■ITユーザーの人的・物的リソースとサービス業務の発注状況・満足度調査■ | ミック経済研究所

ご挨拶・調査要領/フィードバックデータ

■ITユーザーの人的・物的リソースとサービス業務の発注状況・満足度調査■

  • 2007年10月31日
  • 株式会社 ミック経済研究所
  • 代表取締役主席研究員 有賀 章

● ご挨拶

この度は、当社企画・制作のマーケティング資料「ITユーザーの人的・物的リソースとサービス業務の発注状況・満足度調査」について、調査にご協力賜り、誠にありがとうございました。

ITユーザー3,309法人各位の人的・物的リソース、16サービス業務別の発注状況など、貴重なデータが収集できまして、従業員規模別・業種別の傾向を分析した本邦初の資料となります。ITユーザーの皆様には、自社の情報システム部門の在り方を見直す指標、参考資料となるの ではないかと自負しております。

当資料は11月2日完成予定で、案内書は当社ホームページ(HP)に掲載致しますが、フィードバックデータはお約束通り、本日、当社HPにアップ致しました。ご活用下さいませ。

今後とも、宜しくご指導・ご鞭撻賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

● 調査要領

調査要領
  • 1.調査目的
    ユーザーの情報システム部門の人的、物的ITリソースとサービス業務の発注状況・満足度を調査し、ユーザーのITリソースの所有傾向とサービス業務の発注状況及びその満足度を分析すること。ユーザーのためには情報システム部門のリソース見直しの参考資料に、ベンダーのためにはユーザーのITリソースとサービス業務の発注状況を把握することで営業アプローチの手がかりとする。
  • 2.調査対象
    当社パネラー6,000社(ユーザー情報システム部門)
  • 3.調査方法
    当社専門調査員による電話調査
  • 4.調査期間
    調査期間:2007年2月~7月
    集計分析:2007年8月~10月
    発 刊:11月2日
  • 5.企画・制作
    株式会社 ミック経済研究所
    責任編集:有賀 章
    スタッフ:新村信行/森山泰樹/中嶋直樹/阿萬進

■フィードバックデータはこちらから ※調査ご協力先様のみご覧いただけます。

▲ページトップへ