン系ハウジング ③メインフレーム系ホスティング ④オープン系ホスティング
  • (3)SaaS・ASP(パブリック型、プライベート型)
  • (4)PaaS(パブリック型、プライベート型)
  • (5)IaaS(パブリック型、プライベート型)
  • (6)DaaS(パブリック型、プライベート型)
  • (7)アプリケーションアウトソーシング
  • ①アプリケーション・ポートフォリオ(評価・診断) ②アプリケーション・マネジメント(ライフサイクル管理)
  •  

  • 5.利用者別売上高構成(ITアウトソーシング)
  • ①エンドユーザー向け  ②業者(DC in DC、SaaS、SI)向け
  • 6.企業規模別売上高構成(ITアウトソーシング)
  • ①大企業(1000人以上) ②中堅企業(300~1000人未満) ③中小企業(300人未満)
  • 7.業種別売上高構成(ITアウトソーシング)
  •  ①製造業 ②金融業 ③流通・サービス業 ④IT・ネット系
  •  ⑤公益 ⑥公共・その他 ⑦業者(DC in DC、SaaS、SI)向け
  • 同様に、以下の市場についても7業種別売上規模を調査
  • (1)データセンタアウトソーシング (2)SaaS・ASP (3)PaaS (4)IaaS
  • 8.データセンタアウトソーシング売上高構成
  • (1)運用レベル別
  • ①マネージドサービス無し(スペース貸し)契約 ②HW運用契約
  • ③HW・OS・ミドルウェア運用契約 ④HW・OS・ミドルウェア・アプリ運用契約
  • (2)利用者別
  • ①エンドユーザ企業向け ②業者(DC in DC、SaaS、SI)向け
  • (3)プラットホーム別
  • ①メインフレーム系 ②オープン系
  • 9.クラウド用途別売上(一部掲載のない企業あり)
  • 10.オープン系データセンタ(ハウジング&ホスティング)売上高の地域別構成
  • 地域の比重、シフト、海外DC戦略、利用しているデータセンタ事業者
  • 11.データセンタ拠点(自社拠点)
  • 国内拠点(拠点数、国内総床面積)、海外拠点(拠点数、海外総床面積)
  • 国内地域別拠点内訳(①東京、②他首都圏、③西日本、④中部、⑤その他)
  • 12.定性情報
  • ①ITアウトソーシングサービス動向
  •  サービス別売上動向、業種別動向、企業規模別動向
  • ②ビジネス戦略
  • ・営業戦略
  •  クラウド(SaaS、PaaS、IaaS)、データセンタ、
  •  その他(NW&デスクトップ、アプリケーションアウトソーシング)
  • ・差別化要素(強み、高付加価値化、運用改善提案・コンサル)
  •  強み、高付加価値化への取り組み、自社ユーザー企業のリプレイス支援策への取り組み
  •  他社インフラ・プラットフォームサービスからの切り替え支援策への取り組み
  •  新たなパートナーリレーションチップの構築(SaaSベンダ、SI事業者との連携)
  • ③インフラ・プラットフォームの用途動向
  •  2020年度に獲得した案件の契約前利用状況、インフラ・プラットフォームの用途動向
  • ④顧客事例
  • ⑤海外への取り組み
  • ⑥その他(コロナ禍・働き方改革の影響、外資ベンダとの競合・パートナーシップ、今後の方針 等)

▲ページトップへ