位置情報ソリューション市場の現状と展望 2022年度版

~インフラ、オルタネイティブデータなど新規活用広がる~
位置情報ソリューション市場の現状と展望 2022年度版

【発 刊】
2022年6月1日
【資料体裁・価格】● 特別価格は2022年6月3日の17時で終了しています。


  • 注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。
  • 注2)1U利用の「サーバ共有」「データ複製」「編集・加工」「印刷+製本」は厳禁(×)、PDF版は1冊のみ印刷・製本可。
  • 注3)PDF版(印刷+製本1冊のみ可)はお客様ご自身で印刷・製本実施。(No.1とNo.3のハードコピー版は弊社で印刷・製本)。
  • 注4)複数U利用はユーザー数を問いません。何ユーザーでも、何冊でも複製、印刷+製本しても可です。
  • 注5)コンサルティングファーム、シンクタンク及びライブラリー(図書室)様は複数U(ユーザー)利用のみ購入可とさせていただきます。1U(ユーザー)利用の購入は不可です。詳細はこちら


■ご連絡いただければ、オンライン営業により貴社ご指定頁を「PDF透かし」でご覧いただくこともできます。

【問い合わせ先】担当: 上村(デロイト トーマツ ミック経済研究所 電話番号:03-6213-1134)

● INTENTION(発刊の目的)

 2020年の新型コロナウイルスの感染拡大は、その対策とその後のwithコロナにおける取り組みとして、位置情報に関する注目度が上がるきっかけとなりました。

 また個人のスマートフォン普及率の拡大やIoT技術の進展により、位置情報データの獲得が容易になってきたことから、人流データ等の有用性が高まっており、分析のニーズや活用が広がっています。更に最近では、働き方改革や生産工程管理における熟練工の技術継承問題といった、長年の課題に対しても位置情報を活用した解決に取り組む動きが増えてきており、その活用の幅は広がりを見せています。

 そこで今回は位置情報ソリューションを、「測位ソリューション(屋外測位/屋内測位)」と「分析プラットフォームツール」2つの観点から、市場動向推移、利用業種・用途を明らかにすることで、市場参入ベンダー、参入検討ベンダーの事業化戦略、差別化戦略に資する情報の提供を目的としております。

● POINT(資料のポイント)

●屋内外位置情報ソリューション市場は2021年度、YonY19.7%増の255億円、分析プラットフォームツール市場は2021年度、YonY15.9%増の190億円

●位置情報ソリューションを「屋外測位市場」「屋内測位市場」「分析プラットフォームツール」別に集計分析

●主要ベンダー 30社の事業実態を徹底調査、各社の強みや特徴を詳述

●各市場の現状と今後の成長要因や、市場動向について分析。また2025年までの中期予測も掲載

● CONTENTS(資料内容)

○調査要領

第Ⅰ章 位置情報ソリューションの定義と調査範囲

  •  第1節 位置情報ソリューションの定義

  •  第2節 調査対象ベンダー一覧

第Ⅱ章 位置情報ソリューション市場の中期予測



第Ⅲ章 位置情報測位ソリューションの市場動向

  •  第1節 屋内・外測位ソリューション合計の市場動向
    • 第1項 市場トレンド
    • 第2項 ハードウェア・ソフトウェア・サービス構成
    • 第3項 測位対象動向(地形データ/人/乗り物/物/その他)
    • 第4項 活用測位技術動向(GNSS/Wi-Fi/BLE/RFID/地磁気/UWB/自律航法/LPWA/その他)
    • 第5項 業種動向
    • 第6項 用途動向(マーケティング・販促/業務効率化・改善(内自動運転)/事故予防/その他)
    • 第7項 提供形態動向(オンプレミス/クラウド)
    • 第8項 販売チャネル動向
    • 第9項 ユーザー規模動向(1000人以上/100~999人/100人未満)

  •  第2節 屋外測位ソリューションの市場動向
    • 第1項 市場トレンド
    • 第2項 ハードウェア・ソフトウェア・サービス構成
    • 第3項 測位対象動向(地形データ/人/乗り物/物/その他)
    • 第4項 活用測位技術動向(GNSS/Wi-Fi/BLE/RFID/地磁気/UWB/自律航法/LPWA/その他)
    • 第5項 業種動向
    • 第6項 用途動向(マーケティング・販促/業務効率化・改善(内自動運転)/事故予防/その他)
    • 第7項 提供形態動向(オンプレミス/クラウド)
    • 第8項 販売チャネル動向
    • 第9項 ユーザー規模動向(1000人以上/100~999人/100人未満)

  •  第3節 屋内測位ソリューションの市場動向
    • 第1項 市場トレンド
    • 第2項 ハードウェア・ソフトウェア・サービス構成
    • 第3項 測位対象動向(人/乗り物/物/その他)
    • 第4項 活用測位技術動向(GNSS/Wi-Fi/BLE/RFID/地磁気/UWB/自律航法/LPWA/その他)
    • 第5項 業種動向及び活用場所動向
    • 第6項 用途動向(マーケティング・販促/業務効率化・改善(自動運転)/事故予防/その他)
    • 第7項 提供形態動向(オンプレミス/クラウド)
    • 第8項 販売チャネル動向
    • 第9項 ユーザー規模動向(1000人以上/100~999人/100人未満)

第Ⅳ章 分析プラットフォームツール市場動向

  •  第1節 市場トレンド

  •  第2節 屋内外動向

  •  第3節 業種動向

  •  第4節 部門/全社動向

  •  第5節 用途動向(マーケティング・販促/業務効率化・改善/事故予防・BCP/その他)

  •  第6節 提供形態動向(オンプレミス/クラウド)

  •  第7節 販売チャネル動向

  •  第8節 ユーザー規模動向(1000人以上/100~999人/100人未満)

● 個票企業実態・掲載企業

第Ⅴ章 個別企業実態調査編

    • ■位置情報測位ソリューションベンダー
      • 1 AC&M
      • 2 ACCESS
      • 3 Hacobu
      • 4 NECネッツエスアイ
      • 5 NTTドコモ
      • 6 Social Area Networks
      • 7 WHERE
      • 8 コア
      • 9 ソフトバンク
      • 10 東京コンピュータサービス
      • 11 トッパン・フォームズ
      • 12 日本電気
      • 13 ビーキャップ
      • 14 日立産機システム
      • 15 日立ソリューションズ
      • 16 フォルテ
      • 17 富士通
      • 18 マルティスープ
      • 19 丸紅情報システムズ
      • 20 ユニアデックス
      • 21 楽天コミュニケーションズ(旧ユビセンス・ジャパン)
      • 22 リコージャパン
      • 23 レイ・フロンティア
      • 24 ワイズ・ラブ
      • (ABC、五十音順)

    • ■分析プラットフォームツールベンダー
      • 1 ESRIジャパン
      • 2 アドソル日進
      • 3 NTTデータ
      • 4 技研商事
      • 5 クロスロケーションズ
      • 6 東京コンピュータサービス
      • 7 ナイトレイ
      • 8 日立ソリューションズ
      • 9 レイ・フロンティア
      • (ABC、五十音順)

●個票項目

※調査年度は2020年度・2021年度・2022年度の3ヵ年

    • ~測位ソリューション~
      • 1.会社概要
      • 2.位置情報測位ソリューションの業績推移
      • 3.製品、サービス概要
      • 4.屋内外内訳
      • 5.ハードウェア・ソフトウェア・サービス構成比
      • 6.位置情報取得対象動向(地形データ/人/乗り物/物/その他)
      • 7.活用測位技術動向(GNSS/Wi-Fi/BLE/RFID/地磁気/UWB/自律航法/LPWA/その他)
      • 8-1.業種動向(製造/建設/金融/流通・小売/サービス/情報通信/公共公益/その他)
      • 8-2.屋内測位における活用施設動向(工場/倉庫/オフィス/病院/店舗/その他)
      • 9.用途動向(マーケティング・販促/業務効率化・改善(内自動運転)/事故予防/その他)
      • 10.提供形態動向(オンプレミス/クラウド)
      • 11.販売チャネル動向(直販/間販)
      • 12.ユーザー規模動向(1000人以上/100~999人/100人未満)
      • 13.人材リソース
      • 14.定性情報(直近の現状/業種・用途動向/強み/先端技術を組み合わせた取り組み/他社との協業状況)

    • ~分析プラットフォームツール市場~
      • 1.会社概要
      • 2.分析プラットフォームツールの業績推移
      • 3.製品、サービス概要
      • 4.屋外・屋内構成比
      • 5.業種動向(製造/金融/卸・小売/サービス/情報通信/公共公益/その他)
      • 6.用途動向(マーケティング・販促/業務効率化・改善/事故予防・BCP/その他)
      • 7.提供形a態動向(オンプレミス/クラウド)
      • 8.販売チャネル動向(直販/間販)
      • 9.ユーザー規模動向(1000人以上/100~999人/100人未満)
      • 10.人材リソース
      • 11.定性情報(直近の現状/強み/業種・用途動向/先端技術を組み合わせた取り組み/他社との協業状況)

▲ページトップへ