プレスリリース

プレスリリースの閲覧には会員登録が必要です。(登録は無料です。) 登録者様には弊社発刊資料のご案内がされることがございます。 既にご登録済みの方は、下記記事名をクリックしてお進み下さい。 (記事名をクリックすると、ログインウィンドーが現れます。) 個人情報の取り扱いについては、こちらのページでご確認下さい。 同業者様、個人様のメールアドレスでのご登録につきましては、お断りする場合がございますので 予めご了承ください。
(なお、下記の日付は弊社HPにアップ致しました日付となります。)

※プレスリリースの 引用・転載方法については別途【当社プレスリリースの図表及びコメントの引用・転載について】(PDF)をご参照下さい。

●2011年

10/13
IT 活用によるエネルギーマネジメントシステム・ソリューション市場の現状と展望2011年度版

・「改正省エネ法」は追い風にならず、2010 年度の中小事業所向け「エネルギーマネジメントシステム市場」(見える化システム市場)は、340 億円(3%増)にとどまた。

10/07
シンクライアント&デスクトップ仮想化市場

デスクトップ仮想化市場、2011年度28.9%増の679.7億円。
2015年度には、年平均成長率19.4%増で1,251億円市場に
~大手企業の全社導入に向けての動きが、震災後のBCP対応策として更に加速~

09/14
ネット広告&Webインテグレーション市場

・ネット広告代理総市場規模は、2010年度前年比109.1%の5,060億円で、経済不況の影響からの回復基調が鮮明
2011年度以降、年率5.1%増で推移し、2014年度には6,180億円規模に拡大
更に、市場ではスマートフォン向けの広告が登場し、急拡大

09/13
グローバル対応進む基幹業務パッケージソフトの市場展望

-2010年度、大手企業向け大型案件が始動、中堅市場は下期加速、中規模市場は ダウンサイジング案件が押上げ、小規模市場は労基法対応-

09/12
情報系SaaS市場、2015年度に1000億円規模へ

・情報・通信分野分野専門の市場調査機関である株式会社ミック経済研究所(本社:東京都港区、社長:有賀 章)は、国内の主要SaaS ベンダー企業80 社への調査をまとめた戦略マーケティング資料「情報系SaaS 市場の現状と展望2011 年度板」(調査期間2011年2月~7)の発刊を2011年9月12日に発表しました。

08/08
DR(ディザスタリカバリ)ソリューション市場の現状と展望 2011

・DR(ディザスタリカバリ)ソリューションの市場規模は、2010年度1,583億円、2011年度は前年度比111.2%の1,760億円と予測。ユーザーの危機管理や事業継続に対する意識の高まりにより、年率10%増で推移し、2016年度には2,800億円市場に

07/21
データセンター市場とグリーンIT化の実態調査【2011年度版】

・国内データセンター市場の2010 年度の伸長率は4.6%、2011 年度は震災需要により8.1% 増へ、その後は平均6.7%の伸長率で推移し、2015 年度には2010 年度比1.4 倍の1 兆9,000 億円市場となる。

05/12
SOAパッケージ&ソリューション市場の現状と展望2011年度版

・SOAソリューションの市場規模は、2010年度前年比105.7%の1538.8億円、2015年度まで年平均7.4%の成長率で推移
・プライベートクラウドや業務プロセス統合などの需要の高まり及び関連ツールの充実化により、2011年度以降、市場は本格成長期へ

05/09
CRM実現のためのITソリューションマーケットの現状と展望2011年度版

◆2010年度、CRM総市場は、前年比97.2%の629,450百万円と、2ヶ年連続の減少
◆2008年度をピークに、2009年度、2010年度とマイナスで推移、2011年度も震災の影響により減少の見込みで、2012年度以降に緩やかに回復と予測

04/11
エンベデッドシステム・ソリューション市場の現状と展望 2011年度版

・エンベデッドシステム・ソリューション市場は、2010年度 8,690億円(0.3%減)の見込み。 2008年9月のリーマンショックを契機に2008年度から2010年度まで3年連続マイナス成長。 2011年度以降、緩やかに回復していくが、2014年度までに2008年度レベルには戻らず。 新たなビジネスモデルへの転換、新規分野の開拓がカギとなる。

01/06
ソーシャルメディアの市場展望と事業戦略 2010年度版

・ソーシャルメディア市場規模は、広告収入及び課金収入を合わせて、2010年度、前年度比183.0%の2,005億円の見込み
・ソーシャルゲームによるアイテム課金収入が市場を大きく牽引
・2011年度以降、年率25.5%増で推移し、2013年度には3,963億円規模に拡大

▲ページトップへ