パッケージ型&スクラッチ型ソリューション市場2006

パッケージ型&スクラッチ型ソリューション市場2006

【発 刊】
2006年12月4日
【資料体裁・価格】
  • [1]A4版615頁(ハードコピー版) 価格190,000円
  • [2]CD-ROM版 価格380,000円
  • [3]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円
  • 価格は消費税を含みません。
  • コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。
  • お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。
  • 送料は弊社持ちになります。お振込み手数料は恐れ入りますが貴社にてご負担下さいませ。

■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。

【問い合わせ先】担当: 平山/樋口(ミック経済研究所 電話番号:03-5443-2991)

● 発刊の目的

■IT企業は、顧客企業からの低価格化や短納期化、高機能化といった要望に対応しつつも、収益性の向上や不採算リスクの低減といった課題を抱えています。不採算案件を多く抱えたIT業界では、PMO導入やプライマリ受注の見直し、オフショア開発の活用といった対策を講じてきました。また、事業ポートフォリオを「パッケージを中心としたソリューション提供」へとシフトすることにより、リスクを抑えつつ収益性を維持できる事業体質を目指す動きが顕著になっています。本調査では、ソリューション市場を、パッケージ中心型とスクラッチ型の二市場に分けて集計・分析することにより、より深いレベルでの市場トレンドを把握することを目的としています。

● マーケットメッセージ

◆2006年度 10兆円市場→2010年度 13.5兆円市場

2005年度のパッケージ型&スクラッチ型ソリューション市場は10兆571億円。2010年度には13兆4,927億円市場へと拡大!

◆ソリューション市場に占めるパッケージ中心型ソリューション比率

2006年度 27.3%→ 2010年度 29.6%

◆06年度予測成長率

パッケージ中心型 プラス8.2%  スクラッチ型プラス5.2%

◆大手ITベンダー、SIer、パッケージベンダ37社を徹底調査

● 資料内容

分析編

■第1章パッケージ中心型、スクラッチ型ソリューションの定義について

  • 第1項定義について
  • 第2項市場カバー率について

■第2章パッケージ中心型&スクラッチ型ソリューション市場全体

  • 第1節ソリューション市場全体について
    • 第1項市場規模の推移
    • 第2項サービス別トレンド

  • 第2節パッケージ中心型ソリューション市場

  • 第3節スクラッチ(手組み・受託)型ソリューション市場

  • 第4節ITベンダー、パッケージベンダーの収益性向上戦略

■第3章パッケージ中心型ソリューション市場のサービス別トレンド

  • 第1節市場トレンド

  • 第2節コンサルティング

  • 第3節ソフトウェア販売

  • 第4節開発サービス
    • 第1項パッケージ中心型ソリューションにおける開発サービス売上高
    • 第2項パッケージ中心型ソリューションにおける開発サービス売上高の比率
    • 第3項パッケージ中心型ソリューション市場の開発サービス売上高におけるシェア
    • 第4項パッケージ中心型ソリューション市場の開発サービスにおけるソリューション別トレンド

  • 第5節運用支援・ビジネスリカバリ

  • 第6節教育・研修

  • 第7節ソフトウェア保守

  • 第8節ネットワーク&デスクトップマネジメント(NW&DTM)

  • 第9節アプリケーションアウトソーシング(APO)

■第4章パッケージ中心型ソリューション市場のソリューション別トレンド

  • 第1節ERPソリューション

  • 第2節CRMソリューション

  • 第3節SCMソリューション

  • 第4節その他ソリューション

■第5章スクラッチ型ソリューション市場のサービス別トレンド

  • 第1節市場トレンド

  • 第2節サービス別トレンド
    • 第1項コンサルティング
    • 第2項ソフトウェア販売
    • 第3項開発サービス
    • 第4項運用支援・ビジネスリカバリ
    • 第5項教育・研修
    • 第6項ソフトウェア保守
    • 第7項ネットワーク&デスクトップマネジメント(NW&DTM)
    • 第8項アプリケーションアウトソーシング(APO)

■第6章業種別の需要動向

  • 第1節ソリューション市場全体のトレンド
    • 第1項ソリューション市場規模
    • 第2項業種別の市場規模
    • 第3項パッケージ中心型、スクラッチ型の対比

  • 第2節製造分野
    • 1項製造分野におけるトレンド
    • 2項パッケージ中心型:スクラッチ型比率
    • 3項各業種の成長性
    • 4項シェア動向(パッケージ中心型/スクラッチ型)

  • 第3節金融分野
    • 1項金融分野におけるトレンド
    • 2項パッケージ中心型:スクラッチ型比率
    • 3項各業種の成長性
    • 4項シェア動向(パッケージ中心型/スクラッチ型)

  • 第4節流通分野
    • 1項流通分野におけるトレンド
    • 2項パッケージ中心型:スクラッチ型比率
    • 3項各業種の成長性
    • 4項シェア動向(パッケージ中心型/スクラッチ型)

  • 第5節サービス分野
    • 1項サービス分野におけるトレンド
    • 2項パッケージ中心型:スクラッチ型比率
    • 3項各業種の成長性
    • 4項シェア動向(パッケージ中心型/スクラッチ型)

  • 第6節通信・放送分野
    • 1項通信・放送分野におけるトレンド
    • 2項パッケージ中心型:スクラッチ型比率
    • 3項各業種の成長性
    • 4項シェア動向(パッケージ中心型/スクラッチ型)

  • 第7節公共・公益分野
    • 1項公共・公益分野におけるトレンド
    • 2項パッケージ中心型:スクラッチ型比率
    • 3項各業種の成長性
    • 4項シェア動向(パッケージ中心型/スクラッチ型)

■第7章従業員規模別の市場動向

  • 第1節ソリューション市場全体

  • 第2節パッケージ中心型ソリューション市場

  • 第3節スクラッチ型ソリューション市場

個別企業実態編

■第8章個別企業実態編

● 調査項目

  • 1. 企業概要
  • 2, 業績推移・総売上高構成(2004年度~2006年度)
  • ・パッケージ中心型ソリューション売上高(ソフトウェア販売、サービス売上)
  • ・スクラッチ型ソリューション売上高(ソフトウェア販売、サービス売上)
  • ・コンピュータ関連 その他売上
  • ・コンピュータ関連以外
  • 3. ソリューション売上高 利益率 (2004年度~2006年度)
  • 4. ソリューション売上高構成(サービス別) (2004年度~2006年度)
  • ・パッケージ中心型ソリューション売上高
  • ■コンサル(導入サポート)
  • ■ソフトウェア販売
  • ■開発サービス
  • ■運用支援・ビジネスリカバリ
  • ■教育・研修
  • ■ソフトウェア保守
  • ■ネットワーク&デスクトップマネジメント
  • ■アプリケーションアウトソーシング
  • ・スクラッチ型ソリューション売上高
  • ■コンサル(導入サポート)
  • ■ソフトウェア販売
  • ■開発サービス
  • ■運用支援・ビジネスリカバリ
  • ■教育・研修
  • ■ソフトウェア保守
  • ■ネットワーク&デスクトップマネジメント
  • ■アプリケーションアウトソーシング
  • 5. パッケージ中心型ソリューション売上高
  • ①ERPパッケージ関連
  • ②CRM/BIパッケージ関連
  • ③SCP(SCM)パッケージ関連
  • ④その他パッケージ関連)
  • 6. パッケージ中心型の「開発サービス」売上高
  • ①ERP関連開発サービス
  • ②CRM/BI関開発サービス、
  • ③SCP(SCM)関連開発サービス
  • ④その他パッケージ関連開発サービス
  • 7. ソリューション売上高 業種別需要分野構成 (顧客業種を15業種に分類)
  • ・ 製造業(自動車、家電・情報家電、その他製造業)
  • ・ 金融業(都銀・地銀、証券・保険・カード・ノンバンク)
  • ・ 流通業(卸売・商社、小売・飲食)
  • ・ サービス業(IT・ネット系、物流・倉庫、各種サービス)
  • ・ 放送・通信(通信、放送)
  • ・ 公共・公益(官公庁、自治体、公益・その他)
  • 8. ソリューション売上高 顧客企業の
  • 従業員規模別構成
  • ・大手(1,000人以上)
  • ・中堅(300人~1,000人)
  • ・小企業(300人未満)
  • 9. 定性情報
  • ・収益性向上のための戦略
  • ・製品戦略、サービス戦略、差別化戦略
  • ・アライアンス、協業、開発協力など
  • ・ターゲットユーザ
  • ・ユーザへのアプローチ方法
  • ・主要取り扱いパッケージソフト名
  • ・オープンソースソフトウェアへの対応

● 調査収録企業

  • 【ITベンダー】
  • 1. 富士通
  • 2. 日本アイ・ビー・エム
  • 3.日立製作所
  • 4.NTTデータ
  • 5.日本電気
  • 6.日本ユニシス
  • 7.野村総合研究所
  • 8.日本HP
  • 9.日立ソフトウェアエンジニアリング
  • 10.NECソフト
  • 11.日立情報システムズ
  • 12.富士通ビジネスシステム
  • 13.電通国際情報サービス
  • 14.三菱電機インフォメーションシステムズ
  • 15.NECネクサソリューションズ
  • 16.富士通アドバンストソリューションズ
  • 17.オービック
  • 18.JFEシステムズ
  • 19.日本電子計算
  • 20.キーウェアソリューションズ
  • 21.クレオ
  • 22.インフォメーション・ディベロップメント
  • 23.東洋ビジネスエンジニアリング
  • 24.クオリカ
  • 25.横河情報システムズ
  • 26.イーシステム
  • 【パッケージベンダー】
  • 27.日本オラクル
  • 28.SAP
  • 29.ワークスアプリケーションズ
  • 30. 日本オラクルインフォメーションシステムズ
  • 31.インフォベック
  • 32.i2 テクノロジーズジャパン
  • 33.ローソンソフトウェア ジャパン(【旧】インテンシアジャパン
  • 34.【旧】インフォア・グローバル・ソリューションズ・ジャパン
  • 35.グロービアインターナショナル
  • 36.【旧】 マニュジスティックス・ジャパン
  • 37. サービジステックスアジア

▲ページトップへ