外部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望 2023年度

外部脅威対策ソリューション市場の現状と将来展望 2023年度
【サイバーセキュリティソリューション市場19版目】

【発 刊】
2024年2月15日
【資料体裁・価格】● 特別価格は2024年2月15日の17時で終了しています。


  • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
  • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷+製本が可能です。
  • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷+製本が可能です。
  • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本が可能です。
  • 注5)コンサルティングファーム、シンクタンク及びライブラリー(図書室)様は複数U(ユーザー)利用のみ購入可とさせていただきます。1U(ユーザー)利用の購入は不可です。詳細はこちら


■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

【問い合わせ先】担当: 熊谷(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)


● POINT

■国内主要セキュリティソフトウェアベンダー、セキュリティ専業ベンダー、総合ITベンダー49社を調査・分析。

■全12分野の詳細調査(全製品別3ヵ年【2021年度~2023年度】出荷金額、シェア、提供形態別出荷動向、需要分野別出荷動向、エンドユーザー従業員規模別出荷動向等)。

■COVID-19感染拡大以降、リモートワークの普及期から定着期に入り、社内外問わず安全に業務を遂行できる環境を整備する中で、エンドポイント保護を重視した次世代型エンドポイントプロテクションプラットフォーム(NGAV/EDR)の導入需要の拡大が続いている。EDR製品に関しては、ネットワークセキュリティ製品などと連携し、XDRとしての展開を目指す。

● マーケットメッセージ

図表1.次世代エンドポイントプロテクションプラットフォーム市場推移

● 調査分野

    【外部脅威対策ソリューション】

  • 1.アンチウイルス・アンチマルウェア
  • 2.次世代エンドポイントプロテクションプラットフォーム
  • 3.アンチスパムメール
  • 4.ゲートウェイ型標的型攻撃対策アプライアンス
  • 5.IPS・IDSアプライアンス
  • 6.UTMアプライアンス/次世代ファイアウォール
  • 7.Webアプリケーションファイアウォール
  • 8.クラウド型DDoSサービス
  • 9.Webサイト改竄検知ツール
  • 10.スマートデバイス用リモートアクセスツール
  • 11.Web分離ツール
  • 12.SASE・SSE
  • 全12分野における詳細調査。調査分野に関する詳細は次項以降をご覧ください。

● 資料内容

第1章 外部脅威対策ソリューション市場総括

  •  第1節 外部脅威対策ソリューションの定義
  •  第2節 外部脅威対策ソリューション総市場と12分野別の市場規模と中期予測(2021~2027年度)
  •  ―アプライアンス・ソフトウェアパッケージ・SaaS/クラウド別市場動向

第2章 外部脅威対策ソリューション市場動向

 ※各項目ごとに、出荷金額別、需要分野別に集計・分析

  •  第1節 アンチウイルス・アンチマルウェアの市場動向
  •  ・SaaS製品を中心に安定した出荷が続く。
  •  第2節 次世代エンドポイントプロテクションプラットフォームの市場動向
  •  ≪次世代アンチウイルスNGAV/EDR(Endpoint Detection&Response)製品別集計有り≫
  •  ・ユーザー層が大手から中堅・中小に拡大。マネージドサービスを付随した展開が加速。
  •  第3節 アンチスパムメールの市場動向
  •  ・市場が成熟し、撤退するベンダーのリプレイスなどでSaaS・クラウド型製品の出荷が増加。
  •  第4節 ゲートウェイ型標的型攻撃対策アプライアンスの市場動向
  •  ・導入が一巡し、既に導入済みの製品の買い替え需要が中心になっている。
  •  第5節 IPS・IDSアプライアンスの市場動向(IPS・IDSアプライアンス総市場)
  •  ・新型のマルウエアや増加を続ける不正アクセスへの対抗手段として通信キャリアや大手企業を中心に導入。
  •  第6節 UTMアプライアンス/次世代ファイアウォールの市場動向
  •  ・各種設定や運用が容易なことから、情報システム専任要員がいない中堅・中小企業や地方自治体を中心に導入が拡大。
  •  第7節 Webアプリケーションファイアウォールの市場動向
  •  ・コロナ禍となってから、拠点に縛られず運用負荷も少ないクラウドサービスとしての導入が増加。
  •  第8節 クラウド型DDoSサービスの市場動向
  •  ・新型コロナウイルス感染拡大以降、利用が急増したオンラインゲームや放送・メディアなどで対策が必要になり、導入が進んだ。
  •  第9節 Webサイト改竄検知ツールの市場動向
  •  ・GumblarなどによるWebサイトの改竄事件以降、注目されている。
  •  第10節 スマートデバイス用リモートアクセスの市場動向
  •  ・コロナ禍以降、リモートワークが定着し、オフィス以外での安全な業務のために導入する企業や団体が増加。
  •  第11節 Web分離ツールの市場動向
  •  ・インターネット分離が必要な自治体以外にも医療や文教、金融などに導入が期待される。
  •  第12節 SASE・SSEの市場動向
  •  ・リモートワークの普及とクラウドベースのコラボレーションツールの利用増加に合わせて、大手ユーザーへのSASE/SSEの導入が加速。

第3章 個別企業実態編

  •  国内主要ITベンダー 49社

● 調査項目

1.企業概要
  • ■資本金/設立/株主/URL/事業内容等
2.業績推移
  • ■対象セキュリティ関連売上高
3.人員構成
4.セキュリティ関連製品の販売ルート
  • ■OEM/SIベンダー/ユーザー直
5.主要パートナー
  • ■パートナー一覧/動向
6.主要顧客/製品別累計ユーザー数
7.製品概要
  • ■製品名/発売年月/価格/機能等
8.製品別出荷動向及び提供形態別動向
  • ■出荷金額/提供形態別出荷金額構成比(アプライアンス/ソフトウェア/SaaS・クラウド)
9.製品別需要分野別出荷動向
  • ■製造/通信・放送/サービス/流通・消費財/金融/公益事業/公共・学校
10.製品別従業員規模別出荷動向
  • ■1,000人以上/300~1,000人/100~300人/50~100人/50人以下
11.各種動向
  • ■販売戦略/中堅中小ユーザー開拓戦略/製品戦略・新製品動向/今後の展望/その他
※調査年度 2021年度~2023年度

● 図表目次

【図表1-1】
  • 外部脅威対策ソリューション市場推移・中期予測(2021~2027年度)
【図表2-1】
  • アンチウイルス・アンチマルウェア市場推移//アプライアンス市場推移/ソフトウェアパッケージ市場推移/SaaS・クラウド市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-2】
  • 次世代エンドポイントプロテクションプラットフォーム市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-3】
  • アンチスパムメール市場推移/アプライアンス市場推移/ソフトウェアパッケージ市場推移/SaaS・クラウド市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-4】
  • ゲートウェイ型標的型攻撃対策アプライアンス市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-5】
  • IPS・IDSアプライアンス市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-6】
  • UTMアプライアンス/次世代ファイアウォール市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-7】
  • Webアプリケーションファイアウォール市場推移/アプライアンス市場推移/SaaS・クラウド市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-8】
  • クラウドDDoSサービス市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-9】
  • Webサイト改竄検知ツール市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-10】
  • スマートデバイス用リモートアクセスツール市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-11】
  • Web分離ツール市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)
【図表2-12】
  • SASE・SSE市場推移/概要/需要分野別(2021~2023年度)

● 個票企業実態・掲載企業

個別企業実態編(49社)

  • 1.BlackBerry Japan
  • 2.Broadcom
  • 3.EGセキュアソリューションズ
  • 4.e-Janネットワークス
  • 5.F5ネットワークスジャパン
  • 6.FFRIセキュリティ
  • 7.Imperva Japan
  • 8.JNS
  • 9.Netscope Japan
  • 10.RSA Security Japan
  • 11.Skyhigh Security
  • 12.Trellix(Musarubra Japan)
  • 13.アイマトリックス
  • 14.アカマイ・テクノロジーズ
  • 15.アシスト
  • 16.アズジェント
  • 17.ヴイエムウェア
  • 18.ウィズセキュア
  • 19.ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン
  • 20.カスペルスキー
  • 21.キヤノンマーケティングジャパン
  • 22.クオリティア
  • 23.クラウドストライク
  • 24.コネクトワン
  • 25.サイバーセキュリティクラウド
  • 26.サイバーソリューションズ
  • 27.サイバーリーズン
  • 28.ジェイズ・コミュニケーション
  • 29.シスコシステムズ
  • 30.ジュニパーネットワークス
  • 31.セキュアスカイ・テクノロジー
  • 32.セキュアソフト
  • 33.セキュアブレイン
  • 34.ゼットスケーラー
  • 35.ソニックウォール・ジャパン
  • 36.ソフォス
  • 37.ソリトンシステムズ
  • 38.チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
  • 39.トレンドマイクロ
  • 40.日本電気
  • 41.日本プルーフポイント
  • 42.ネットワールド
  • 43.バラクーダネットワークスジャパン
  • 44.パロアルトネットワークス
  • 45.日立ソリューションズ
  • 46.フォーティネットジャパン
  • 47.ペンタセキュリティシステムズ
  • 48.マクニカ(CrowdStrike/Menlo Security)–)
  • 49.レコモット
  • (アルファベット・50音順)

▲ページトップへ