【エンドポイント型脅威対策編 2018年版】サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望

【エンドポイント型脅威対策編 2018年版】
サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望

2005年度からスタートして第14版目
シリーズ5編全完成!

【発 刊】
2018年9月10日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版250頁(ハードコピー版) 価格158,000円
  • [2]PDF版+ハードコピー版     価格191,000円
  • [3]CD-ROM版         価格316,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格449,260円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF) 価格475,000円
  • 2~5冊セット
    【2冊セット】
  • [1](ハードコピー版)        価格296,000円
  • [2]PDF版+ハードコピー版      価格358,000円
  • [3]CD-ROM版          価格592,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本)  価格841,600円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF)  価格889,500円
  • 【3冊セット】
  • [1](ハードコピー版)        価格439,400円
  • [2]PDF版+ハードコピー版      価格531,200円
  • [3]CD-ROM版          価格878,800円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本)  価格1,249,400円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF)  価格1,320,700円
  • 【4冊セット】
  • [1](ハードコピー版)        価格579,500円
  • [2]PDF版+ハードコピー版      価格700,600円
  • [3]CD-ROM版          価格1159,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本)  価格1,647,900円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF)  価格1,741,500円
  • 【5冊セット】
  • [1](ハードコピー版)        価格716,500円
  • [2]PDF版+ハードコピー版      価格866,200円
  • [3]CD-ROM版          価格1,433,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本)  価格2,037,400円
  • [5]セット版(CD-ROM+PDF)  価格2,153,200円

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 熊谷・岩田(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● POINT

■国内主要セキュリティソフトウェアベンダー、セキュリティ専業ベンダー、総合ITベンダー27社を調査・分析。

■全4調査分野の詳細調査(製品別3ヵ年【2016年度~2018年度】出荷金額、シェア、OS別出荷動向、エンドユーザー需要分野別出荷動向、従業員規模別出荷動向等)。

■エンドポイント型脅威対策ソリューション市場は2017年度が前年対比111.6%の611.8億円、2018年度は同110.9%の678.3億円と二桁成長が続く見通し。標的型攻撃やランサムウェアなどサイバー攻撃が高度化・複雑化する中で、エンドポイントセキュリティを強化する企業が多く、市場の成長が続いている。

● 調査分野

1.アンチウイルス・アンチマルウェア

2.次世代エンドポイントプロテクションプラットフォーム

3.不正PC検知・排除アプライアンス

4.検疫ネットワークツール

● マーケット・メッセージ

● エンドポイント型脅威対策編 資料内容

第1章 エンドポイント型脅威対策ソリューション市場総括

  •  第1節 エンドポイント型脅威対策ソリューションの定義

  •  第2節  エンドポイント型脅威対策ソリューション市場の市場規模と中期予測(2016~2022年度)

第2章 エンドポイント型脅威対策ソリューション市場動向

  •  ※各項目ごとに、出荷金額別、適用OS別、エンドユーザー需要分野別、従業員規模別に集計・分析

  •  第1節 アンチウイルス・アンチマルウェアの市場動向
  •   1. アンチウイルス・アンチマルウェア総市場
  •   2. サーバ・クライアント型アンチウイルス・アンチマルウェア市場
  •   3. ゲートウェイ型アンチウイルス・アンチマルウェア市場

  •  第2節 次世代エンドポイントプロテクションプラットフォームの市場動向

  •  第3節 不正PC検知・排除アプライアンスの市場動向

  •  第4節 検疫ネットワークツールの市場動向

第3章 個別企業実態編

  •  国内主要ITベンダー 27社

● エンドポイント型脅威対策編 図表目次

  • 【図表1-1】
  • エンドポイント型脅威対策ソリューション市場推移・中期予測(2016~2022年度)
  • 【図表2-1】
  • アンチウイルス・アンチマルウェア市場推移/概要/需要分野別出荷金額(2016~2018年度)
  • <アンチウイルス・アンチマルウェア>
  • 【図表2-2】
  • 次世代エンドポイントプロテクションプラットフォーム市場推移/概要/需要分野別/OS別出荷金額(2016~2018年度)
  • <次世代エンドポイントプロテクションプラットフォーム>
  • 【図表2-3】
  • 不正PC検知・排除アプライアンス市場推移/概要/需要分野別/OS別出荷金額(2016~2018年度)
  • <不正PC検知・排除アプライアンス>
  • 【図表2-4】
  • 検疫ネットワークツール市場推移/概要/需要分野別/OS別出荷金額(2016~2018年度)
  • <検疫ネットワークツールツール>

● エンドポイント型脅威対策編 調査項目

  • 1.企業概要
  • ■資本金/設立/株主/URL/事業内容等
  • 2.業績推移
  • ■総売上高/セキュリティ関連売上高 (2016年~2018年度)
  • 3.人員構成
  • ■開発・SE/コンサルタント/保守・サポート/営業/マーケティング/間接・その他
  • 4.セキュリティ関連製品の販売ルート
  • ■OEM/SIベンダー/ユーザー直
  • 5.主要パートナー
  • ■パートナー一覧/パートナー別販売比率/動向
  • 6.主要顧客/製品別累計ユーザー数
  • 7.製品概要
  • ■製品名/発売年月/価格/機能等
  • 8.製品別出荷動向及びOS別動向 (2016年~2018年度)
  • ■出荷金額/適用OS別出荷金額構成比
  • 9.製品別需要分野別出荷動向(2016年~2018年度)
  • ■製造/通信・放送/サービス/流通・消費財/金融/公益事業/公共・学校
  • 10.製品別需要分野別出荷動向(2016年~2018年度)
  • ■1,000人以上/300~1,000人/100~300人/50~100人/50人以下
  • 11.各種動向
  • ■販売戦略/中堅中小ユーザー開拓戦略/製品戦略・新製品動向/今後の展望/その他

● エンドポイント型脅威対策編 調査収録企業27社

  • 1. Cylance Japan
  • 2. Doctor Web Pacific
  • 3. EMCジャパン
  • 4. FFRI
  • 5. G Data Software
  • 6. PFU
  • 7. PS JAPAN
  • 8. ウェブルート
  • 9. エヌ・ティ・ティ・コムウェア
  • 10. エヌ・ティ・ティ・データ先端技術
  • 11. エフセキュア
  • 12. カーボン・ブラック・ジャパン
  • 13. カスペルスキー
  • 14. キヤノンITソリューションズ
  • 15. サイバーリーズン・ジャパン
  • 16. シスコシステムズ
  • 17. シマンテック
  • 18. ソフォス
  • 19. ソフトクリエイト
  • 20. ソリトンシステムズ
  • 21. トレンドマイクロ
  • 22. 日本シー・エー・ディー
  • 23. 日本電気
  • 24. パロアルトネットワークス
  • 25. ファイア・アイ
  • 26. マカフィー
  • 27. マクニカネットワークス(CrowdStrike)
  • (アルファベット50音順)

● 市場推移 エンドポイント型脅威対策編

▲ページトップへ