コンピュータ・ハードウェア総市場2003年度版

コンピュータ・ハードウェア総市場 2003年度版

【発 刊】
2003年10月1日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版950頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • ※【集計分析編】 975頁 【個別企業実態編】 727頁
  • [2]CD-ROM版 価格380,000円
  • [3]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • 価格は消費税を含みません。
  • コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • 送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 平山(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

本報告書は、コンピュータハードウェアの市場を総合的に捉えたマーケティング資料です。調査対象とするハードウェアは、スーパーコンピュータ、汎用機、オフコン、UNIX/IAサーバ、無停止サーバ、アプライアンスサーバ、ブレードサーバ、UNIX/IAワークステーション、パソコンといったコンピュータ本体、およびPBX、POS、金融端末となっております。主要メーカー21社への調査に基づき、詳細に集計、トレンド分析を行うことで、2001年度、2002年度の実績値、2003~2004年度までの市場予測を試みています。

● 資料のポイント

●主要メーカー21社徹底調査。

●コンピュータ本体に加え、コールセンタ向けPBX、金融端末、流通POS端末までもカバー!

●UNIXサーバ総市場は、2002年度4万5,640台。2003年度は4万1225台へと9.7%の減少。ハイエンドサーバは大幅減の傾向。ローエンドサーバは低価格なIAサーバ、とりわけLinuxサーバに侵食される可能性がある。2004年度も引き続き減少傾向の見込み。

●IAサーバは2002年度33万9500台で前年度よりマイナスだったものの、2003年度には36万887台へと約6%のプラス成長。UNIXサーバからのシフト、Linux市場の拡大、Windows2003サーバの登場といった要素に支えられる。

●パソコン市場は2002年度に約1,146万台(7.7%減)。経済の冷え込みの影響で市場が縮小したものの、2003年度には約1214万台へと回復。

●全てのコンピュータハードウェア別出荷金額を集計し、金額ベース市場トレンドも掲載。

● 資料内容

第1章市場動向

  • 第1節ハードウェアの種類本資料で対象とするハードウェアについて解説。

  • 第2節各ハードウェアの総市場動向-2001年度/2002年度/2002年度(見込み)/2004年度~2007年度(予測)
    • 1.各コンピュータハードウェア(コンピュータ本体)総市場動向
    • 各コンピュータハードウェア(スパコン、汎用機、オフコン、UNIXサーバ、IAサーバ、UNIXワークステーション、IAワークステーション、パソコン)の総出荷台数・総出荷金額を集計、2007年度までの中期予測を掲載。
    • 2.サーバ市場における汎用機・オフコン・UNIX/IAサーバの競合分析
    • 汎用機のオープン化、オフコン・UNIXサーバのIAサーバへのシフト等のトレンドを分析。
    • 3.PBX市場
    • 4.金融端末市場
    • 5.流通POS端末
    • ※2.~4.では、各ハードウェアの総市場を集計し、2007年度までの市場推移を予測。
    • (金融端末、流通POS端末は台数・金額ベースでの集計。PBX市場は、コールセンター向け製品市場を対象として、金額のみの集計。)

第2章コンピュータ・ハードウェア市場

  • 2001年度/2002年度/2003年度(見込み)/2004年度(予測)。
    • 各節は、個票の項目をベースに集計しています。

  • 第1節スーパーコンピュータ市場
    • 日本電気、富士通、日立製作所の3社を集計。

  • 第2節汎用機市場
    • 主要ベンダー5社の動向を掲載。

  • 第3節オフコン市場
    • 主要ベンダー4社の動向を掲載。

  • 第4節UNIXサーバ市場
    • ベンダー12社の出荷台数・金額を、各分析項目で集計。

  • 第5節IAサーバ市場
    • ベンダー13社の出荷台数・金額を、各分析項目で集計。

  • 第6節ワークステーション市場(UNIXワークステーション、IAワークステーション)
    • (1)UNIXワークステーション市場
    • 主要ベンダー11社の出荷台数・金額を各分析項目で集計。
    • (2)IAワークステーション市場
    • 主要ベンダー6社の出荷台数・金額を各分析項目で集計。
    • (3)ワークステーション総市場(UNIX/IAワークステーションの合計市場)

  • 第7節アプライアンスサーバ市場
    • ・アプライアンスサーバは、IAサーバとしてIAサーバ市場(第5節)の内数となっていますが、本節では、各社のアプライアンスサーバ出荷台数・金額のみを集計し、トレンド分析しています。

  • 第8節無停止サーバ市場
    • ・低価格なWindowsベースの無停止サーバが2002年度より本格的となり、急速な市場の拡大が予想される無停止サーバ市場について分析します。台数ベースでは、2003年度168.8%、2004年度は128.8%と、大幅な増加傾向。
    • ・無停止サーバには、Windows(IA)ベース、UNIXベース、独自OSベースの3種類があり、IAサーバ市場(第5節)、UNIXサーバ市場(第4節)でも内数として集計されていますが、本節では、各プラットフォームの無停止サーバ出荷台数・金額をまとめて、「無停止サーバ市場」としてトレンドを分析します。

  • 第9節ブレードサーバ市場
    • ・2002年度の市場規模は3000台~4000台と市場規模は小さいながらも、今後の市場拡大が期待されるブレードサーバ市場を分析します。
    • ・各ブレードサーバは、プラットフォーム種別により、IAサーバ/UNIXサーバに分類され、各市場でも内数として集計していますが、本節では、各市場からブレードサーバの出荷台数・金額を切り出し、急速な拡大が見込まれる「ブレードサーバ市場」として概要をまとめます。

第3章パソコン市場

  • ベンダー9社の出荷台数・金額を、各調査項目ごとにトレンド分析

第4章PBX市場(コールセンター向け)

  • ベンダー7社の出荷金額・トレンドを各調査項目ごとに分析。

第5章金融端末市場

  • ベンダー4社の出荷台数・トレンドを各調査項目ごとに分析。

第6章POS市場

  • ベンダー8社の出荷台数・トレンドを各調査項目ごとに分析。

第7章個別企業実態編(各社個票)

● 調査項目

  • ①コンピュータ・ハードウェア本体
  • ■企業概要
  • ■総出荷台数・金額 (2001年度~2004年度)【スパコン・汎用機・オフコン・UNIX・IAサーバおよびワークステーション、パソコン)】
  • ■業種別出荷台数・金額 【製造・金融・流通・サービス・通信・公共】
  • ■ユーザ企業規模別出荷台数・金額 【300人未満・1000人未満・1000人以上】パソコンは、【コンシューマ向け、ビジネス向け】に集計した上で、さらにビジネス向け台数・金額は、上記業種別およびユーザ企業規模別で集計。
  • ■用途別出荷台数・金額 【基幹業務・情報・Web・データベース・開発・科学技術計算】 (パソコン除く)
  • ■CPU数別出荷台数・金額 【1WAY・2WAY・4WAY・8WAY・16WAY・17WAY以上】
  • ■CPU別出荷台数・金額 【Intel・AMD・SPARC・PA-RISC・Power・MIPS・その他】
  • ■OS別出荷台数・金額 【UNIX(Solaris、HP-UX、AIX、IRIX・その他)、IA(Windows, Linux, その他)】
  • ■販売ルート別出荷台数・金額 【直販・間接・OEM】   パソコンは【直販・ショップ・販社】
  • ■パソコン形状別出荷台数・金額 【デスクトップ・ノート】
  • ②金融端末
  • ■総出荷台数・金額 (2001年度~2004年度)
  • ■業種別 【銀行・農協・郵便局・スーパー/コンビニ】
  • ■ユーザ企業規模別 【300人未満・1000人未満・1000人以上】
  • ■販売ルート別 【直販・間接・OEM】
  • ③PBX (コールセンター向け)
  • ■製品別出荷金額 (2001年度~2004年度)
  • ■業種別出荷金額 【製造・金融・流通・サービス・通信・公共】
  • ■ユーザ企業規模別 【300人未満・1000人未満・1000人以上】
  • ■販売ルート別 【直販・間接・OEM】
  • ④流通POS
  • ■業種別出荷台数・金額 (2001年度~2004年度)【百貨店・スーパー・専門店・コンビニ・外食・その他サービス産業・卸売業・製造業・その他】
  • ■ユーザ企業規模別出荷台数・金額 【300人未満・1000人未満・1000人以上】
  • ■販売ルート別出荷台数・金額 【直販・間接・OEM】
  • 調査個票サンプルイメージ

● 調査収録企業一覧(21社)

▲ページトップへ