コアコンピタンス特化で整理・淘汰進むフィジカルセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2012

コアコンピタンス特化で整理・淘汰進むフィジカルセキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2012

【発 刊】
2012年4月13日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版490頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円
  • [3]CD-ROM版 価格380,000円
  • [4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • ※価格は消費税を含みません。
  • ※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • ※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • ※送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 熊谷(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

■近年、オフィスのセキュリティ管理では、入退室管理システムを中心としたフィジカルセキュリティ(物理セキュリティ) システムと情報セキュリティが連携し、統合管理したソリューションが拡大している。

■オフィスビル、商業施設、工場、データセンターなどを調査範囲とし、ICカードセキュリティ市場を含むフィジカルセキュリティ市場に焦点を当て、セキュリティ製品取扱いベンダー、防犯機器ベンダー、総合ITベンダー全38社をを取材調査。

■入退室管理システム、映像監視システム等下記8分野の詳細調査(全製品別3ヵ年【2010年度~2012年度】出荷金額、シェア、導入業種別出荷動向、従業員規模別出荷動向、導入経緯別出荷動向、販売ルート別出荷動向など)

■市場全体はリーマンショックで市場規模が下がるもその後徐々に回復。売上を伸ばしているベンダーは専業ノウハウを活かして統合管理ソリューションを提供。現在も参入ベンダーの整理・淘汰が進んでいる。

● マーケットメッセージ

● 【POINT】

■フィジカルセキュリティ市場では、ICカードや生体認証など情報と映像監視などの統合管理が進んでいる。

今後はフィジカルセキュリティの統合管理だけではなく、エレベーターや空調、照明などのビルファシリティ全体との 連携ニーズも高まりを見せ、様々な設備との統合管理、複数の拠点における統合管理が今後さらに進行していく。

今後は①省電力、②統合管理、③クラウド型管理といったキーワードで利用が拡大すると見られる。

● 調査分野

1.ICカード入退室管理

2.生体認証入退室管理

3.セキュリティゲート

4.共連れ検出システム

5.IDカード管理システム

6.映像監視システム

7.監視センサシステム

8.物品持ち出し管理

● 資料内容

第1章 フィジカルセキュリティソリューション市場動向

  • 第1節 フィジカルセキュリティソリューション市場の定義と調査範囲

  • 第2節 コアコンピタンス特化で整理・淘汰進むフィジカルセキュリティソリューション市場動向

第2章 フィジカルセキュリティソリューション市場規模推移・中期予測

  • 第1節 フィジカルセキュリティソリューション市場の市場規模と中期予測(2010~2016年度)
    • (1)導入業種別動向(建設業/製造業/通信業/サービス業/流通・消費財/金融業/公益事業/公共・学校)
    • (2)導入従業員規模別動向(1,000人以上/300~1,000人以下/100~300人以下/50~100人以下/50人以下)
    • (3)導入場所別動向(屋内/屋外)
    • (4)導入経緯別動向(新規/増設/リプレース)
    • (5)販売ルート別動向(OEM/ゼネコン・サブコン/SIer・代理店/ユーザー直販)
    • (6)ベンダーカテゴリ別売上推移(ITベンダー/非ITベンダー)

第3章 カテゴリ別フィジカルセキュリティソリューション市場動向

  • 第1節 ICカード入退室管理システム

  • 第2節 生体認証入退室管理システム

  • 第3節 セキュリティゲートシステム

  • 第4節 共連れ検出システム

  • 第5節 IDカード管理システム

  • 第6節 映像監視システム

  • 第7節 監視センサシステム

  • 第8節 物品持ち出し管理システム

  • ※各節ごとに、出荷金額、導入業種、導入場所、販売ルート別に集計・分析、グラフ化
    • ①出荷金額シェア
    • ②導入業種別動向
    • ③導入従業員規模別動向
    • ④導入場所別動向
    • ⑤導入経緯別動向
    • ⑥販売ルート別動向
    • ⑦ベンダーカテゴリ別売上推移(ITベンダー/非ITベンダー)

第4章 ID管理システムの利用動向

  • 第1節 ID管理システムの併用状況(入退室管理/勤怠管理/PCログオン/コピー管理/ICカード決済/物品持ち出し管理/映像監視/その他システムとの併用比率)

第5章 個別企業実態編

  • 国内主要IT・セキュリティベンダー、防犯製品ベンダー 38社
    • ※各社に対しての面接取材による調査

  • ICカード入退室管理・・・リーダ/ライタ/ICカード/ソフトウェア等

  • 生体認証入退室管理・・・指紋/静脈/顔/虹彩認証等

  • セキュリティゲート・・・フラッパーゲート等

  • 共連れ検出システム・・・アンチパスバックシステム等

  • IDカード管理・・・ICカード社員証/学生証ソリューション等

  • 映像監視システム・・・カメラ/録画装置/モニタ/ソフトウェア等

  • 監視センサ・・・パッシブセンサ/アクティブセンサ等

  • 物品持ち出し管理システム・・・セキュリティロッカー等

● 調査項目

  • 1.企業概要
  • ■資本金/設立/株主/URL/事業内容等
  • 2.業績推移(2010年度/2011年度/2012年度)
  • ■総売上高/フィジカルセキュリティ関連売上高
  • 3.人員構成
  • ■開発・SE/コンサル/保守・サポート/営業/マーケティング/その他
  • 4.販売ルート動向
  • ■OEM/ゼネコン・サブコン/SIer・パートナー/ユーザー直販
  • 5.関連組織とアライアンス状況
  • ■パートナー一覧/アライアンス状況/関連動向
  • 6.導入事例/ユーザー数
  • 7.製品概要
  • ■製品名/価格/機能等
  • 8.製品出荷金額
  • ■ハードウェア売上/ソフトウェア売上/SI(含カスタマイズ)/設置・導入サービス/保守・サポート売上/その他
  • 9.製品販売ルートならびに導入場所
  • ■出荷本数/製品販売経緯(新規/増設/リプレース)
  • ■導入場所別構成比(屋内/屋外)
  • 10.導入業種別出荷比率
  • ■公共・学校/公益事業/金融業/流通業/サービス/通信/製造/建設・工事
  • 11.エンドユーザー従業員規模比率
  • ■1,000人以上/300~1,000人/100~300人/50~100人/50人以下
  • 12.ICカード利用動向(該当ベンダーのみ調査)
  • ■利用用途/併用比率
  • 13.各種動向
  • ■製品概要/販売戦略/優位性・課題/サポート体系/ソリューション展開製品/海外での利用/震災の影響/今後の展望

● 図表目次

  • 【図表2-1-1~41】
  • フィジカルセキュリティソリューション市場推移・中期予測(2010~2016年度)
  • 【図表3-1-1~39】
  • ICカード入退室管理市場推移/導入業種別/導入場所別/販売ルート別/ベンダーカテゴリ別出荷金額(2010~2012年度)
  • 【図表3-2-1~39】
  • 生体認証入退室管理市場推移/導入業種別/導入場所別/販売ルート別/ベンダーカテゴリ別出荷金額(2010~2012年度)
  • 【図表3-3-1~39】
  • セキュリティゲート市場推移/導入業種別/導入場所別/販売ルート別/ベンダーカテゴリ別出荷金額(2010~2012年度)
  • 【図表3-4-1~39】
  • 共連れ検出システム市場推移/導入業種別/導入場所別/販売ルート別/ベンダーカテゴリ別出荷金額(2010~2012年度)
  • 【図表3-5-1~39】
  • IDカード管理システム市場推移/導入業種別/導入場所別/販売ルート別/ベンダーカテゴリ別出荷金額(2010~2012年度)
  • 【図表3-6-1~39】
  • 映像監視システム市場推移/導入業種別/導入場所別/販売ルート別/ベンダーカテゴリ別出荷金額(2010~2012年度)
  • 【図表3-7-1~39】
  • 監視センサシステム市場推移/導入業種別/導入場所別/販売ルート別/ベンダーカテゴリ別出荷金額(2010~2012年度)
  • 【図表3-8-1~39】
  • 物品持ち出し管理システム市場推移/導入業種別/導入場所別/販売ルート別/ベンダーカテゴリ別出荷金額(2010~2012年度)
  • 【図表4-1-1~5】
  • ID管理システムによる各システム併用状況(2010~2012年度)

● 個別企業実態編(38社)

  • 【IT系ベンダー】
  • 1.NTTファシリティーズ
  • 2.SYNCHRO
  • 3.キヤノンマーケティングジャパン
  • 4.セキュリティゲート・ジャパン
  • 5.パナソニック システムネットワークス
  • 6.バリアリーフ・インターナショナル
  • 7.フィット・デザイン・システム
  • 8.三菱電機
  • 9.日本電気
  • 10.日立国際電気
  • 11.日立情報制御ソリューションズ
  • 12.日立情報通信エンジニアリング
  • 13.日立製作所
  • 14.富士通
  • 【防犯・防災製品ベンダー】
  • 15.TOA
  • 16.アート
  • 17.アクシスコミュニケーションズ
  • 18.アルファロッカーシステム
  • 19.オプテックス
  • 20.キング通信工業
  • 21.クマヒラ
  • 22.スターツファシリティサービス
  • 23.タツタ電線
  • 24.ドッドウエル ビー・エム・エス
  • 25.ホーチキ
  • 26.ユタカ電気
  • 27.高見沢サイバネティックス
  • 28.高千穂交易
  • 29.池上通信機
  • 30.竹中エンジニアリング
  • 31.中央電子
  • 32.日本ハルコン
  • 【その他製品ベンダー】
  • 33.JVCケンウッド
  • 34.イトーキ
  • 35.コクヨファニチャー
  • 36.岡村製作所
  • 37.大日本印刷
  • 38.凸版印刷

▲ページトップへ