【ゲートウェイ型脅威対策編 2018年版】サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望

【ゲートウェイ型脅威対策編 2018年版】
サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望

2005年度からスタートして第14版目!
データ保護編も同時発刊!

【発 刊】
2018年6月21日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版320頁(ハードコピー版)  価格158,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版     価格191,000円
  • [3]CD-ROM版          価格316,000円
  • [4]セット版(①+③)      価格449,260円
  • 【データ保護編との2冊セット】
  • [1](ハードコピー版)        価格296,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版      価格358,000円
  • [3]CD-ROM版          価格592,000円
  • [4]セット版(①+③)      価格841,600円
  • ※【2冊セット】は、↓
    「データ保護編 2018年版 サイバーセキュリティソリューション市場の現状と将来展望」とのセット価格です。
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 熊谷・岩田(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● POINT

■国内主要セキュリティソフトウェアベンダー、セキュリティ専業ベンダー、総合ITベンダー30社を調査・分析。

■全6調査分野の詳細調査(製品別3ヵ年【2016年度~2018年度】出荷金額、シェア、OS別出荷動向、エンドユーザー需要分野別出荷動向、従業員規模別出荷動向等)。

■ゲートウェイ型脅威対策市場は2017年度が前年対比115.7%の766.7億円、2018年度は同117.0%の897.1億円と二桁成長が続く見通し。近年、大幅成長が続いているUTM /次世代ファイアウォール市場はリプレース案件が好調で引き続き製品の導入が進んでおり、市場の拡大が予測される。

● 調査分野 

1.ゲートウェイ型標的型攻撃対策アプライアンス

2.IPS・IDSアプライアンス

3.DDoS対策アプライアンス

4.UTM/次世代ファイアウォール

5.Webアプリケーションファイアウォール

6.Webアプリケーション脆弱性検査パッケージ

● マーケットメッセージ 

● ゲートウェイ型脅威対策編 資料内容

第1章 ゲートウェイ型脅威対策ソリューション市場総括

  • 第1節 ゲートウェイ型脅威対策ソリューションの定義

  • 第2節 ゲートウェイ型脅威対策ソリューション市場の市場規模と中期予測(2016~2022年度)

第2章 ゲートウェイ型脅威対策ソリューション市場動向

  • ※各項目ごとに、出荷金額別、適用OS別、エンドユーザー需要分野別、従業員規模別に集計・分析

  • 第1節 ゲートウェイ型標的型攻撃対策アプライアンスの市場動向(ゲートウェイ型標的型攻撃対策アプライアンス総市場)

  • 第2節 IPS・IDSアプライアンスの市場動向(IPS・IDSアプライアンス総市場)

  • 第3節 DDoS対策アプライアンスの市場動向(DDoS対策アプライアンス総市場)

  • 第4節 UTMアプライアンス/次世代ファイアウォールの市場動向(UTMアプライアンス/次世代ファイアウォール総市場)

  • 第5節 Webアプリケーションファイアウォールの市場動向(Webアプリケーションファイアウォール総市場)

  • 第6節 Webアプリケーション脆弱性検査パッケージの市場動向( Webアプリケーション脆弱性検査パッケージ総市場)

第3章 個別企業実態編

  • 国内主要ITベンダー 30社

● ゲートウェイ型脅威対策編 図表目次

  • 【図表1-1】
  • ゲートウェイ型脅威対策ソリューション市場推移・中期予測(2016~2022年度)
  • 【図表2-1】
  • ゲートウェイ型標的型攻撃対策アプライアンス市場推移/概要/需要分野別出荷金額(2016~2018年度)
  • <ゲートウェイ型標的型攻撃対策アプライアンス>
  • 【図表2-2】
  • IPS・IDSアプライアンス市場推移/概要/需要分野別/OS別出荷金額(2016~2018年度)
  • <IPS・IDSアプライアンス>
  • 【図表2-3】
  • DDoS対策アプライアンス市場推移/概要/需要分野別/OS別出荷金額(2016~2018年度)
  • <DDoS対策アプライアンス>
  • 【図表2-4】
  • UTMアプライアンス/次世代ファイアウォール市場推移/概要/需要分野別/OS別出荷金額(2016~2018年度)
  • <UTMアプライアンス/次世代ファイアウォールアプライアンス>
  • 【図表2-5】
  • Webアプリケーションファイアウォール市場推移/概要/需要分野別/OS別出荷金額(2016~2018年度)
  • <Webアプリケーションファイアウォールアプライアンス/Webアプリケーションファイアウォールソフト>
  • 【図表2-6】
  • Webアプリケーション脆弱性検査パッケージ市場推移/概要/需要分野別/OS別出荷金額(2016~2018年度)
  • <Webアプリケーション脆弱性検査パッケージ>

● DDoS対策アプライアンス市場のベンダーシェア

● ゲートウェイ型脅威対策編 調査項目

  • 1.企業概要
  • ■資本金/設立/株主/URL/事業内容等
  • 2.業績推移
  • ■総売上高/セキュリティ関連売上高(2016年~2018年度)
  • 3.人員構成
  • ■開発・SE/コンサルタント/保守・サポート/営業/マーケティング/間接・その他
  • 4.セキュリティ関連製品の販売ルート
  • ■OEM/SIベンダー/ユーザー直
  • 5.主要パートナー
  • ■パートナー一覧/パートナー別販売比率/動向
  • 6.主要顧客/製品別累計ユーザー数
  • 7.製品概要
  • ■製品名/発売年月/価格/機能等
  • 8.製品別出荷動向及びOS別動向 (2016年~2018年度)
  • ■出荷金額/適用OS別出荷金額構成比
  • 9.製品別需要分野別出荷動向(2016年~2018年度)
  • ■製造/通信・放送/サービス/流通・消費財/金融/公益事業/公共・学校
  • 10.製品別需要分野別出荷動向(2016年~2018年度)
  • ■1,000人以上/300~1,000人/100~300人/50~100人/50人以下
  • 11.各種動向
  • ■販売戦略/中堅中小ユーザー開拓戦略/製品戦略・新製品動向/今後の展望/その他

● ゲートウェイ型脅威対策編 調査収録企業31社

  • 1. A10ネットワークス
  • 2. F5ネットワークスジャパン
  • 3. Imperva Japan
  • 4. NSFOCUSジャパン
  • 5. アーバンネットワークス
  • 6. アズジェント
  • 7. インフォメーションディベロプメント
  • 8. ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン
  • 9. ジェイピー・セキュア
  • 10. シスコシステムズ
  • 11. シトリックス・システムズ・ジャパン
  • 12. シマンテック
  • 13. ジュニパーネットワークス
  • 14. セキュアソフト
  • 15.ソニックウォール・ジャパン
  • 16.ソフォス
  • 17.チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
  • 18.トレンドマイクロ
  • 19.日本アイ・ビー・エム
  • 20.日本電気
  • 21.日本ラドウェア
  • 22.バラクーダネットワークスジャパン
  • 23.パロアルトネットワークス
  • 24.日立ソリューションズ
  • 25.ファイア・アイ
  • 26.フォースポイント・ジャパン
  • 27.フォーティネットジャパン
  • 28.ペンタセキュリティシステムズ
  • 29.マイクロフォーカスエンタープライズ
  • 30.マカフィー
  • 31.ラピッドセブン・ジャパン
  • (アルファベット50音順)

● 市場推移ゲートウェイ型脅威対策編

▲ページトップへ