■情報共有と地域医療をトリガーに加速する病院のICT化動向調査■ | ミック経済研究所

ご挨拶・調査要領/フィードバックデータ

■情報共有と地域医療をトリガーに加速する病院のICT化動向調査■

  • 2011年11月吉日
  • 株式会社 ミック経済研究所
  • 代表取締役主席研究員 有賀 章

● ご挨拶

この度は病院のICT導入に関する調査にご協力を賜り、誠にありがとうございます。
お陰様で11月22日に上記タイトルの資料を上梓することが出来ました。

お礼と致しましてフィードバックデータを、弊社ホームページにアップしましたので、ご高覧下さい。貴病院のICT化についての参考資料になれば幸甚の至りです。

貴病院の益々のご発展をお祈り申し上げます

● 調査要領

調査要領
  • 1.調査目的
    情報共有と地域医療が始まった病院のICT化の動向をユーザーサイドから調査し、医療情報システムと一般ICTシステムの普及率並びにベンダー導入シェアを集計・ 分析。ITベンダー各位には病院全体の動向と共に、自社の得意分野と弱点分野を把握し、今後のユーザー・ターゲティングの手がかりをつかむことが出来ます。一方、病院各位には自社のICT化のレベルを知る格好の資料となります
  • 2.調査対象
    全国の病床数100床以上の病院 5,472法人を調査対象に、1,088法人が調査協力。療養型病院含む。一般診療所及び歯科診療所を除く。
  • 3.調査期間
    調査:2011年2月~5月/集計分析:2011年6月~10月
  • 4.調査機関
    株式会社 ミック経済研究所

■フィードバックデータはこちらから ※調査ご協力先様のみご覧いただけます。

▲ページトップへ