ITユーザーのサーバ導入・利用実態調査 2017

ITユーザーのサーバ導入・利用実態調査 2017

ここ5年、仮想化の進展と統合化で
6サーバのシェア構造と利用実態が大きく変貌

【発 刊】
2017年9月4日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版308頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格640,000円
  • ※Ⅰ.コピー製本 A4版308頁(集計・分析編のみ)
  • ※Ⅱ.CD-ROM( 集計・分析編ファイルと個別企業実態2,021法人ファイル)
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 有賀(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 調査要領

□ アピールポイント

当資料の発刊目的は、国内の民間企業及び自治体、学校、医療法人等公共団体における、6サーバの変貌する導入・利用実態を、法人数と稼働台数の両面から調査・分析し、IT業界各社の営業政策立案とユーザー・ターゲティング並びに顧客DB構築に役立ててもらうことです。企画・営業部門で必要不可欠なユーザー基礎データ満載です。アピールポイントは以下の7点です。

1.2003.2、2005.2、2008.3、2011.12、2017.2と、過去5回定期的にサーバ導入・利用実態調査

2.調査件数2,021法人(信頼度95%・誤差率5%)

3.新規調査として設置場所調査。自社内と業者データセンタ(ハウジング)の利用有無と各稼働台数Bladeサーバの業者データセンタのハウジング利用が最も多く、法人数比で19.3%、台数比で36.3%

4.汎用機とオフコンの廃棄法人数・台数調査継続。廃棄台数比率、汎用機41.2%、オフコン22.6%

□ 調査項目

1.法人概要:法人名/住所/代表電話番号/上場・店頭・未上場

2.法人属性:従業員・職員数/業種10分類(集計・分析は7分野)

 1.製造

 2.建設・工事

 3.流通

 4.サービス

 5.金融

 6.証券・保険

 7.公益

 8.自治体他

 9.学校

 10.医療

3.コンピュータ・サーバ導入・利用状況(汎用機/オフコン/UNIXサーバ/Linuxサーバ/Windowsサーバ/Bladeサーバ)

 ①.各サーバの導入有無

 ②.導入サーバのメーカー名・導入台数・導入年

 ③.自社サーバ設置場所自社内/業者DC(ハウジング)

 ④.購入先(メーカー直or代理店)

 ⑤.サーバ仮想化有無と仮想化台数、仮想化ソフト名

 ⑥.用途(番号)

□ 用途分類と仮想ソフト分類

●用途分類11

 1.財務会計

 2.人事給与

 3.販売/購買

 4.生産管理(以上、基幹業務)

 5.データベース(顧客情報等)

 6.ファイル

 7.ネットワーク

 8.テクニカル(CAD・CAM、研究開発等)

 9.ソフト開発支援

 10.自治体住民サービス

 11.その他( )

●ネットワーク用途分類細分化

 1.インターネット/イントラネット

 2.電子メール

 3.グループウェア

 4.その他( )

●仮想ソフト分類

 V:Vmware

 H:Hyper-V

 C:Citrix

 その他( )

● 調査項目・調査票

□ 調査票

□ 図表サンプルⅠ

図2-4-1各サーバの調査年別普及率と2021年度予測

 ★汎用機は普及率6.0%まで低下。2021年度予測2.4%

 ★オフコンはここ5年漸減で普及率19.8%に止まる。製造・流通・サービスの中堅法人の基幹業務向けサーバとして生き残る。

 ★UNIXサーバは5年連続大幅減少。大手法人の基幹業務向け及び技術計算、研究開発、CAD・CAMなど特定用途で強味。

 ★Linuxサーバ゙はWindowsサーバの仮想化進展とサーバ統合の動きからシェアを奪われ、普及率30.5%から23.7%に低下。

 ★Bladeサーバは普及率が若干低下しているが、データセンタ向けに大きく台数が伸び、稼動台数シェアでは二桁増。

● 調査内容

第1章 調査サンプルサマリー・調査結果基本データ及び国内全体拡大集計

  • 第1節 調査サンプルサマリー
    • 1-1.調査サンプルサマリー
    • 1-2.今回調査のサンプル特性
    • 1-3.今回調査の調査カバー率

  • 第2節 調査結果の基本データ

  • 第3節 サーバ別稼働台数の拡大集計(国内全体)
    • 3-1.サーバ別稼動台数の国内全体の拡大集計とシェア
    • 3-2.稼働台数の拡大集計とJEITAデータとの比較
    • 3-3.従業員規模別/業種別拡大集計結果

第2章 各サーバの過去5回調査の普及率と稼働台数&汎用機・オフコンの廃棄法人数・台数

           

  • 第1節 各サーバの導入比率(普及率)、稼動台数シェア、1法人当り平均稼動台数。
    • 2011年12月調査と2017年2月調査比較
    • 1-1.汎用機
    • ・・・大手金融機関と中堅製造・流通の一部で僅かに残り、導入比率2016年度6.0%、2021年度2.4%
    • 1-2.オフコン
    • ・・・製造・流通・サービスの従業員200~999人規模でしぶとく生き残り、導入比率2016年度19.8%、2021年度17.1%
    • 1-3.UNIXサーバ
    • ・・・導入比率(普及率)、稼働台数シェア、1法人当り稼働台数の全ての指標で減少幅が大きい
    • 1-4.Linuxサーバ
    • ・・・価格コストを軸にWindowsサーバに統合化する法人と、Linuxサーバを残していく法人の二極化
    • 1-5.Windowsサーバ
    • ・・・1法人当り稼働台数は20.3%減の9.2台、仮想サーバを台数に加算すると4.2%増の12.0台
    • 1-6.Bladeサーバ
    • ・・・導入比率21.9%減と減少であるが、1法人当り稼働台数が6.0%増で、稼働台数シェアは18.7%増

  • 第2節 過去5回調査比較
    • 各サーバの従業員規模別普及率と従業員規模別1法人当り稼動台数
    • 2-1.普及率調査
    • ・・・汎用機、オフコン、UNIXサーバ、Linuxサーバは過去5回調査で毎回減少。Windowsサーバは毎回漸増。Bladeサーバは前回調査大幅増加、今回調査21%減
    • 2-2.1法人当り稼動台数調査
    • ・・・汎用機若干減で減少限界点の1.0台、オフコン1.2台と減少打ち止め間近、UNIXとWindowsサーバ、今回調査で二桁減。LinuxとBladeサーバ漸増続く

  • 第3節 汎用機とオフコンの廃棄法人数・廃棄台数
    • 3-1.汎用機の廃棄法人数・廃棄台数と年別廃棄法人数・台数
    • 3-2.オフコンの廃棄法人数・廃棄台数と年別廃棄法人数・台数

第3章 各サーバの導入年別稼動台数と主要メーカー別動向

  • 第1節 各サーバの導入年別稼動台数
    • 1-1.Windowsサーバの稼働台数シェア64.0%から81.9%へ

  • 第2節 主要メーカーの導入年別稼動台数とシェア
    • 2-1.汎用機 主要メーカーの導入年別導入台数・稼働台数・シェア
    • 2-2.オフコン 主要メーカーの導入年別導入台数・稼働台数・シェア
    • 2-3.UNIXサーバ 主要メーカーの導入年別導入台数・稼働台数・シェア
    • 2-4.Linuxサーバ 主要メーカーの導入年別導入台数・稼働台数・シェア
    • 2-5.Windowsサーバ 主要メーカーの導入年別導入台数・稼働台数・シェア
    • 2-6.Bladeサーバ 主要メーカーの導入年別導入台数・稼働台数・シェア

第4章 各サーバの従業員規模別・業種別・地域別導入法人数/導入比率(普及率)

  • 第1節 各サーバの従業員規模別・業種別・地域別導入法人比率(普及率)
    • 1-1.各サーバの導入法人比率と前回調査比較
    • 1-2.各サーバの従業員規模別導入法人比率と前回調査比較
    • 1-3.各サーバの業種別導入法人比率と前回調査比較
    • 1-4.各サーバの地域別導入法人比率と前回調査比較

  • 第2節 各サーバの業種別・従業員規模別法人数のマトリックス表

第5章 各サーバの従業員規模別・業種別・地域別稼動台数/シェア

  • 第1節 各サーバの従業員規模別・業種別・地域別稼動台数/前回調査と今回調査比較
    • 1-1.各サーバの従業員規模別稼動台数シェアの現状
    • 1-2.各サーバの従業員規模別稼動台数シェアと前回調査比較
    • 1-3.各サーバの業種別稼動台数シェアと前回調査比較
    • 1-4.各サーバの地域別稼動台数シェアと前回調査比較

  • 第2節 各サーバの従業員規模別・業種別稼動台数マトリックス表

第6章 自社サーバの設置場所 自社内/業者DC(ハウジング)/両方設置

  • 第1節 各サーバの設置場所別法人数・法人数比率と稼働台数・台数比率
    • 1-1.自社内/業者DC(ハウジング)/両方設置別の法人数・法人数比率
    • 1-2.自社内/業者DC(ハウジング)/両方設置別の稼働台数・台数比率

  • 第2節 各サーバの従業員規模別・業種別・地域別の設置場所別
    • 2-1.大手法人の業者DC(ハウジング)利用、全てのサーバで法人数・台数比率とも突出
    • 2-2.業種別と地域別の業者DC利用傾向

第7章 サーバ別に見た主要メーカーの導入法人数シェアと稼動台数シェア

  • 第1節 各サーバの主要メーカーの導入法人数シェア 前回調査・今回調査比較
    • 1-1.汎用機
    • ・・・導入法人数シェアで日本電気と富士通並ぶ
    • 1-2.オフコン
    • ・・・日本IBM独走
    • 1-3.UNIXサーバ
    • ・・・富士通、シェア30%以上で安定
    • 1-4.Linuxサーバ
    • ・・・日本HP、ProLiantとIntegrityの2系統でシェア2位に浮上
    • 1-5.Windowsサーバ
    • ・・・シェア1位・2位は富士通と日本電気で固定、3位はレボノ(日本IBM)からHPに交代
    • 1-6.Bladeサーバ
    • ・・・前回と今回調査ではシェア順位(1位・2位・3位)全て入れ替わり

  • 第2節 主要メーカーの従業員規模別・業種別・地域別の導入法人数・シェア

  • 第3節 各サーバの主要メーカーの稼動台数・シェア 前回調査・今回調査
    • 3-1.汎用機
    • ・・・稼働台数においても日本電気と富士通並ぶ
    • 3-2.オフコン
    • ・・・法人数シェアよりも小さくなるが、やはり日本IBM独走
    • 3-3.UNIXサーバ
    • ・・・日本HP、学校(大学)のシェアアップで2位に浮上
    • 3-4.Linuxサーバ
    • ・・・日本HP、製造・流通・学校でシェアアップし、2位に浮上
    • 3-5.Windowsサーバ
    • ・・・富士通の1法人当り稼働台数、全ての従業員規模・業種で最も高く、稼動台数シェア30%以上
    • 3-6.Bladeサーバ
    • ・・・前回と今回調査ではシェア1位・2位・3位全て入れ替わり

  • 第4節 主要メーカーの従業員規模別/業種別稼働台数マトリックス表

第8章 各サーバの直販・代販比率、大きく変貌

  • 第1節 汎用機を除いてサーバ゙販売は代販が主体

  • 第2節 従業員規模別・業種別・地域別メーカー直販比率/代販比率

  • 第3節 各サーバのメーカー別直販・代販比率
    • 3-1.各サーバのメーカー別直販・代販比率
    • 3-2.従業員規模別のメーカー別直販/代販比率
    • 3-3.業種別のメーカー別直販/代販比率
    • 3-4.地域別のメーカー別直販/代販比率

第9章 サーバ別・メーカー別利用用途比率

  • 第1節 各サーバの用途別掲出回数・比率
    • 1-1.用途別掲出回数の計算方法
    • 1-2.各サーバの利用用途比率 前回調査比較
    • (1).汎用機・・・基幹業務、前回調査86.1%→今回調査92.0% 
    • (2).オフコン・・・普及率の減少率が小さくなって基幹業務用途比率、前回調査と同じ
    • (3).UNIXサーバ・・・購買/販売管理用途増加、ネットワークサーバ用途減少 
    • (4).Linuxサーバ・・・NW用途74.9%→66.6%。基幹業務用途5.8%→12.2%
    • (5).Windowsサーバ・・・汎用性の高いWindows。全用途(11項目)で掲出回数シェアトップ
    • (6).Bladeサーバ・・・用途構成比は前回調査と異なり、Windowsとの違いが見えてきた

  • 第2節 各サーバのメーカー別・用途別掲出回数・比率

  • 第3節 従業員規模別・業種別用途掲出回数・比率

第10章 WindowsサーバとBladeサーバの仮想化導入ユーザー法人数・台数

  • 第1節 仮想化導入ユーザー法人数と仮想化ソフト
    • 1-1.各サーバの仮想導入法人数・仮想化台数
    • 1-2.仮想化導入ユーザー法人数と仮想化普及率44.0%(図・表10-1・2)
    • 1-3.仮想化導入台数と仮想化台数比率19.8%(図・表10-2・1)
    • 1-4.仮想化ソフトは法人数ベースと台数ベースではかなりシェアが異なる

  • 第2節 従業員規模別・業種別仮想化導入比率
    • 2-1.業種別仮想化導入ユーザー法人数比率(図・表10-5)
    • 2-2.従業員規模別仮想化導入ユーザー法人数比率(図・表10-6)

  • 第3節 サーバメーカー別仮想化導入比率
    • 3-1.仮想化導入ユーザー法人数・稼働台数シェア(図・表10-11)
    • ・・・際立つ日本HPと日本IBMの仮想化サーバのシェアアップ
    • 3-2.サーバメーカー別仮想化ソフトのシェア・構成比(図・表10-11・12・13)
    • ・・・各サーバメーカーともVMware主体であるが、多くのメーカーでHyper-Vの割合増加

▲ページトップへ