■2018年度 従業員規模別・業種別IT投資動向調査304社■-2018年度のIT投資増加の最大要因はWindows10への置き換え- | ミック経済研究所

調査要領

■2018年度 従業員規模別・業種別IT投資動向調査304社■-2018年度のIT投資増加の最大要因はWindows10への置き換え-

■2018年度 従業員規模別・業種別IT投資動向調査304社■
-2018年度のIT投資増加の最大要因はWindows10への置き換え-

  • 2018年7月20日
  • 株式会社 ミック経済研究所
  • 代表取締役主席研究員 有賀 章

● 調査要領

調査要領
  • 調査目的:
    日本経済は緩やかに回復してきています。設備投資は大手企業だけでなく、中堅・中小企業にまで広がってきております。そこで設備投資に含まれるIT投資についても2017年度の実績と共に2018年度計画を調査・分析し、今後のIT市場を予測するベースデータとするべく企業ユーザー調査を実施しました。
  • IT投資とは:
    システム開発、運用、保守、アウトソーシング、クラウドサービス及びH/W・S/W導入等の投資・経費(通信費除く)
  • 調査期間:
    2018年4月
  • 調査方法:
    電話調査
  • 調査件数:
    304社(詳細は次頁の表B参照)
  • 調査対象:
    調査母集団は総務省・経済センサス(平成28年2月公表)の製造、流通、サービスの会社法人48,765法人。調査対象は当研究所の法人ユーザーパネラー(情シス部門)6,950法人のうち、製造、流通、サービス業の5,219法人。公共・自治体、大学、医療及び金融(銀行、証券、保険、商品取引)を除いた。
  • 抽出方法:
    当研究所の従業員100人以上の製造、流通、サービスの法人パネラー5,219社を対象に、経済センサスの従業員規模別・業種別法人数分布にほぼ合わせてアットランダムに抽出・調査。従って、ウエイトバック補正をしなくとも304法人の調査結果がそのまま国内全体のIT投資動向を表すことになる。

● 調査項目

  • 1.2017年度IT投資実績

  • 2.2018年度増減計画
  • 3.増加理由

■データはこちらから ※ご購入者様のみご覧いただけます。

▲ページトップへ