クラウド・ビッグデータで伸展するワイヤレスM2Mソリューション市場の実態と展望2013年度版【第2版】

クラウド・ビッグデータで伸展するワイヤレス M2M ソリューション市場の実態と展望2013年度版【第2版】

【発 刊】
2013年4月30日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版463頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 阿部(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

M2Mとは、”Machine to Machine”の略称であり、機械(モノ)と機械(モノ)が人の手を介さずに通信を行う仕組みのことを指す。M2M自体新しい概念ではないが、通信モジュールや通信料金の低価格化により、導入用途の広がりを見せている。

無線技術を活用したワイヤレスM2M市場は、機器の遠隔監視や省エネ需要の高まりによるエネルギー管理、老朽化設備の監視などで利用され、将来的にはスマートシティや社会インフラへの適用も期待されている。また、同市場は新規事業拡大を狙うSIベンダが積極的な取り組みをみせている市場でもある。M2Mシステムに必要なインフラを月額料金で利用できるクラウドサービスや、M2Mで収集したビッグデータの分析・活用サービスなど、新たなユーザーニーズへの取り組みに向けた動きが進んでいる。

2012年度版に引き続き、ワイヤレスM2M市場を、システムインフラ部分からボトムアップ調査することで市場の動向を包括的に集計・分析し、2017年度までの中期予測を行うことで業界各位のマーケティング活動に資することを発刊の目的としている。

■本資料のワイヤレスM2Mソリューションの定義

本資料におけるワイヤレスM2Mソリューションとは、下記の通信方式(※)を利用し、通信端末(モジュール)により、各種情報を収集・管理するシステム・製品・サービス及びクラウドサービスを指す(通信料金は含まない)。

● 資料のポイント

●2017年には1,500億円市場に

・総市場規模は、2012年500億円市場から2017年には1,500億円市場となる見込。920MHz帯の普及と更なる法整備が市場拡大へのポイント。

●M2Mクラウドの市場規模を算出

・M2Mクラウド(ワイヤレスM2M向けクラウドサービス)の市場規模を算出。今後、システム構築用途だけでなく、収集したデータの分析・活用ニーズが増していくことにより、市場規模は、5年後には現在の20倍近くになると予測。

●アプリケーションを詳細調査

・アプリケーション(導入用途)を17カテゴリに分け、各通信方式ごとに詳細調査を実施。

●市場参入企業41社の調査個票を収録

・無線機器メーカー、SI企業から、通信キャリアまで、同市場の国内プレーヤー41社を徹底調査。取り組み状況から、今後の展望までを掲載。(収録社数11社拡大)

● 資料内容

 

※各調査項目において、2017年度までの中期予測を実施

第1章 ワイヤレスM2Mソリューション市場の定義と調査範囲

第2章 ワイヤレスM2Mソリューション総市場動向

  • ●市場規模・中期予測
  • ●国内向け、海外向け売上動向

第3章 ハード/ソフト/サービス別 市場動向

  • ●ハードウェア関連(通信端末(モジュール含)、その他ハードウェア(サーバ含)
  • ●ソフトウェア関連
  • ●サービス関連(システム構築・設置導入、保守サポート・その他サービス)
  • ※参考値として、「保守サポート・その他サービス」に含まれるクラウドサービスの市場規模を算出

第4章 ワイヤレスM2Mソリューションのハードウェア製品出荷台数動向

  • ●通信端末(モジュール含)出荷台数

第5章 通信方式タイプ別 市場動向

  • (※)通信方式タイプ区分:
    • 【近距離無線】
    • ①特定小電力無線
    • ②ZigBee
    • ③Wi-Fi(無線LAN)
    • ④微弱無線
    • ⑤Bluetooth(*1)
    • ⑥UWB(*1)
    • ⑦Z-Wave(*1)
    •      

    • 【モバイル公衆網】
    • ⑧PHS
    • ⑨CDMA
    • ⑩W-CDMA
    • ⑪WiMAX(*2)
    • ⑫LTE(*2)
    • ⑬GSM(*2)
    • ※本資料では(*1)は「その他近距離無線」、(*2)は「その他モバイル公衆網」で一括集計している。

第6章 周波数帯域別 市場動向

  • ・周波数帯域区分:
    • ①300MHz帯域
    • ②400MHz帯域
    • ③950MHz・920MHz帯域
    • ④2.4GHz帯域
    • ⑤その他帯域

第7章 業種別 市場動向

  • ・業種区分:
    • ①製造
    • ②金融
    • ③流通・サービス
    • ④公益
    • ⑤公共
    • ⑥民生・他

第8章 適用分野別 市場動向

  • ・適用分野区分:
    • ①工業・工場関連
    • ②環境・エネルギー・省エネ関連
    • ③遠隔・リモート監視関連
    • ④保全・保守(メンテナンス)関連
    • ⑤車両・物流関連
    • ⑥セキュリティ関連
    • ⑦食・農業関連
    • ⑧医療・介護・福祉・ヘルスケア関連
    • ⑨その他

第9章 アプリケーション別 市場動向

  • 【通信方式タイプ区分(※)ごとにアプリケーション別動向を集計】

  • ・アプリケーション区分:
       

    • ●状態管理・監視
    • ・温度・湿度の管理・監視 
    •   

    • ・電力管理・監視   
    •    

    • ・施設・構造物の管理・監視
    • ・機器・装置の制御・監視  
    •   

    • ・資産(在庫・所在)管理 
    • ・位置情報管理
    • ・車両管理・運行管理  
    •      

    • ・防災・災害対策   
    •    

    • ・屋外環境データ収集
    • ・自動検針   
    •           

    • ・自動販売機管理  
    •    

    • ・その他状態管理・監視

  • ●セキュリティ
    • ・入退出管理(不正侵入防止含)
    • ・物品持出管理(盗難防止含)
    • ・見守りシステム
    • ・その他セキュリティ

  • ●その他

第10章 個別企業実態編

● 調査項目

1.企業概要

  • ・基本情報、ワイヤレスM2Mソリューションビジネスへの取り組み・概要、主要取扱製品

2.業績

  • ・総売上高、ワイヤレスM2Mソリューション売上高(国内向け売上高、海外向け売上高)

3.ハード/ソフト/サービス別 ワイヤレスM2Mソリューション売上高

  • ・ハードウェア関連(通信端末(モジュール含)、その他ハードウェア(サーバ含)
  • ・ソフトウェア関連、・サービス関連(システム構築・設置導入、保守サポート・その他サービス)

4.ワイヤレスM2Mソリューションにおけるハードウェア製品出荷台数

  • 通信端末(モジュール含)出荷台数 × 通信方式タイプ別(※)

5.通信方式タイプ別 ワイヤレスM2Mソリューション売上高

  • (※)通信方式タイプ
    • ①特定小電力無線
    • ②ZigBee(IEEE802.15.4ベース)
    • ③Wi-Fi(無線LAN)
    • ④その他近距離無線
    • ⑤PHS
    • ⑥CDMA
    • ⑦W-CDMA
    • ⑧その他モバイル公衆網

6.周波数帯域別 ワイヤレスM2Mソリューション売上高

  • ①300MHz帯域
  • ②400MHz帯域
  • ③950MHz・920MHz帯域
  • ④2.4GHz帯域
  • ⑤その他帯域

7.ユーザー業種別 ワイヤレスM2Mソリューション売上高

  • ①製造
  • ②金融
  • ③流通・サービス
  • ④公益
  • ⑤公共
  • ⑥民生・他

8.適用分野別 ワイヤレスM2Mソリューション売上高

  • ①工業・工場関連
  • ②環境・エネルギー・省エネ関連
  • ③遠隔・リモート監視関連
  • ④保全・保守(メンテナンス)関連
  • ⑤車両・物流関連
  • ⑥セキュリティ関連
  • ⑦食・農業関連
  • ⑧医療・介護・福祉・ヘルスケア関連
  • ⑨その他

9.アプリケーション別×通信方式タイプ別 ワイヤレスM2Mソリューション売上高

  • 【通信方式タイプ区分(※)ごとにアプリケーション別動向を集計】
    • ●状態管理・監視
    • ・温度・湿度の管理・監視  
    •     

    • ・電力管理・監視      
    •   

    • ・施設・構造物の管理・監視
    • ・機器・装置の制御・監視  
    •     

    • ・資産(在庫・所在)管理  
    •   

    • ・位置情報管理
    • ・車両管理・運行管理   
    •      

    • ・防災・災害対策     
    •     

    • ・屋外環境データ収集
    • ・自動検針       
    •         

    • ・自動販売機管理   
    •     

    • ・その他状態管理・監視
    • ●セキュリティ
    • ・入退出管理(不正侵入防止含) ・物品持出管理(盗難防止含) ・見守りシステム
    • ・その他セキュリティ
    • ●その他

10.自社のアドバンテージと現状の課題

  • ・自社のアドバンテージ、現状の課題

11.事業体制と今後の展望

  • ・販売戦略/製品戦略、導入例、2012年度までの結果・動向、今後(2013年度以降)の見通し、有望アプリケーション/組み合わせ技術(立ち上がり予測)

● 調査企業41社一覧

  • 1.KDDI
  • 2.NECエンジニアリング
  • 3.NECマグナスコミュニケーションズ
  • 4.SIERRA WIRELESS Japan
  • 5.イーアンドエム
  • 6.イーラボ・エクスペリエンス
  • 7.岩崎通信機
  • 8.インターネットイニシアティブ
  • 9.上田日本無線
  • 10.エアマイクロ
  • 11.エヌ・ティ・ティ ピー・シーコミュニケーションズ
  • 12.エヌ・ティ・ティ・データ
  • 13.エヌ・ティ・ティ・ドコモ
  • 14.沖電気工業
  • 15.オムロン
  • 16.オムロンソフトウェア
  • 17.加賀電子
  • 18.コア
  • 19.サイレックス・テクノロジー
  • 20.佐鳥電機
  • 21.シャープマニファクチャリングシステム
  • 22.住友電工ネットワークス
  • 23.セイコーインスツル
  • 24.ソフトバンクモバイル
  • 25.立山科学工業
  • 26.ディジ インターナショナル
  • 27.データテクノロジー
  • 28.東京コスモス電機
  • 29.長野日本無線
  • 30.ナカヨ通信機
  • 31.日本エアロスカウト
  • 32.日本電気
  • 33.ネクス
  • 34.日立産機システム
  • 35.日立製作所
  • 36.日立ソリューションズ
  • 37.華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)
  • 38.富士通
  • 39.安川情報システム
  • 40.ユビキタス
  • 41.ルートレック・ネットワークス
  • ※簡易個票有り

▲ページトップへ