• TOP

  • Warning: Use of undefined constant is_single - assumed 'is_single' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mic-r/www/mic-r.co.jp/wp/wp-content/themes/mic/content.php on line 15
  • セキュ

内部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望 2020年度【サイバーセキュリティソリューション市場16版目】

内部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望 2020年度
【サイバーセキュリティソリューション市場16版目】

【発 刊】
2020年12月3日
【資料体裁・価格】

  • ● 特別価格は2020年12月15日の17時で終了しています。

  • ※ リモートワーク対応でPDF版強化。経過措置としてコピー製本版現状のまま。また、複数ユーザー(U)利用価格を追加。


    • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
    • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷・製本可。
    • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷・製本実施。(No.1とNo.3のハードコピー版は弊社で印刷・製本)。
    • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本しても可です。


    ■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

    【問い合わせ先】担当: 熊谷(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)

    ● POINT

    ■国内主要セキュリティソフトウェアベンダー、セキュリティ専業ベンダー、総合ITベンダー 55社を調査・分析。

    ■全17分野の詳細調査(全製品別3ヵ年【2018年度~2020年度】出荷金額、シェア、OS別出荷動向、需要分野別出荷動向、エンドユーザー従業員規模別出荷動向等)。

    ■2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの企業が在宅勤務を実施、その社外からアクセスするデバイスを管理し、業務の可視化をするニーズが高まり、IT資産管理・クライアント管理パッケージが、好調な伸びとなっている。社外からのアクセスが当たり前になるなか、内部不正に関する対策も重要視されてきている。

    ● マーケットメッセージ

    ● 調査分野

      【内部脅威対策ソリューション】

    • 1.暗号系パッケージ
    • 2.IT資産管理・クライアント管理
    • 3.統合ログ管理
    • 4.SIEMツール
    • 5.クライアント操作ログ管理
    • 6.電子メールフィルタリング
    • 7.電子メールアーカイブ
    • 8.電子メール誤送信防止
    • 9.システム証跡監査
    • 10.外部デバイス制御パッケージ
    • 11.変更コントロール
    • 12.データベース監査
    • 13.データベース暗号
    • 14.不正送金対策パッケージ
    • 15.外部デバイス制御パッケージ
    • 16.サーバアクセスログ監査パッケージ
    • 17.HSM
    • 他、全17分野に関する詳細調査。調査分野に関する詳細は次項以降をご覧ください。

    ● 資料内容

    第1章 内部脅威対策ソリューション市場総括

    • 第1節 内部脅威対策ソリューションの定義
    • 第2節 内部脅威対策ソリューション市場の市場規模と中期予測(2018~2024年度)

    第2章 内部脅威対策ソリューション市場動向

     ※各項目ごとに、出荷金額別、需要分野別に集計・分析

    • 第1節 暗号系パッケージの市場動向(暗号系ソフト総市場)
    • 第2節 IT資産管理・クライアント管理パッケージの市場動向(IT資産管理・クライアント管理ソフト総市場)
    • 第3節 クライアント操作ログ管理パッケージの市場動向(クライアント操作ログ管理ソフト総市場)
    • 第4節 統合ログ管理ツールの市場動向(統合ログ管理ツール総市場)
    • 第5節 SIEMパッケージの市場動向(SIEM:Security Information&Event Management総市場)
    • 第6節 電子メールフィルタリング・アーカイブツールの市場動向(電子メールフィルタリング・アーカイブツール総市場)
    • 第7節 電子メールフィルタリングツールの市場動向(電子メールフィルタリングソフト総市場)
    • 第8節 電子メールアーカイブツールの市場動向(電子メールアーカイブツール総市場)
    • 第9節 電子メール誤送信防止ツールの市場動向(電子メール誤送信防止ツール総市場)
    • 第10節 システム証跡監査ツールの市場動向(システム証跡監査ツール総市場)
    • 第11節 外部デバイス制御パッケージの市場動向(外部デバイス制御ソフト総市場)
    • 第12節 データベース監査系ツールの市場動向(データベース監査系ツール総市場)
    • 第13節 データベース暗号化ツールの市場動向(データベース暗号化ツール総市場)
    • 第14節 Webコンテンツセキュリティアプライアンスの市場動向(Webコンテンツセキュリティアプライアンス総市場)
    • 第15節 変更コントロールパッケージの市場動向(変更コントロールソフト総市場)
    • 第16節 不正送金対策パッケージの市場動向(不正送金対策ソフト総市場)
    • 第17節 サーバアクセスログ監査パッケージの市場動向(サーバアクセスログ監査ソフト総市場)
    • 第18節 HSMの市場動向(HSM総市場)

    第3章 個別企業実態編

    • 国内主要ITベンダー 93社

    ● 調査項目

    1.企業概要
    • ■資本金/設立/株主/URL/事業内容等
    2.業績推移
    • ■総売上高/セキュリティ関連売上高
    3.人員構成
    • ■開発・SE/コンサルタント/保守・サポート/営業/マーケティング/ 間接・その他
    4.セキュリティ関連製品の販売ルート
    • ■OEM/SIベンダー/ユーザー直
    5.主要パートナー
    • ■パートナー一覧/パートナー別販売比率/動向
    6.主要顧客/製品別累計ユーザー数
    7.製品概要
    • ■製品名/発売年月/価格/機能等
    8.製品別出荷動向及びOS別動向
    • ■出荷金額/適用OS別出荷金額構成比
    9.製品別需要分野別出荷動向
    • ■製造/通信・放送/サービス/流通・消費財/金融/公益事業/公共・学校
    10.製品別従業員規模別出荷動向
    • ■1,000人以上/300~1,000人/100~300人/50~100人/50人以下
    11.各種動向
    • ■販売戦略/中堅中小ユーザー開拓戦略/製品戦略・新製品動向/今後の展望/その他

    ● 図表目次

    【図表1-1】
    • 内部脅威対策ソリューション市場推移・中期予測(2018~2024年度)
    【図表2-1】
    • 暗号系パッケージ市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-2】
    • IT資産管理・クライアント管理パッケージ市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-3】
    • クライアント操作ログ管理パッケージ市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-4】
    • 統合ログ管理ツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-5】
    • SIEM市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-6】
    • 電子メールフィルタリング・アーカイブツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-7】
    • 電子メールフィルタリングツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-8】
    • 電子メールアーカイブツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-9】
    • 電子メール誤送信防止ツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-10】
    • システム証跡監査ツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-11】
    • 外部デバイス制御パッケージ市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-12】
    • データベース監査系ツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-13】
    • データベース暗号化ツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-14】
    • Webコンテンツセキュリティアプライアンス市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-15】
    • 変更コントロールパッケージ市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-16】
    • 不正送金対策ツール市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-17】
    • サーバアクセスログ監査パッケージ市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)
    【図表2-18】
    • HSM市場推移/概要/需要分野別(2018~2020年度)

    ● 個票企業実態・掲載企業

    個別企業実態編(55社)

    • 1.A10ネットワークス
    • 2.Broadcom
    • 3.マクニカネットワークス(Splunk/Exabeam)
    • 4.Imperva Japan
    • 5.JALインフォテック
    • 6.NTTテクノクロス
    • 7.RSA Security Japan
    • 8.Splunk Services Japan
    • 9.アクアシステムズ
    • 10.網屋
    • 11.インサイトテクノロジー
    • 12.インターコム
    • 13.インテック
    • 14.インテリジェントウェイブ
    • 15.インフォサイエンス
    • 16.ウイーズ・システムズ
    • 17.ウィンマジック・ジャパン
    • 18.エアー
    • 19.エムオーテックス
    • 20.エンカレッジ・テクノロジ
    • 21.エンサイファーセキュリティ
    • 22.キヤノンマーケティングジャパン
    • 23.クオリティア
    • 24.クオリティソフト
    • 25.クリアスウィフト
    • 26.サイエンスパーク
    • 27.サイバーソリューションズ
    • 28.シスコシステムズ
    • 29.ジュピターテクノロジー
    • 30.セキュアブレイン
    • 31.ソフォス
    • 32.ソリトンシステムズ
    • 33.ダウジャパン
    • 34.タレスDIS CPLジャパン
    • 35.チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
    • 36.ディー・オー・エス
    • 37.デジタルアーツ
    • 38.トリップワイヤ・ジャパン
    • 39.日本アイ・ビー・エム
    • 40.日本オラクル
    • 41.日本電気
    • 42.ネットムーブ
    • 43.ハミングヘッズ
    • 44.バラクーダネットワークスジャパン
    • 45.ハンモック
    • 46.日立製作所
    • 47.日立ソリューションズ
    • 48.富士通
    • 49.フォーティネットジャパン
    • 50.富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
    • 51.ベリタステクノロジーズ
    • 52.ペンタセキュリティシステムズ
    • 53.マイクロフォーカスエンタープライズ
    • 54.マカフィー
    • 55.ラネクシー
    • (アルファベット、音順)

    ▲ページトップへ