ITサービス市場の実態と展望2005年度版

ITサービス市場の実態と展望2005年度版

98年度からスタートして第5版目!!!

【発 刊】
2005年7月13日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版593頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]CD-ROM版 価格380,000円
  • [3]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 樋口(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 資料のポイント

◆ITサービスベンダー60社を調査・分析。個票掲載はハードメーカー6社、メーカー系サービスプロバイダー5社、システムインテグレータ43社の合計54社。

◆情報サービス市場を15分野、13セグメントにわたり、市場規模、競争優位性、シェアなど詳細に分析。さらに2008年度までの市場規模・成長性を中期予測。

◆伸び悩むハード保守と加速するソフト保守市場に分け、市場動向・シェアを分析。

◆システム開発サービスを①システムインテグレーション型:支援・受託型、②パッケージソリューション型:開発中心型、③プライマリー:セカンダリ別に市場動向を分析。ITサービスベンダーの組込みソフトウェアへの取組みも掲載。

◆アウトソーシングサービスを5セグメントに分け市場規模、シェア推移、ベンダー動向を徹底分析。

◆顧客業種別市場を6業種に分け市場展望・シェアを分析。

● マーケットメッセージ

◆国内情報サービス市場は2004年度は横ばいで推移したが、2005年度には踊り場を脱し3.6%増。

◆システム開発は2000年問題以来のシステム見直し、2007年問題を見据えたシステムの再編で平均成長率5.2%で推移。

◆ハード復調の兆しあるも保守は低迷、ソフト保守はサービス範囲の拡大で2004年度4.6%増。

◆アウトソーシングサービスは安定成長を続け、プロセシングサービス(受託計算)を除いた同市場では2004年度11.9%増。

◆ネットワーク&デスクトップサービスはネットワークのインフラ管理ニーズの高まりから10%台の成長を継続。

◆2005年度アウトソーシングで先行するIBM、コンサル強化でシステム受注の拡大図る富士通初めトップ5は堅調。

● 資料内容

第1章情報サービス市場の動向とその外部環境

  • 第1節基本統計の動向
    • 1.特定サービス産業実態調査の定義
    • 2.主力のソフトウェアは伸び悩むも、アウトソーシングサービス進展で堅調に推移。

  • 第2節国内景気・設備投資の動向
    • 1.国内における景気動向
    • 2.国内における設備投資動向

  • 第3節e-japan戦略Ⅱに伴う情報サービス投資動向

  • 第4節情報サービス市場を取り巻くハード/ソフト市場

第2章ITサービスベンダーのM&A戦略

  • 第1節情報サービス市場のM&Aの実態

  • 第2節ITサービスベンダーのM&A戦略

第3章情報サービス市場規模と中期予測

  • 第1節情報サービス分野/定義
    • 1.情報サービスの分類
    • 2.情報サービス分野/定義

  • 第2節情報サービス市場規模/推移
    • 1.情報サービス市場の推移と中期予測
    • 2.調査企業のカバー率

  • 第3節情報サービス総市場動向
    • 1.主要ITサービスベンダー・シェア推移
    • 2.ハードメーカー系比較分析
    • 3.サービスプロバイダー系ベンダー比較分析

第4章情報サービス市場の分野別動向(市場規模/シェア/推移)

  • 第1節システム開発市場
    • 1.コンサルティング
    • 2.システム開発サービス
    • (1)契約形態別(SI型/支援・受託型)
    • (2)開発形態別(パッケージソリューション型/開発中心型)
    • (3)受注形態別(プライマリー/セカンダリー)
    • (4)組込みソフトの開発動向

  • 第2節保守・運用サービス市場
    • 1.保守サービス(1)ハード保守(2)ソフト保守
    • 2.運用・ビジネスリカバリーサービス

  • 第3節コンストラクションサービス市場

  • 第4節アウトソーシングサービス市場
    • 1.ネットワーク&デスクトップサービス
    • 2.データセンター・アウトソーシング
    • 3.アプリケーション・アウトソーシング
    • 4.プロセシング・サービス(受託計算等)
    • 5.ビジネスプロセス・アウトソーシング

  • 第5節ネットワーク・サービス市場
    • 1.汎用VAN/EC/EDI関連サービス
    • 2.ISP(インターネット接続サービス)

第5章情報サービス市場の業種別動向とベンダーシェア

  • 1.製造業
  • 2.金融業
  • 3.流通業
  • 4.サービス業
  • 5.公益
  • 6.公共

第6章個別企業実態編(54社)

● 掲載企業

  • 【ハードメーカー系】
  • 1.富士通  2.日本アイ・ビー・エム 3.日立製作所 4.日本電気 5.日本ユニシス 6.日本ヒューレット・パッカード
  • 【サービスプロバイダー系】
  • 1.富士通サポートアンドサービス 2.日立電子サービス 3.NECフィールディング 4.ユニアデックス 5.ITサービス
  • 【システムインテグレーター系】
  • 1.NTTデータ  2.東芝ソリューション  3.三菱電機インフォメーションシステムズ  4.沖電気カスタマアドテック  5.東芝情報システム  6.シーイーシー  7.CSK  8.野村総合研究所  9.アイネット  10.アルゴ21  11.アルファシステムズ  12.インテック  13.インフォメーションディベロップメント  14.NECソフト  15.NTTソフトウェア  16.オービック  17.キーウェアソリューションズ  18.クオリカ  19.クレオ  20.クレスコ 21.シーエーシー  22.CRCソリューションズ  23.新日鉄ソリューションズ  24.JFEシステムズ 25.住商情報システム  25.ティアイエス  26.DTS(データ通信システム) 27.電通国際情報サービス  28.東洋ビジネスエンジニアリング  29.トランス・コスモス  30.日本システムウェア  31.日本電子計算 33.日本ビジネスコンピュータ  34.日立情報システムズ  35.日立ソフトウェアエンジニアリング  36.富士通アドバンストソリューションズ  37.富士通ビー・エス・シー  38.富士通ビジネスシステム  39.日本総合研究所  40.ラック  41.アクセンチュア 42.イーディーエス・ジャパン 43.NTTコミュニケーションズ

● 個別企業調査項目

  • 1.企業概要(資本金、主要株主、主要顧客、etc.)
  • 2.業績推移
  • 連結・単独総売上高/営業利益/一人当り売上高・営業利益
  • 3.売上高構成(調査先決算仕様)
  • 4.コンピュータ関連事業の国内売上高構成
  • ハードウェア/ノンハードウェア
  • 5.ノンハードウェア売上高構成(ハード/ソフトを除く)
  • ソフトウェアプロダクト/サプライ・その他/サービス
  • 6.サービス売上高構成
  • (1)システム開発サービス
  • ①コンサルティング②システム開発(SI型:支援・受託型)
  • (2)保守・運用サービス
  • ①保守サービス(ハードウェア保守:ソフトウェア保守)
  • ②運用サービス③ビジネスリカバリー
  • (3)コンストラクション・サービス
  • (4)ラーニング・サービス
  • (5)アウトソーシング・サービス
  • ①ネットワーク&デスクトップサービス
  • ②データセンター・アウトソーシング
  • ③アプリケーション・アウトソーシング
  • ④プロセシング・サービス(受託計算等)
  • ⑤ビジネスプロセス・アウトソーシング
  • 7.システム開発サービス内訳
  • ①開発形態別(パッケージソリューション型/開発中心型)
  • ②受注形態別(プライマリー/セカンダリー)
  • ③利用分野別(組込みソフトウェア/その他)
  • 8.ユーザー業種別売上高(情報サービス売上高ベース)
  • ①製造(含む建設/鉱業/農林・水産)
  • ②金融/証券/生保・損保
  • ③流通(卸/小売/商社・商事会社)
  • ④サービス(情報処理/レストラン・ホテル/不動産)
  • ⑤公益事業(電力/ガス/水道/通信/放送)
  • ⑥公共(官公庁/自治体/学校/病院/他)
  • 9.サービス・メニュー体系
  • 10.各サービスの動向
  • ①コンサルティング業務の動向
  • ②システム開発サービスの動向
  • 契約タイプ別/開発形態別/受注形態別/利用分野
  • ③保守・運用サービスの動向
  • ④アウトソーシング・サービスの動向
  • ⑤ネットワーク・サービスの動向
  • 11.事業戦略
  • ①事業戦略(コアコンピタンス/全体事業概況)
  • ②M&A戦略(狙いと効果)

● 図表見本

▲ページトップへ