• TOP

  • Warning: Use of undefined constant is_single - assumed 'is_single' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/mic-r/www/mic-r.co.jp/wp/wp-content/themes/mic/content.php on line 15
  • ITソ

デジタルサイネージソリューション市場の現状と展望 2009年

デジタルサイネージソリューション市場の現状と展望 2009年

【発 刊】
2009年4月21日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版413頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 阿部(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

一般家庭以外の場所に設置され、ネットワークに接続された、ディスプレイなどの表示機器を利用して情報発信を行う「デジタルサイネージ」は、様々な情報をタイムリーに表示でき、特定の時間・場所にいる人に対して、映像によるわかりやすい情報提供を行えることから、広告ビジネスの新しい形として注目されています。

本資料では、デジタルサイネージシステムを構築するためのハードウェア、ソフトウェア、サービス及び配信コンテンツを調査対象範囲としております(※広告費は対象としておりません)。

次世代の広告媒体として、その成長が期待されているデジタルサイネージ市場を、2013年まで中期予測しました。さらにディスプレイソリューション別、ユーザー業種別といったいくつかのカットで市場規模とトレンドの調査・分析を行うことで、資料ご購入企業様のマーケティング活動に資することを発刊の目的としています。

● 資料のポイント

●デジタルサイネージソリューション市場は、2008年度57,100百万円

年平均14%の高成長率で推移し、2013年度には110,000百万円市場に拡大

●デジタルサイネージソリューション主要参入企業36社の個別企業実態掲載

●ディスプレイ種類(大型・中型・小型)別に業種(8分野)を集計・分析

第Ⅰ章 デジタルサイネージソリューションの定義

第Ⅱ章 市場トレンド

  • 第1節 デジタルサイネージソリューション市場全体トレンド

  • 第2節 調査企業36社(内回答企業33社)の海外向け売上トレンド

第Ⅲ章 システム関連・コンテンツ関連別市場規模とベンダーシェア動向

  • 第1節 システム関連市場規模
    • 『ハードウェア(ディスプレイ/プレーヤー/サーバ/周辺機器・その他)』『ソフトウェア』
    • 『サービス(SI・コンサルティング、設置・導入、保守・サポート、ASP/SaaS・その他)』別に集計

  • 第2節 コンテンツ関連市場規模

第Ⅳ章 ディスプレイソリューション別市場規模とベンダーシェア動向

  • 第1節 大型ディスプレイソリューション市場規模

  • 第2節 中型ディスプレイソリューション市場規模

  • 第3節 小型ディスプレイソリューション市場規模

第Ⅴ章 ディスプレイソリューション別/業種(8分野)別市場規模

  • 業種を下記の通りに分類。
    • 「製造」
    • 「金融」
    • 「流通」
    • 「サービス」
    • 「交通関連」
    • 「教育関連」
    • 「医療関連」
    • 「その他公共・公益」
    • 「その他」

第Ⅵ章 設置場所(8分類)別市場規模

  • 設置場所を下記の通りに分類。
    • 「商業関連施設」
    • 「金融関連施設」
    • 「交通関連施設」
    • 「教育関連施設」
    • 「医療関連施設」
    • 「公共関連施設(教育/医療 除く)」
    • 「アミューズメント施設」
    • 「オフィスビル」「その他」

第Ⅶ章 直接間接販売比率

  • 直接販売/間接販売(「二次店経由」、「OEM提供」)別に集計

第Ⅷ章 表示コンテンツウエイト

  • 導入ユーザー環境において表示されているコンテンツの傾向を下記の4分類でヒアリング
    • 「企業関連(企業イメージ広告)」
    • 「商品関連(商品に関する広告)」
    • 「案内・インフォメーション(施設案内・情報提供)」
    • 「その他(ニュース、天気予報、占いなどのエンターテインメント情報 等)」

第Ⅸ章 人的リソースと生産性

  • 第1節 調査企業36社(内回答企業25社)の人的リソースと生産性
    • 人的リソースを営業/技術・開発/保守・サポート/その他別にヒアリング

第Ⅹ章 個別企業実態編

● 調査項目・図表目次

  • 【調査項目】
  • 1.企業概要
  • 2.業績推移
  • 3.デジタルサイネージソリューション事業に関する取組み状況
  • 4.デジタルサイネージソリューション売上高 システム関連
  • (ハード・ソフト・サービス)/コンテンツ関連(制作・運用) 別推移
  • 5.デジタルサイネージソリューション売上高
  • ディスプレイ種類/業種 別推移
  • 6.デジタルサイネージソリューション売上高 設置場所 別推移
  • 7.デジタルサイネージソリューション売上高 直接間接販売比率推移
  • 8.デジタルサイネージソリューション
  • ユーザー環境における表示コンテンツウエイト
  • 9.組織・人員体制
  • 10.自社のアドバンテージと現在の状況
  • 11.今後の展望
  • 12.主要取扱製品

● 調査企業一覧

  • 【ディスプレイブランドメーカータイプ】
  • 1. NECディスプレイソリューションズ
  • 2. 赤見電機
  • 3. アビックス
  • 4. オックスプランニング
  • 5. コンテンツ
  • 6. ソニー
  • 7. ソフィアモバイル
  • 8. パナソニック
  • 9. ヒビノ
  • 10. 三菱電機
  • 11. メディアシステム
  • 【デジタルサイネージソリューションタイプ】
  • 1. NEXX
  • 2. NTTアイティ
  • 3. NTTレゾナント
  • 4. SCALA
  • 5. アドバンテック
  • 6. アルゴシステム
  • 7. イーアイティー
  • 8. 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 9. インターストラクチャー
  • 10. エヌジーシー
  • 11. 沖電気工業
  • 12. サイバーコイン
  • 13. サイレックス・テクノロジー
  • 14. シナジーメディア
  • 15. ジャパンマテリアル
  • 16. ネオ
  • 17. ハイテックシステム
  • 18. バンテン
  • 19. ヒガ・アーツ&メタル
  • 20. 日立アドバンストデジタル
  • 21. 富士通
  • 22. 丸紅
  • 23. メディアコンテンツファクトリー
  • 24. ユーフォニック・テクノロジー
  • 25. 菱電商事
  • ■簡易調査企業6社
  • 1. 住友スリーエム
  • 2. ディメンションズ
  • 3. デルタ電子
  • 4. 富士フイルムイメージテック
  • 5. ブラザー工業
  • 6. マクニカネットワークス
  • 【調査項目】
  • 1.企業概要
  • 2.業績推移 ※デジタルサイネージ関連売上は非公開
  • 3.デジタルサイネージソリューション事業に関する取組み状況
  • 4.組織・人員体制
  • 5.自社のアドバンテージと現在の状況
  • 6.今後の展望
  • 7.主要取扱製品

▲ページトップへ